2017年4月30日 (日)

ゴールデンウィークは浅草店通しで営業♪

文庫屋「大関」の田中です♪
長い方は、9連休になるらしいですね・・・shine

ゴールデンウィークが始まりましたsign03

20170430_151337
浅草は、この週末もすでに大賑わいです!

通常、浅草店は水曜日が定休日ですが

ゴールデンウィーク中、
5月3日(水)は休まず営業いたします!

おすすめ商品note
おしどり柄の、三角マチのペンケースがとってもかわいいですheart04

70726f647563742f696d672f393074682f4

アイテムごとに異なる印象shine
これも、文庫革の魅力の1つ・・・


菊とおしどりがパッと際立つ一方、周囲の緻密な錆の表情が渋くてすてきです。

70726f647563742f696d672f393074682_2
裏表で、2羽のおしどりが楽しめますsign03
他の柄は、裏表同じなので! おしどりは特別ですよ~shine

70726f647563742f696d672f393074682_3
で、底を見ますと・・・
実は3羽目のおしどりが チラッとeye

どうしても、「表」「裏」と2回型押しをするので、こういった継ぎ目ができるのですが
3羽目がひょこっと現れると・・・ ちょっと嬉しいheart04

Unnamed
溺れているようにも見えちゃいますが 笑


この週末
浅草店では、母の日ラッピング が大好評でした♪

1493555248991

とくに、こちらの熨斗紙ラッピングは、
「わかりやすいから良いねshine」 「お義母さんにはこれにしよう!」
などなど・・・note
お友達グループでご来店頂いて
『母の日熨斗、かけてもらったほうがいいよsign03』と皆さんでお母様にプレゼントを選んでいかれるお客様がとても多かったですwink

華やかなラッピングをご希望の場合には、ぜひこちらもどうぞpresent
01_2
ネットショップではプラス200円で、上質なアートフラワー(造花)の小さな花束と、メッセージカードをセットにした母の日ラッピングをご用意しておりますribbon

5月末頃お届け予約

届いた荷物を開いた瞬間、お母さんが「わーっheart04」っと喜びますように!
かわいくご用意いたしますpresentshine
メッセージは4種類note

1493555278058_2
文庫屋「大関」には、優しい心配りのあるステキなお客様が多いので、おばあちゃん宛のメッセージもご用意いたしましたheart01

お店でも、メッセージカードを添えるサービスを開始いたしましたので、ご来店の際には「母の日用です!」とぜひお声かけ下さいribbon

20170430_151641_2
ゴールデンウィークまで来ると、いよいよ「初夏」を感じるような太陽のパワーを感じますねshine
境内はツツジが満開です!

ぜひ、みなさまこの連休はお誘い合わせの上、文庫屋「大関」浅草店まで足をお運びくださいhappy01

20170430_151812_2



.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

母の日近し。5月の連休も浅草店は営業します♪

文庫屋「大関」の田中です!
桜もあっと言う間に終わってしましましたーsweat01

なんだかんだ、もう5月の大型連休目前ですよsign03
みなさま、お出かけ先は考えていますか???

「まだーsweat02」 「行くとこない~dash
そんな皆さま!

20170415_083319
浅草店のスタッフ一同、お待ちしておりますーheart01
大型連休中の、
5月3日(水)は定休日返上で特別営業いたします!

営業時間は、変わらず10:00~18:00です♪



浅草からの水上バスも、気持ちのいい陽気ですsun
浜松町方面、お台場方面、ディズニーに程近い舞浜方面まで・・・
水上バスでパーッとお出かけもおすすめですよshine

1493042717150
浅草近辺の街路樹は、すっかりハナミズキ一色にかわりましたnote
お店の中にも、ハナミズキを。

さわやかですshine
颯爽とした初夏を思わせる花々への移ろい。

20170420_103419_2
楽しいですよねheart04


浅草店では、入社半年のN塚さんが、そこかしこにお花を生けましたtulip
特技、お菓子作りのN塚さん、即興力の思い立った生け花が得意の様子。

こちらは、都忘れと、えんどう豆。。。 
豆、見えますか? 渋かわいい。

1493042723688

けっこう、アレンジメントって簡単なようで、組み合わせをイメージするのが難しいものなんですよね。
こちらは、ライラックとカラー、マトリカリアとナズナ。 

20170419_120618
こんな、日々のアレンジのノウハウも生かしながら・・・


文庫屋「大関」のネットショップでは、
ちっちゃなブーケとメッセージカードをセットにした、


母の日ラッピングをご用意いたしましたpresent

Bmds_4
●母の日限定ラッピング
http://www.oozeki-shop.com/product-list/87



メッセージカードは、こちらの4種類から選んでください♪

カード


上質なアートフラワーと、お好みのメッセージカードで
お母さん、おばあちゃんへ・・・

感謝の気持ちとともに、
ピッタリなイメージの文庫革のプレゼントはいかがですか?

70726f647563742f426d646e5f312e6a706

ぜひ、いつも言葉にしにくい気持ちを込めて、母の日の贈り物にお選びくださいheart04



~おまけ~

日本で作られたものを世界に紹介している「JapanMade」さんの動画に、文庫屋「大関」を紹介していただきました!
いつもお写真で紹介している型押しから、彩色、そして錆入れまでの工程が動画でご覧いただけます!
革に漆を塗っている所
今まで公開したことない貴重なシーン。
皆さま、是非再生ボタンをポチッとしてみて下さい♪

●文庫屋「大関」の紹介動画はこちら!

https://www.youtube.com/watch?v=xF1DoYSrRTM


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

浅草の桜も終わりの頃

文庫屋「大関」の田中です!
春に、なりきりましたねーnote

ネットショップをにぎわせている、こちらの小扇面。

▼ぐるっとファスナーの長財布 小扇面
http://www.oozeki-shop.com/product/6078




扇面に描かれる、図案は勿論ながら。
何がかわいいのかって、扇の丸みかな???

