2017年3月25日 (土)

90周年『インテリアプレート』という新商品!!

文庫屋「大関」の田中です♪

木曽の「職人さんが」と繰り返しながら
ちらっとお見せしておりました、この木枠・・・

20170217_113904

実は、こんな風にしあがりました!

インテリアプレート

P3138139

いかがでしょうshine

P3138182

どうでしょうshine


P3138168


とっても、ステキにしあがりましたshine
ステキなあまり、ネット担当の風さんは大関師匠のお宅で、和室や中庭をバックに撮影会cameranotes

「飾れるようなものはないですか?」そんなお客様からのご要望を、何年も聞きながら噛みしめていた悔しさ。
やっと・・・ お手元にお届けできますheart

文庫革の色々な絵柄が楽しめるように2サイズでご用意いたしましたnote

P3158273

●小(外寸125×145mm,文庫革部分80×100mm)

B44100_1

●大(外寸135×170mm,文庫革部分90×120mm)

B45212_1
立てかけても良し・・・shine

P3249004
棒が1本付属します。

P3249032
壁に飾っても良し・・・shine
P3138203


一般的なプッシュピンに直接かけられるサイズの、三角金具がついています。


P3249006


ポイントは、このぷっくりとふくらみを持たせた仕上がり感。


P3249011


そして、材質の「杉」の木目を最大限生かせるように、塗装ではなく、ワックスで仕上げました。
経年的に劣化した塗装が、ポロポロと剥がれてしまうような心配もありません。

20170320_135800

サラッと木のやさしい肌触りと、文庫革の凹凸
ふっくらした感じを手で触ったり・・・ 眺めたりheart04

玄関や、カウンター上など、気軽にお家のどこかにちょこんと置いて楽しんで頂ける仕上がりにしましたnote

P3138149


この杉板がどこから来たのかのお話をいたしますと・・・。

江戸時代の五街道のひとつ、中山道・・・別名「木曽路」などとも呼んだ、あの長野の「木曽」からやってきました。

街道沿いには、宿場町が必要なわけですが、今でも木曽には当時のそのものが丸ごと保存されています。これが、奈良井宿です。

▼奈良井宿
http://www.naraijuku.com/narai/

02
今の感覚だと新幹線のとおり、東海道が京都への近道ですが・・・
中山道は東京⇒埼玉⇒群馬⇒長野⇒岐阜⇒滋賀⇒京都 と、過酷すぎる道のりですwobblysweat01


この奈良井宿からほど近い、木祖村の木工職人
上村誉典(かみむらたかのり)さん
にご協力いただき、一枚板の杉を使ったインテリア文庫革を作ることができました。


453b021a16b9d4ec4550ed7429bee021
ご縁あって上村さんと出会え、忙しい合間をぬってこの90周年に間に合うように板を仕上げて頂きました。

P2215685

一枚板に、糸鋸で四角をくり抜き、ポコッと落とす。
この仕事をしてくださる木工所を探すのに、何年もかかってしまっていました。
この出会い・・・
話すと長~くなるのですが、そもそもは木曽で明治45年に創業した由緒ある漆器屋さん
山加荻村漆器店さんにご相談したところから始まります。

日本代表レベルの名誉あるお仕事を請負うことのある、すばらしい漆器店さんです。


▼山加荻村漆器店さん
http://www.yamaka-japan.com/p/main.html

テーブルコーディネートなども提案しながら、漆器を現代の生活で楽しむことを伝えて下さる、稀有な会社です。



まずは、荻村さんから、大関春子の描く『飾る文庫革』の額装でお世話になった、マルオカ工業さんをご紹介頂き、このたび文庫革を額にいれるアドバイスから額作りまでご協力いただきました。

▼マルオカ工業株式会社さん

http://www.maruoka-shop.jp/


B46500_1


マルオカさんは、日本一の油絵キャンバスシェアを誇る会社で、
「日本中の美大生がお世話になっているsign01
「知らない人はいない・・・」 と、2つの美大を卒業したwebデザイン担当のT先輩は語ります。



その、マルオカ工業の湯川社長のご協力で
木工職人、糸鋸名人である、上村たかのりさんをご紹介頂きました。

「マルオカ キャンバス」の画像検索結果

ご縁のご縁の先にあったご縁。

このインテリアプレートは、第一線で活躍する、たくさんの職人さん・仕事人の皆様のご協力と、こだわりがあって、作れた賜物なのですshine

▼木祖村の木の匠
http://www.kinotakumi.net/members/members.html


職人の「良い物を仕上げる思い」が詰まった、インテリアプレートを、手にとって、見て、触ってお楽しみくださいnote


そして、もう1ポイントsign03

この文庫屋「大関」に勤め、半世紀以上ものあいだ、製作現場を支えてきて下さった型押し職人の矢澤師匠

20160823_100547
矢澤師匠の手により、この木枠に文庫革の装着が行われます。

(あ・・・flair そういえば、矢澤師匠も長野の出身でした!)


こちらは、天溝がま口の装着の様子…

一つ一つの木枠に対して、矢澤師匠が絵のいい所を型押し。
台紙を用意して、絵柄の見えかたが、ジャストな位置にくるように、文庫革を装着いたしました。

実は、このインテリアプレートは
矢澤師匠が、毎年、毎年・・・干支の柄で作っては、みんなの働く傍らにちょこんっとおいて行って下さっていたもの。

P3249016


ただ、その木枠を作るために、糸鋸を使いこなしてくださる木工所は、もう東京では見つからなくなってしまい、諦めかけていた企画でした。

コチラは、毎年矢澤師匠が柄を入れ変えて、大切に使っている古い木枠。
  ↓

P3249019


まさに、木曽の木工職人さんと
墨田区の文庫革職人のコラボ商品です
present

皆さまのお家でも
このインテリアプレートで「ほっこりheart02」な瞬間がふえれば と思っていますshine

B45750_1
9年、10年ぶりくらいに、こちらのブーケの柄も、このインテリアプレートをきっかけに復活いたしますribbon ずーっと枯れない花束です。

無垢の杉にワックス仕上げですので、多少の筋、色むら、こすれ感などございます。
何卒この点はご理解の程宜しくお願い致します。

いよいよ、90周年まであと4日です!
あと、もう1回ブログで珍しい商品をご紹介いたしますsign03





創業90周年記念イベントについてのブログはこちらから

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/90/index.html

これまでご紹介してきた、90周年関連のブログがまとめてご覧いただけます♪

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

90周年 新商品のがま口ハンドルクラッチ!!!

大変お待たせいたしましたsign03
毎回、気になる美人の画像でそわそわさせていた、あの商品・・・shine

90周年記念にむけて新発売sign03
がま口ハンドルクラッチ~ribbon

1

とーってもご要望の多かった、サイズ感shine
とってーもご希望の多かった、おおきながま口flair

スマホサイズの収納力の重要性も加味し、いよいよ理想のクラッチが登場しましたnote

Photo

これくらいの収納力shine

Photo_2

上のお写真、天溝がま口が入っているの・・・わかりますか???

ハンカチ、ティッシュ、小さめのお財布に、スマホ、口紅・・・scissors
パーティーシーンで必ず持っておきたい、重要アイテムがバッチリはいりますrockshine

Photo_3

大きく広がる口金、
内装は、上品にアイボリーのシャンタン生地を使用しています。

1_2

内側には、まち付きポケット(サイズによっては、スマホが入ります♪)
カードポケットも付いています。

2

「カードポケットに直にカードを入れるですってsign02・・・き、危険sweat01」 
とは、思わないで・・・
ぜひSuicaやPASMOを入れてバックごとピッと改札をとおってください~note

ちいさーい小物を入れてもよさそうです。

ここもポイントshine

Photo_5

フロスティーなゴールドメッキがお上品。

「ギラッ」「ピカッ」 とならない、ふ~んわりやさしい艶なし仕立てですconfident

ハンドル部分は付け外しが可能です♪

Photo_6


手提げに使うイメージでなければ、単純にポーチ用途に使って頂くこともできます


日常のバッグには小さめですが、パーティーバッグとして結婚式にお呼ばれしたときや、お着物を着た時。
バッグインバッグの用途など・・・sign03

お好きなかんじでお使いくださいribbon

1_3

こうゆう、ちいさなバッグを楽しめるのも
女子の特権ですよねheart02

2_2

そしてうれしい事にsign03

みなさまの好みもそれぞれですので、今回は
90周年記念柄のみでなく、お馴染みの文庫革のおすすめ柄を在庫でご用意いたしました~happy02heart04

Photo_7


しかもshine

こちらの商品は、本来のお値段、21,000円のところ・・・


4月末までの販売については、
90周年特別価格の19,800円
sign03

大出血のサービス wobbly heartheartheartheart

お値下げは、職人の仕事の対価とミスマッチになってしまうなど、普段は考慮の上でなるべくお手ごろに設定しているのですが。。。
90年、90年と自分達が喜ぶだけでは、おかしいことです。
90周年を迎えることができた、お客様へのお礼の気持ち、感謝をダイレクトにお客様にお届けするpresentshine

渾身の特別価格をきめましたup  とってもうれしー!!happy02

この春、清水の舞台から飛び降りるのは、わたしたちです。

 

和にいきますか???