扇面に描かれるのは、夢や物語のある日本の風景。
少量だけの入荷です!


浅草店では、今年は2回、桜の花を飾りました。

1491745251152
こちらは、群馬県産の桜~cherryblossom
つぼみを買ったら、翌日には咲いてしまい、5日間で咲き終わってしまいました・・・。

1491745268067
うっすーい、はかない、はなびら。


そして、一昨日の水曜日。
新たに、八重桜を生けてみました。

1492174935513
花屋さんに習って、2.6メートルくらいあった1本の枝を、
節々で切って花瓶に生けました。

八重は長持ちなので、濃い色のお花が開いて、うすい色に変わって、
ふんわり丸いお花に咲ききる様子が楽しみですheart04

1492174918998
並べてみると、桜ってひとことで言っても、ぜんぜん雰囲気の違う種類の違いがありますね。


一時売り切れて、お問い合わせの増えていたキーホルダーshine
十二支シリーズnote

▼干支柄のキーホルダーのお買物はこちらから

http://www.oozeki-shop.com/product-list/106

1492174926045
浅草店では、「お花見」を目的にした外国人観光客のお客様も多く、十二支の習慣がなくても、知っている方々は、ネットでご自身の干支を調べて
みんなでお揃いで買っていかれたりと、日本を満喫しているご様子でしたhappy01

でも、もう桜の見ごろも終わり・・・

1492174874241
ちょっとでも、たくさんの春に心を躍らせて頂きたいと思って、店にもちょこちょこと春のお花を添えています♪


夜の浅草寺。

20170410_192652
毎年愉しみにしている、富山県、砺波のチューリップが今年もたくさん境内に飾られていますtulip
昼間に咲く、お花は勿論きれいですが、ライトアップされてきれいなのはチューリップもおなじflair

20170410_192633
でも、写真だとイマイチ伝わりませんね。
もっと、お天気のいい昼間のご様子を紹介したいですrock


5月末頃お届け予約



4月20日(木)夜11時までのご予約会
ということで、本日4月4日からご注文を承っております。

Yame
売り切れをご確認の上、もしくはこのイベントでご用意していなかったアイテムについて
ぜひ、この機会での受注製作をご利用ください。

▼新柄『飴』の90周年限定色 予約販売いたします!!
http://www.oozeki-shop.com/product-list/68

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

桜咲く 隅田川 

文庫屋「大関」の田中です♪

さくら、咲きました~shine

20170404_120143
ここは、工房と隅田川の間にある、向島1丁目の牛島神社。

工房と浅草店までの間は歩いて15分弱なので、この季節はお散歩がてらの移動も楽しいです♪ (何往復でもしたいくらい♪)

今日は歩いていて、暑くなるくらいでしたsun

20170404_115702

隅田川の堤防脇は、日当たりや、風の当たり方で、桜の咲き方はまばらですが、6分くらいの咲き加減でしょうか?

それなりの見ごろを迎えてきましたcherryblossom

Unnamed
私は、さくらと言うとケツメイシが頭の中で流れる世代なのですが、皆様は「桜ソング」何がお好きですか?

実は、本日はこの九谷焼豆皿を作ってくださっている、虚空蔵窯さんの市田さんが店までお越しくださいました。

ご好評のあまり、発売3日で3柄売り切れてしまった九谷焼。

1488187293869
この週末は、工房の皆さま総出でお休み返上で製作に奮闘してくださったと言うことです・・・。
31日には在庫切れの相談をしたのですが、早速職人さんたちが一致団結してくださり。ありがたい限りです。

九谷焼豆皿は入荷次第、
すぐに入荷のご報告を致します
sign03  今しばらくお待ちください。


そして、こちらは向島。
文庫屋「大関」の工房notes

20170404_111532
「今日はしっかり錆が入っちゃう日だから」

と、とにかく手早く仕事を進めようと、職人達がせっせと文庫革作りに励んでおりました。

20170404_111606
手が、真っ黒なの。 わかりますか???

すーっさまじく、汚れながらのお仕事なのです。。。

20170404_111650
「けっこう、息苦しいですね」 と言うのが、私の入室後3分目の発言。
漆とヘンノウ油(クスノキの精油みたいな物)のにおい、真菰の粉っぽさが、どうしても慣れない私には、非日常の環境。

こんなに、真菰の粉まみれの90周年記念柄『乱菊』を見たのも、今日がはじめてでした。

20170404_111617

粉っこな!!!

20170404_111931
これを、職人が何度も何度も、指で撫でて、磨き上げて・・・
ここまでの洗練されたゴージャスなレベルにまで引き上げるのかと・・・ 

いつも、売り場できれいなものばかり見ていると。 職人の苦労を忘れがちなので、今日はその苦労の現場を見て、つくづく感動いたしました。

B04732_3

気になるヘンノウ油とは・・・?

一般的に漆の希釈に使われる、希釈液で、カンファーとか、α-ピネンなどと呼ばれる樟脳のような香りを持つクスノキから精製される有機化合物です。(アロマに詳しい方はご存知のはず!)
樟脳は、むかーしの衣類防虫剤にも用いられる成分で、昭和生まれの方々にはわかる、むかーしの「た●すにゴン」の臭いに近いです。お酒好きの方ならわかるカクテルで言うジントニックなどのお酒、『ジン』の香り付けに使われる、「ジュニパーベリー」などと似た芳香成分を有する漆芸材料です。

なので、文庫革の匂いをくんくん嗅いでいただくと、ほんの~りジントニックみたいな香りがしまーすshine (文庫屋「大関」コレクター、オタクの皆さま、是非にほひで下さい)

20170404_112248

笠菊も、こんなに最初は粉っこな。
おどろきます・・・

話し変わって、登場から2日目で売り切れの出てしまった、限定カラーの飴
在庫準備の数量を見誤っていて、ちょうどいい数量の仕込ができず、大変申し訳ございませんでした。

70726f647563742f696d672f727a762f593
こちらは、今後、在庫として店頭に並ぶことのない限定カラーのため
4月20日(木)夜11時までのご予約会
ということで、本日4月4日からご注文を承っております。

Yame
売り切れをご確認の上、もしくはこのイベントでご用意していなかったアイテムについて
ぜひ、この機会での受注製作をご利用ください。

▼新柄『飴』の90周年限定色 予約販売いたします!!
http://www.oozeki-shop.com/product-list/68

桜って、昼にはピンクに見たいのに、夜には白く見たい・・・。

坂口安吾さんの、桜の森の満開の下
いま読む本にお悩みの方、日本人の孕む桜信仰、ゾゾッとくる桜の不思議な魅力。
日本人だから読める大人楽しい本として、おすすめです。

20170404_143919
浅草は、夜も人が引きませんsign03

この1週間・・・
世界中の人たちが、桜に思いを寄せて、ココ、にっぽん浅草に集まってきていることを肌で実感しますsign03

20170404_183630
特にこの枝垂桜は、一番早くに満開を迎える桜なので、「浅草で最も人が群がる木」と言っても嘘ではありません。
実は、浅草店オープンから1年後くらいの4年くらい前に植えられたばかりの桜です。

でも、成長が早くて年々撮り応えのある立派な木になっていきます。

20170404_183748
夜の一杯、ふらふら桜をみるのも、いまだけのオツな感じです♪

20170404_211103

~おまけ~

1週間まえのハクモクレンshine

20170328_224506
「あとは、いよいよ明日(30日(木)10時)を待つだけだねーnote オツカレーshine

な、ネット担当 風さんとT先輩と・・・プチ打上げ(兼ミーティング)のあと。(雷門前)

20170328_224514

日本酒大好き風さんがモクレンを見上げてホワーっとしていた時。

もっと楽しい写真があったのですが。 
ネット=世界デビューなのでここまでを発信しておきます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

90周年と歴史のクラッチバッグ

文庫屋「大関」の田中です♪
皆さまのおかげさまを持ちまして、無事スタートをきりました創業90周年イベントnotes
たくさんのご来店を有難うございます。



ネットでお買い求め頂いた皆様のお手元にも、届いている頃でしょうかnote

5月末頃お届け予約




大好評のクラッチバッグは、ご予約会も開催中
shine


▼7月下旬お届けの予約会

http://www.oozeki-shop.com/product-list/98


4/1現在 90周年イベントで人気No.1の乱菊<赤紫>

70726f647563742f696d672f393074682f4

4/1現在 90周年イベントで人気No.2の飴<限定ピンク>


「子供ながらに、初めておしゃれなバッグを貰った時の事」
「初めて自分で買った、憧れのバッグ」を、鮮明に覚えている女子・・・shine
多いのではないでしょうか?

バッグへの憧れ、バッグに託すアイデンティティーribbon
いろいろありますよね。

1
ブログのトップにも写真で登場する、大関春子師匠の私物のクラッチバッグ。

「これは売ってないんですか???」
そんなお問合せをたくさん頂いていましたが、もうこのバッグは創業者卯三郎が存命の頃のもの。。。
 
「春子師匠の私物で、今は作っていない。」としか答えられず、歯痒さばかりでした。

02
ただ、文庫革は決してランドセルのように頑丈な革小物ではありません。

使い込むほど、艶や、シミ、、柔らかさを蓄え、油を塗るお手入れなどで個性を発揮していくような、鞣し方の革とは違います・・・。

文庫革は、職人の施した彩色・錆が保たれた上で、革にのせた漆の色がじわじわと現れて、経年的に象牙色のような温かみを帯びていく事が特徴の革工芸。

03
なので、日常使いのバッグなどは・・・ 欲しいのですが作れていません。

物をたくさん詰めて、手に提げたり肩にかけて日々使うとか、布製ポーチのように、揉まれる、つぶれる扱いを日々受けやすい形状に仕立てた場合、お財布などの小物と比べて、錆び落ち、彩色剥げに至りやすく、型押しの凸凹も伸びてしまったりと、販売にあたっては現実的でないといった理由が正直なところなのです・・・。

でも、クラッチバッグならば!

Img_8380

美しく持つ。

愛でる。

長く楽しむ。

そんな使い方ができる筈だから、と言うことで90周年にむけて商品化を試みました。


こちらの商品は、本来のお値段、21,000円のところ・・・
90周年特別価格の19,800円
sign03

ただいま開催中のご予約会分に限っては、7月下旬のできあがり予定でも、お値段は19,800円でお届けいたします!!present

▼7月下旬お届けの予約会
http://www.oozeki-shop.com/product-list/98




今使って楽しいことが、一番大切heart04


でも
何十年か後に、母から娘の手に渡る・・・そんなステキな物だといいな。

Img_8273

そんな思いもあって、今回はクラッチや額装など、
時代を越えて、人から人に受け継がれていく品物を作りたいと思い、企画いたしました。

B46500_1大関所蔵版

Hiroshige_van_gogh_2
左:広重版画   右:ゴッホ模写

絶やしてはいけない、日本人の知恵と美学が詰まった技術と思っています。

そして現れた、驚きのアンティーーーークshine

20170316_160041

これは、彩色職人S田さんのお母様の、友人の、お母様の形見分けでS田さんの手元に巡ってきた運命の文庫革。

文庫屋「大関」の文庫革ではなく、創業145年のハセガワさんというバッグ屋さんで仕立てられたもののようです・・・。
漆(そもそも樹液です!)の色が出て、すっかり象牙色に変わっていますが、金具のメッキなどはピカピカのまま。

このような、貴重な説明書まで保存されていました。
「おそらく殆ど未使用の状態だったから、こういった物もすべて入っていた・・・」と、S田さん。 (まさに、何でも鑑定団で誉められてしまう保存状態です。)

20170316_160113_1
外来語使いに時代を感じます♪
いつ頃のものなのか・・・ 気になりますが、欧米デザイナーがイメーヂを求めて日本へ来てチャームされた時代であることは確か。

波の波長、幅員の感じが違うのわかりますか???