Photo_8
牡丹

Photo_9
扇面


それとも、パーティー仕様な感じにしますかぁ~heart02

Photo_14
ロカイユ(ブルーグレー)


Photo_11
錦紗(ピンク)


「ここに、私の趣味はナイgawkdash
そう、がっくりなみなさま・・・sign03

発売からすこーしおくれて、
3月30日(木)の夕方6時からは
お好みの柄で作れるご予約会も開催いたします
note


(こちらが、30日から販売の在庫の一部です♪)Photo_12


なな、な、なんと!
いつものとおり受注後の製作で、7月下旬のお届けですが、今回のご予約会分に限っては、お値段は19,800円でいきます!!present

30日朝10時からの在庫販売分もいろいろなバリエーションをお買い求めいただけるようにいたしますが、お好みの柄がなかった場合、売切れてしまった場合には、ぜひ夕方6時からのご予約会もご利用くださいwink



~おまけ~

Photo_13

こちらのモデルさん、田上温奈(はるな)ちゃんの美しい写真。
ご本人の美しさのほか、いい写真ばかりだとお気づきの方もいらっしゃるかと・・・。

3


このたびの90周年企画では、販売チームと職人みんなで一丸となって頑張ってきたのですが、いよいよ疲労と時間の限界に達したときに、神が降臨してきました。

それが、田上温奈ちゃんのご主人shine
市川海老蔵さん似のイケメン脚本家さんですpencil んー。。。もうちょい渋キラ感強めですかねぇheart02

4

ご自身で、おせち料理まで作ってしまう、日本文化を重んじるかっこよすぎるご主人が、神楽坂で撮影をしてくださいました。

最初は、風さん、T先輩と「ロケハン組んじゃうかup」くらいの勢いで、カッコいいページ作ろうぜrockと、温奈婦人にモデル依頼をかけたのですが・・・
私の腹痛を口切に、バタバタと一同全滅、体調をくずしまして・・・

そうこうしている間に、ありがたき、上げ膳据え膳となってしましました。

5


脚本家のご主人ゆえに、一瞬を逃さぬ厳選のワンシーンshine
ステキな写真ばかりで私たち、勉強になりましたーsign01

やっぱり、脚本だいじだねぇ~
と、まさかの予定通りに進まない状況を目の前にして、一同、販売日までにがんばる所存ですsweat01


次回のブログでは、いよいよ木曽の職人さんとのコラボのお話しです。

02_2

To be continued…


創業90周年記念イベントについてのブログはこちらから

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/90/index.html

これまでご紹介してきた、90周年関連のブログがまとめてご覧いただけます♪

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

90周年柄のキモと 美人の持つ謎の物

文庫屋「大関」の田中です。
90周年の発売日まで、あとわずか・・・

文庫屋「大関」 創業90周年企画
2017年3月30日(木) 朝10時スタート
です

本日は、これまでご紹介してきた柄のうち、お伝えてしておきたい梨地のお話。

P3097962

90周年記念柄の乱菊では、細かなサメ肌のような地模様が密に配された「梨地」が特徴です。
この梨地は、錆び入れの工程で、真菰(マコモ)の粉をふんだんに漆で革に留めます。

20170320_091448
※錆入れ・・・漆と金箔を用いた、蒔絵などと近い技法で、革に漆を塗った後に真菰と言う植物に寄生している、黒穂菌(くろぼきん)を含む真菰の粉を振りかけ、革に定着させます。(漆の硬化により、革に密着させます。)これにより絵柄が見えるようになり、古めかしい美しさも表現されます。

20160823_0931101
この、錆び入れの工程は、鎌倉彫などの漆芸でも行われる作業です。
鎌倉彫の、ホコリっぽい、あの古びた雰囲気をだす、この粉です! (コレ!カマクラボリ)
  ↓↓↓↓