ハセガワさん作のバッグの横波は、山と谷の表情に差がある大らかな波。
大関版は、ジグザグとクールな波形。

70726f647563742f696d672f42303434303
大正12年の関東大震災で、横浜で被災した大関卯三郎は、向島に工房を構えましたが、震災をきっかけに文庫革業は殆ど全滅に近く廃業したそうです。

ただ、春子師匠に聞いたところ、戦後まもなくは、まだ他に2件くらい東京でもあったようだ・・・と言うことです。
おそらく、そうした他の工房で作られた文庫革でもって、ハセガワさんが仕立てたバッグなのではないのかな? と、社長。

20170316_160031
もしかして、この文庫革は
卯三郎さんと、同じ師匠のもとで勉強したお弟子さんの作ったものだったり・・・!?

想像が膨らみます♪
他にどんな柄があったのかな・・・?

20170316_160005
こんな、滅多に巡りあえるものではない、今や絶滅してしまった他の工房で作られた文庫革のクラッチを既に所有するS田さん。

運命ですね。

そのS田さんは、どうして彩色職人になったかと言いますと・・・
高校生のときに、この『め組の喧嘩』の束入れを買ったことがそもそものきっかけ。

20170316_161139
彩色修理も出したけど、使い込みすぎちゃったから2つ目を買いたいな・・・
と思っていたら、「アレ?彩色職人の仕事があるぞ」  と。

20170316_161220
「これ以上使い込んだら、次の回のお直しは難しいです」と大関師匠にお手紙を貰い
職人になってから、自分でちょっとお直しをしてみたそうです。

今は大切に保管モードの束入れ。

だいぶお勤めしてくれたようで、錆が薄くなって、革はのびたりかすれたりしていますが、S田さんの手の中にあってステキなものに変わった感じです♪

使わなくなってからも、愛着を持っていただけたり、たまーに見ていただけると嬉しいです♪

商品イメージ

そして、こうして後世に伝われば・・・
私たちは、日本文化の持つこの繊細な「何か」を大切にしていけそうな気がしています。



5月末頃お届け予約

創業90周年記念イベントについてのブログはこちらから

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/90/index.html

これまでご紹介してきた、90周年関連のブログがまとめてご覧いただけます♪

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

3月30日 いよいよ90周年スタートです!

文庫屋「大関」の田中ですsign01

明日、3月30日(木)の朝10時から
創業90周年イベントがスタート
いたしますshine

浅草店、ネットショップ、同時STARTですhappy01


●文庫屋「大関」90周年記念特設ページ 
買物はコチラから!! 

http://www.oozeki-shop.com/product-list/107

無事に、浅草店の飾りつけも完了いたしました。

Img_1336
当初は、1日ではムリでしょsweat01
そういわれていたディスプレーも、帰りたくなる19時までにはどうにか仕上がりましたrock

Img_1340
じゃじゃんっsign03

実は今まで、5年間ヒミツにしていましたが・・・

Img_1341
ここの唐紙パネルの両脇の障子は、外れるのですーup

社内の中でも、驚いている人がたくさんいるはずですeye 笑

Img_1303
元々のデザインでしたが
この90周年で、たくさんの商品をならべるために

思い切って、ガバッと取り外してしましましたpunch

Img_1305
インテリアプレートは、この両サイドにズラーッと入っておりますshine

Img_1315
店内一番奥には、90周年限定カラーの「飴」2色展開

モリモリ・・・heart04up

Img_1317
どちらかというと
ピンクのお問合せがけっこう多く入っておりますsign01

ひっそり、ピンクを狙っている皆さま・・・明日は、ピンクは急ぎめに確保を宜しくお願いいたしますrock

Img_1318

店に入ってすぐ左の三角コーナーには、今後の定番色の「飴」・・・shine

8

ここを起点に、店内ぐるっと時計回りで、『大関春子の描く 飾る文庫革』をご覧いただけます。

Img_1306
柄ごとに、見どころの解説もついています。

お値段も提示してありますので!
ご安心して、じっくーりご覧になってご検討くださ~い♪

Img_1311
あらゆる空間を利用して、出せるだけ出した感じsign03  ですが、圧巻です

これは、きりがなくて帰れなくなるかも~sweat01

Img_1321
こちらの入ってすぐのお花の周りには、乱菊の2色と、おしどり(橙色)が置かれていますshine

Img_1327

新たな顔ぶれに、店内がいっそう華やか!

Img_1324
並んでみると、今までなかった色味にも気付きますflair
乱菊の青紫は、優しい大人っぽさがダントツですshine

Img_1326
おしどり(橙色)も、いざお店に並べて見ると、この鮮やかさに目が欲しくなってきてしましましたlovely

Img_1328
Img_1329
そして、唐紙の中にはおしどり(藍色)をズラッとならべましたnote
飾ってあげて、遠めに見ていると・・・

2羽のおしどりが、ぴよぴよぴよーっと泳いで近づいていくように見えます
命が吹き込まれている~

Img_1331

更に今回、私たちもでき上がりを持ちわびていたドキドキの
文庫革以外の、ステキアイテム 九谷焼の豆皿flair

Img_1345
ガラス什器の中に入っておりますheart01

フリフリの縁が、とってもかわいいんですnotes
ぜひ、お手にとって陶器の質感や、上絵付けの質感をご覧になってください!
Img_1353
▼九谷焼 虚空蔵窯さんのホームページはこちら
http://kutani-kokuzougama.com/



更にさらに、
今回だけの特別価格にあわててしまいそうな新商品
がま口ハンドルクラッチshine

菖蒲・・・  きれいですよ。

Img_1308
今回、もしご購入しそびれてしまっても、ご予約会を開催いたします。
3月30日18時から、ご予約会もスタートいたしますのでご安心ください。

今回限り、お礼価格の19,800円(税込み)ですsign01


Img_1343
今回は、90周年という大きな節目にあたり、文庫屋「大関」全スタッフ一丸となってたっくさんの商品の準備に奮闘いたしました。

お目当ての商品が、あるか、ないか気になる際には、ぜひ声をおかけください!
Img_1344

また、この特別企画にあたり、
ネットショップでは、贈答用の桐箱ギフトBOXをご用意いたしましたpresent

P3289233

和紙で包み、水引の飾りをつけた特別ラッピングです。

有料(¥250)ではございますが、特別な贈り物の場合にはぜひご用命ください。
P3289239

お皿4枚が入るサイズです。
3枚以上ご購入の場合に、カートに入れてくださいnote

通常にご注文頂いた場合には、
茶色い紙製の箱に1枚ずつ入れてご用意いたします。

P3289249

これまでの、90年という長きにわたってのご愛顧への感謝と
これからも引き続き、ご愛用いただきたい願いを込めて

スタッフ一同、心からお礼もうしあげます。

このイベントをつうじて、また皆様の生活のなかに、すこしでも楽しい瞬間がふえることを願っております。

14
浅草店、ネットショップともども
みなさまのご来店を心よりおまちいたしておりますshine




●文庫屋「大関」90周年記念特設ページ お買物はコチラから!! 
http://www.oozeki-shop.com/product-list/107


◆創業90周年記念イベントについてのブログはこちらから

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/90/index.html

これまでご紹介してきた、90周年関連のブログがまとめてご覧いただけます♪

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

《ネット限定販売》 レア商品ずらり!

文庫屋「大関」の石村&田中ですnote
いよいよ、残すところ2日となりました!

本日からは、ネットショップのページも皆様にご覧いただけるようになりましたが、
目を疑うような商品も並んでいるかもしれませんのでsweat01

何が特別なのかsign03ずばりご紹介したいと思いますrock


まずsign01
通常では、ご購入いただけないレア在庫shine

●《両面文庫革》 L字ファスナーの長財布

乱菊(赤紫)
B38732_3

おしどり(藍色)
B38721_3

飴 ※定番色・・・90周年ではこの他の限定2色を数量限定販売いたします
B38740_3

飴の限定ブルー、ピンクもご用意しています!
90周年柄は、浅草店、ネットショップ同時に数量限定で販売いたします!


さらに、ここからがネットショップ限定のレアレア情報
shine

平常時には一切在庫として並ぶことのない、
お馴染み柄の《両面文庫革》L字ファスナーの長財布もずらっと勢ぞろいいたしますnote

ロカイユ(ベビーピンク)
B38252_3

(秋草)
B38620_3

アポロン(ブルー)
B38211_3

構造、縫製のレベルが高く、
文庫革に関しては、かぶせ側だけの片面使用が通常仕様ですが、
このタイミングで90周年記念柄と、一部の人気柄で在庫をご用意いたしますshine


90周年記念柄の
乱菊(青紫/赤紫)、おしどり(藍色/橙色)、飴(定番色/限定ブルー/限定ピンク)
この7バリエーション以外は、完全に
ネットショップのみでの限定販売です!


花扇
B38670_4

アポロン(ピンク)
B38212_4

暫く
B38190_4

もしもsign01
「あの柄で作るべきだ・・・flair」そう、気付いてくださった場合には、ご予約も承ります!

●両面パスカードホルダー

乱菊(青紫)
B14731_3

おしどり(橙色)
B14722_3

飴 (限定ブルー)
B14741_3

飴 (限定ピンク)
B14742_3

じゃじゃんsign03
さらに!贅沢に両面文庫革仕様のパスカードホルダーも在庫でそろえましたshine
こちらも、90周年記念柄に限っては、浅草店でも販売です。

90周年記念柄以外の、
おなじみ柄は、ネットだけの限定販売ですrock


錦紗(ピンク)
B14452_3

ロカイユ(ブルーグレー)
B14251_3

更紗菊
B14230_3    


このデザイン、使ったら癖になる『名刺入れ』としても大sign01sign01
sign03好評のデザインなのですが・・・

「両面バージョンを使ったら、戻れないよねheart02」と、お客様からも両面が文庫革であることへの価値観をとってもご評価頂いている、両面パスカードホルダーnote

秋草
B14620_4

アポロン(ブルー)
B14211_4

錦紗(ピンク)
B14452_4

もしもsign01
「あの柄で作るべきだ・・・」そう、気付いてくださった場合には、ご予約も承ります!
そのためにflair

3月30日(木)の夕方6時からは、
豪華3本立てのご予約会を開催いたします
sign01


更に!!!!
ここから先の、情報は、本当の早い者勝ち情報ですcoldsweats02


90周年記念柄だけを、レア~なアイテムで、すこーしだけsign03
ネットショップ限定で販売いたします
shine


●IDカードホルダー

飴 ※定番色
P3238828

この、春から心機一転、持ち物を新調したい方にもおススメ♪

P3249022

かーわーいーlovelyheart01

定期入れにも、社員証いれにもモッテコイなデザインですshine

P8244766

ストラップは2本!
首から下げられるロングタイプと、バッグにつけて改札も楽々なショートタイプの2本がセットでついてきますnote

完全に数量限定・柄限定ですnotes



●箱まち口金付き束入れ

おしどり(橙色)
P3238782

パカッーっと、ザバーっと大きく開いて、ダイナミックにお会計ができる♪
見やすい大きな小銭いいれが好評の長財布notes

Pa185553

誰よりもいち早く、新柄をGETshineして、お楽しみくださいup

P3249024

外についているポケットも、便利ですnote
春(張る)財布をお探しのお客様に、少しでも多くの選択肢をと思い、数量は限られますが新柄でご用意いたしました!


こちらで、ご紹介した、

◆IDカードホルダーと、箱まち口金付き束入れは、完全にネットショップだけの限定販売です!

P3249030

◆《両面文庫革》L字ファスナーのスリム束入れと、両面パスカードホルダーは、お馴染みの柄もズラッとご用意しています!

P3249026


◆浅草店では《両面文庫革》L字ファスナーのスリム束入れと、両面パスカードホルダーの、“90周年記念柄”に限り販売いたします!

P3249028


数少ない在庫でのご用意ですheart01
ぜひこの機会にご検討くださいshine


いよいよ!
3月30日(木)朝10時からは、浅草店、ネットショップ共に創業90周年企画のイベントがスタートいたしますnote



ぜひみなさま、気になる柄、アイテムなど
ネットでご覧になったり、浅草店に足をお運び頂きお楽しみくださいshine

Img_5371

P3026329




追って!浅草店の近況もご報告いたします!!

創業90周年記念イベントについてのブログはこちらから

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/90/index.html

これまでご紹介してきた、90周年関連のブログがまとめてご覧いただけます♪

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

90周年『インテリアプレート』という新商品!!

文庫屋「大関」の田中です♪

木曽の「職人さんが」と繰り返しながら
ちらっとお見せしておりました、この木枠・・・

20170217_113904

実は、こんな風にしあがりました!

インテリアプレート

P3138139

いかがでしょうshine

P3138182

どうでしょうshine


P3138168


とっても、ステキにしあがりましたshine
ステキなあまり、ネット担当の風さんは大関師匠のお宅で、和室や中庭をバックに撮影会cameranotes

「飾れるようなものはないですか?」そんなお客様からのご要望を、何年も聞きながら噛みしめていた悔しさ。
やっと・・・ お手元にお届けできますheart

文庫革の色々な絵柄が楽しめるように2サイズでご用意いたしましたnote

P3158273

●小(外寸125×145mm,文庫革部分80×100mm)

B44100_1

●大(外寸135×170mm,文庫革部分90×120mm)

B45212_1
立てかけても良し・・・shine

P3249004
棒が1本付属します。

P3249032
壁に飾っても良し・・・shine
P3138203


一般的なプッシュピンに直接かけられるサイズの、三角金具がついています。


P3249006


ポイントは、このぷっくりとふくらみを持たせた仕上がり感。


P3249011


そして、材質の「杉」の木目を最大限生かせるように、塗装ではなく、ワックスで仕上げました。
経年的に劣化した塗装が、ポロポロと剥がれてしまうような心配もありません。

20170320_135800

サラッと木のやさしい肌触りと、文庫革の凹凸
ふっくらした感じを手で触ったり・・・ 眺めたりheart04

玄関や、カウンター上など、気軽にお家のどこかにちょこんと置いて楽しんで頂ける仕上がりにしましたnote

P3138149


この杉板がどこから来たのかのお話をいたしますと・・・。

江戸時代の五街道のひとつ、中山道・・・別名「木曽路」などとも呼んだ、あの長野の「木曽」からやってきました。

街道沿いには、宿場町が必要なわけですが、今でも木曽には当時のそのものが丸ごと保存されています。これが、奈良井宿です。

▼奈良井宿
http://www.naraijuku.com/narai/

02
今の感覚だと新幹線のとおり、東海道が京都への近道ですが・・・
中山道は東京⇒埼玉⇒群馬⇒長野⇒岐阜⇒滋賀⇒京都 と、過酷すぎる道のりですwobblysweat01


この奈良井宿からほど近い、木祖村の木工職人
上村誉典(かみむらたかのり)さん
にご協力いただき、一枚板の杉を使ったインテリア文庫革を作ることができました。


453b021a16b9d4ec4550ed7429bee021
ご縁あって上村さんと出会え、忙しい合間をぬってこの90周年に間に合うように板を仕上げて頂きました。

P2215685

一枚板に、糸鋸で四角をくり抜き、ポコッと落とす。
この仕事をしてくださる木工所を探すのに、何年もかかってしまっていました。
この出会い・・・
話すと長~くなるのですが、そもそもは木曽で明治45年に創業した由緒ある漆器屋さん
山加荻村漆器店さんにご相談したところから始まります。

日本代表レベルの名誉あるお仕事を請負うことのある、すばらしい漆器店さんです。


▼山加荻村漆器店さん
http://www.yamaka-japan.com/p/main.html

テーブルコーディネートなども提案しながら、漆器を現代の生活で楽しむことを伝えて下さる、稀有な会社です。



まずは、荻村さんから、大関春子の描く『飾る文庫革』の額装でお世話になった、マルオカ工業さんをご紹介頂き、このたび文庫革を額にいれるアドバイスから額作りまでご協力いただきました。

▼マルオカ工業株式会社さん

http://www.maruoka-shop.jp/


B46500_1


マルオカさんは、日本一の油絵キャンバスシェアを誇る会社で、
「日本中の美大生がお世話になっているsign01
「知らない人はいない・・・」 と、2つの美大を卒業したwebデザイン担当のT先輩は語ります。



その、マルオカ工業の湯川社長のご協力で
木工職人、糸鋸名人である、上村たかのりさんをご紹介頂きました。

「マルオカ キャンバス」の画像検索結果

ご縁のご縁の先にあったご縁。

このインテリアプレートは、第一線で活躍する、たくさんの職人さん・仕事人の皆様のご協力と、こだわりがあって、作れた賜物なのですshine

▼木祖村の木の匠
http://www.kinotakumi.net/members/members.html


職人の「良い物を仕上げる思い」が詰まった、インテリアプレートを、手にとって、見て、触ってお楽しみくださいnote


そして、もう1ポイントsign03

この文庫屋「大関」に勤め、半世紀以上ものあいだ、製作現場を支えてきて下さった型押し職人の矢澤師匠

20160823_100547
矢澤師匠の手により、この木枠に文庫革の装着が行われます。

(あ・・・flair そういえば、矢澤師匠も長野の伊那出身でした!)


こちらは、天溝がま口の装着の様子…

一つ一つの木枠に対して、矢澤師匠が絵のいい所を型押し。
台紙を用意して、絵柄の見えかたが、ジャストな位置にくるように、文庫革を装着いたしました。

実は、このインテリアプレートは
矢澤師匠が、毎年、毎年・・・干支の柄で作っては、みんなの働く傍らにちょこんっとおいて行って下さっていたもの。

P3249016


ただ、その木枠を作るために、糸鋸を使いこなしてくださる木工所は、もう東京では見つからなくなってしまい、諦めかけていた企画でした。

コチラは、毎年矢澤師匠が柄を入れ変えて、大切に使っている古い木枠。
  ↓

P3249019


まさに、木曽の木工職人さんと
墨田区の文庫革職人のコラボ商品です
present

皆さまのお家でも
このインテリアプレートで「ほっこりheart02」な瞬間がふえれば と思っていますshine

B45750_1
9年、10年ぶりくらいに、こちらのブーケの柄も、このインテリアプレートをきっかけに復活いたしますribbon ずーっと枯れない花束です。

無垢の杉にワックス仕上げですので、多少の筋、色むら、こすれ感などございます。
この点は、天然素材・手作りと言うことで、愛嬌と思っていただき、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。
いよいよ、90周年まであと4日です!
あと、もう1回ブログで珍しい商品をご紹介いたしますsign03





創業90周年記念イベントについてのブログはこちらから

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/90/index.html

これまでご紹介してきた、90周年関連のブログがまとめてご覧いただけます♪

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

90周年 新商品のがま口ハンドルクラッチ!!!

大変お待たせいたしましたsign03
毎回、気になる美人の画像でそわそわさせていた、あの商品・・・shine

90周年記念にむけて新発売sign03
がま口ハンドルクラッチ~ribbon

1

とーってもご要望の多かった、サイズ感shine
とってーもご希望の多かった、おおきながま口flair

スマホサイズの収納力の重要性も加味し、いよいよ理想のクラッチが登場しましたnote

Photo

これくらいの収納力shine

Photo_2

上のお写真、天溝がま口が入っているの・・・わかりますか???

ハンカチ、ティッシュ、小さめのお財布に、スマホ、口紅・・・scissors
パーティーシーンで必ず持っておきたい、重要アイテムがバッチリはいりますrockshine

Photo_3

大きく広がる口金、
内装は、上品にアイボリーのシャンタン生地を使用しています。

1_2

内側には、まち付きポケット(サイズによっては、スマホが入ります♪)
カードポケットも付いています。

2

「カードポケットに直にカードを入れるですってsign02・・・き、危険sweat01」 
とは、思わないで・・・
ぜひSuicaやPASMOを入れてバックごとピッと改札をとおってください~note

ちいさーい小物を入れてもよさそうです。

ここもポイントshine

Photo_5

フロスティーなゴールドメッキがお上品。

「ギラッ」「ピカッ」 とならない、ふ~んわりやさしい艶なし仕立てですconfident

ハンドル部分は付け外しが可能です♪

Photo_6


手提げに使うイメージでなければ、単純にポーチ用途に使って頂くこともできます


日常のバッグには小さめですが、パーティーバッグとして結婚式にお呼ばれしたときや、お着物を着た時。
バッグインバッグの用途など・・・sign03

お好きなかんじでお使いくださいribbon

1_3

こうゆう、ちいさなバッグを楽しめるのも
女子の特権ですよねheart02

2_2

そしてうれしい事にsign03

みなさまの好みもそれぞれですので、今回は
90周年記念柄のみでなく、お馴染みの文庫革のおすすめ柄を在庫でご用意いたしました~happy02heart04

Photo_7


しかもshine

こちらの商品は、本来のお値段、21,000円のところ・・・


4月末までの販売については、
90周年特別価格の19,800円
sign03

大出血のサービス wobbly heartheartheartheart

お値下げは、職人の仕事の対価とミスマッチになってしまうなど、普段は考慮の上でなるべくお手ごろに設定しているのですが。。。
90年、90年と自分達が喜ぶだけでは、おかしいことです。
90周年を迎えることができた、お客様へのお礼の気持ち、感謝をダイレクトにお客様にお届けするpresentshine

渾身の特別価格をきめましたup  とってもうれしー!!happy02

この春、清水の舞台から飛び降りるのは、わたしたちです。

 

和にいきますか???

Photo_8
牡丹

Photo_9
扇面


それとも、パーティー仕様な感じにしますかぁ~heart02

Photo_14
ロカイユ(ブルーグレー)


Photo_11
錦紗(ピンク)


「ここに、私の趣味はナイgawkdash
そう、がっくりなみなさま・・・sign03

発売からすこーしおくれて、
3月30日(木)の夕方6時からは
お好みの柄で作れるご予約会も開催いたします
note


(こちらが、30日から販売の在庫の一部です♪)Photo_12


なな、な、なんと!
いつものとおり受注後の製作で、7月下旬のお届けですが、今回のご予約会分に限っては、お値段は19,800円でいきます!!present

30日朝10時からの在庫販売分もいろいろなバリエーションをお買い求めいただけるようにいたしますが、お好みの柄がなかった場合、売切れてしまった場合には、ぜひ夕方6時からのご予約会もご利用くださいwink



~おまけ~

Photo_13

こちらのモデルさん、田上温奈(はるな)ちゃんの美しい写真。
ご本人の美しさのほか、いい写真ばかりだとお気づきの方もいらっしゃるかと・・・。

3


このたびの90周年企画では、販売チームと職人みんなで一丸となって頑張ってきたのですが、いよいよ疲労と時間の限界に達したときに、神が降臨してきました。

それが、田上温奈ちゃんのご主人shine
市川海老蔵さん似のイケメン脚本家さんですpencil んー。。。もうちょい渋キラ感強めですかねぇheart02

4

ご自身で、おせち料理まで作ってしまう、日本文化を重んじるかっこよすぎるご主人が、神楽坂で撮影をしてくださいました。

最初は、風さん、T先輩と「ロケハン組んじゃうかup」くらいの勢いで、カッコいいページ作ろうぜrockと、温奈婦人にモデル依頼をかけたのですが・・・
私の腹痛を口切に、バタバタと一同全滅、体調をくずしまして・・・

そうこうしている間に、ありがたき、上げ膳据え膳となってしましました。

5


脚本家のご主人ゆえに、一瞬を逃さぬ厳選のワンシーンshine
ステキな写真ばかりで私たち、勉強になりましたーsign01

やっぱり、脚本だいじだねぇ~
と、まさかの予定通りに進まない状況を目の前にして、一同、販売日までにがんばる所存ですsweat01


次回のブログでは、いよいよ木曽の職人さんとのコラボのお話しです。

02_2

To be continued…


創業90周年記念イベントについてのブログはこちらから

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/90/index.html

これまでご紹介してきた、90周年関連のブログがまとめてご覧いただけます♪

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

90周年柄のキモと 美人の持つ謎の物

文庫屋「大関」の田中です。
90周年の発売日まで、あとわずか・・・

文庫屋「大関」 創業90周年企画
2017年3月30日(木) 朝10時スタート
です

本日は、これまでご紹介してきた柄のうち、お伝えてしておきたい梨地のお話。

P3097962

90周年記念柄の乱菊では、細かなサメ肌のような地模様が密に配された「梨地」が特徴です。
この梨地は、錆び入れの工程で、真菰(マコモ)の粉をふんだんに漆で革に留めます。

20170320_091448
※錆入れ・・・漆と金箔を用いた、蒔絵などと近い技法で、革に漆を塗った後に真菰と言う植物に寄生している、黒穂菌(くろぼきん)を含む真菰の粉を振りかけ、革に定着させます。(漆の硬化により、革に密着させます。)これにより絵柄が見えるようになり、古めかしい美しさも表現されます。

20160823_0931101
この、錆び入れの工程は、鎌倉彫などの漆芸でも行われる作業です。
鎌倉彫の、ホコリっぽい、あの古びた雰囲気をだす、この粉です! (コレ!カマクラボリ)
  ↓↓↓↓

20100128_665735

みるみるうちに、絵柄が現れるんですよ・・・eye  
何度みても、感動しますshine

20160823_093143
この梨地の粒々の表現は、製版するときにも、大変な仕事になるのですが・・・
がんばりました。。。

文庫屋「大関」のおなじみ柄でいうと、撫子や龍の背景がまさにこれです。
わたしたちは、やはりこういった「文庫革」らしさに、惚れ込んでいます。

01
そして、ちっちゃな梨地が、今回はこんなところにもflair

梨地で粒々なドロップ、真菰でふわっとお花が浮き立つドロップ、輪郭線だけでまっ白にツヤぷくなドロップ・・・

20170320_091626
試作中に、彩色職人から錆びの面白さを表現するデザインの提案があり、いろいろなドロップを表現できましたshine

今回の、このような錆がふんだんに活きた、重厚な柄ならば・・・
日本人のみなさまに、ぜひ和服でたしなんで頂きたい。

Img_8380
前回に続き、登場の和装美人 田上温奈(はるな)ちゃん

しつこいですが、浅草店の元スタッフ~heart02
(そして、お写真を沢山のせたくて 小出しにしてしまいすみません)

Img_7968
そして、この美人が眺めているステキなモノ。

引き続き、構造やら、仕様やら、お値段など!
次のブログでご紹介いたしますnote


Img_7976あっ!
やっと美人と目があいましたねheart02


そして、こちらはネット担当の風さん宅のおやつのワンシーン。
むこうに見える、おしゃれな南部鉄の急須が気になります。


1488187296978

桜餅ののっている、かわいいお皿もsign03

90周年記念商品 九谷焼コラボの豆皿
1489988094286
こちらも、もうすぐネットページができあがったら、
窯元さんの「虚空蔵窯」さんについてや、できあがるまでを
さらに詳しく皆様にご覧いただきたいと思いますflair

P3087874

▼「虚空蔵窯」さんの器はここからご覧いただけます!

Img_7979
この小さなクラッチバッグが
「例えばロカイユの柄だったら。」 「錦紗だったら・・・」

すでに勘のするどいみなさまは、そわそわしていらっしゃるかと思います。
ぜひ!  安心してください・・・!!


次の次のブログでは、こんなところのお話をご紹介していきたいと思っております。

Kisokaido34_narai_2
木曽路のお話し

20160928_115911
かつて険しい中山道を行く、旅人の疲れを癒したであろう、
奈良井宿での、木曽のやさしいおもてなし。

そんな木の国木曽からやってきた、こちらの一枚板。

20170217_113904_2
90周年にむけて・・・

長野の木曽の職人さんも応援してくださいましたsign03

20170320_135800_2

しつこいですが


To be continued…


創業90周年記念イベントについてのブログはこちらから

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/90/index.html

これまでご紹介してきた、90周年関連のブログがまとめてご覧いただけます♪

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«新柄&限定カラーのご紹介 ~飴~