20100128_665735

みるみるうちに、絵柄が現れるんですよ・・・eye  
何度みても、感動しますshine

20160823_093143
この梨地の粒々の表現は、製版するときにも、大変な仕事になるのですが・・・
がんばりました。。。

文庫屋「大関」のおなじみ柄でいうと、撫子や龍の背景がまさにこれです。
わたしたちは、やはりこういった「文庫革」らしさに、惚れ込んでいます。

01
そして、ちっちゃな梨地が、今回はこんなところにもflair

梨地で粒々なドロップ、真菰でふわっとお花が浮き立つドロップ、輪郭線だけでまっ白にツヤぷくなドロップ・・・

20170320_091626
試作中に、彩色職人から錆びの面白さを表現するデザインの提案があり、いろいろなドロップを表現できましたshine

今回の、このような錆がふんだんに活きた、重厚な柄ならば・・・
日本人のみなさまに、ぜひ和服でたしなんで頂きたい。

Img_8380
前回に続き、登場の和装美人 田上温奈(はるな)ちゃん

しつこいですが、浅草店の元スタッフ~heart02
(そして、お写真を沢山のせたくて 小出しにしてしまいすみません)

Img_7968
そして、この美人が眺めているステキなモノ。

引き続き、構造やら、仕様やら、お値段など!
次のブログでご紹介いたしますnote


Img_7976あっ!
やっと美人と目があいましたねheart02


そして、こちらはネット担当の風さん宅のおやつのワンシーン。
むこうに見える、おしゃれな南部鉄の急須が気になります。


1488187296978

桜餅ののっている、かわいいお皿もsign03

90周年記念商品 九谷焼コラボの豆皿
1489988094286
こちらも、もうすぐネットページができあがったら、
窯元さんの「虚空蔵窯」さんについてや、できあがるまでを
さらに詳しく皆様にご覧いただきたいと思いますflair

P3087874

▼「虚空蔵窯」さんの器はここからご覧いただけます!

Img_7979
この小さなクラッチバッグが
「例えばロカイユの柄だったら。」 「錦紗だったら・・・」

すでに勘のするどいみなさまは、そわそわしていらっしゃるかと思います。
ぜひ!  安心してください・・・!!


次の次のブログでは、こんなところのお話をご紹介していきたいと思っております。

Kisokaido34_narai_2
木曽路のお話し

20160928_115911
かつて険しい中山道を行く、旅人の疲れを癒したであろう、
奈良井宿での、木曽のやさしいおもてなし。

そんな木の国木曽からやってきた、こちらの一枚板。

20170217_113904_2
90周年にむけて・・・

長野の木曽の職人さんも応援してくださいましたsign03

20170320_135800_2

しつこいですが


To be continued…


創業90周年記念イベントについてのブログはこちらから

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/90/index.html

これまでご紹介してきた、90周年関連のブログがまとめてご覧いただけます♪

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

新柄&限定カラーのご紹介 ~飴~

文庫屋「大関」の田中です!
いよいよ、本日のご紹介で90周年記念柄をすべて、ご紹介完了ですshine

しかし!!柄だけですよ~rock
実はまだまだ、びっくりアイテムのご紹介も控えていますrockshine

ちなみに、発売は3月30日(木)朝10時スタートですのでsign01
もうしばらく、ブログでご紹介させてくださいnote


本日、ご紹介するのは・・・

ててーん!

~飴~

1
もしかしたら・・・
文庫屋「大関」史上、最もハジケたカラーリングでしょうかsign02

23
あめ玉の飴ですheart02
コロコロかわいい、甘くておいしい「飴」

ポイントは、転がる幸せの金平糖ですflair

4
ふるふるっっと動いてます♪



そしてこちらが90周年のイチオシ!
やさしい色の・・・shine 90周年限定カラーshine

shine限定ブルー&限定ピンクshine

18
あめのカラフルさとは、大きくかけ離して
大人っぽく持てる、色まとめのカラーリングですsign03

小さな物から大きな物まで、全てのアイテムに、金平糖が必ず1つは入ってきますheart01

●限定ブルー

5

●限定ピンク
6
名前の通り、限定カラー
なので、在庫をご用意して販売するのは今回だけですflair
数量限定ですので、ぜひ発売までに悩んでくださいconfident

学生じゃないし、「飴柄の小物は卒業だわっ!」と思う方でも、つい持ちたくなってしまうような「大人がもてる飴」の2色にしあがりましたup


実はこの飴・・・
彩色職人リーダーのM田さん1人が、たっくさーんの色出しをして下さり、
たどり着いた、3バリエーションなのです。

2

この2色展開のやさしい限定カラーの見どころはshine
パッと見たときには、ブルーにまとまっている印象ですが・・・
まったく反対色の、オレンジ色の、みかん飴や、爽やかな黄色の飴がアクセントになっているんですよねflair

8

こちらの、イチゴ味を連想する、かわいいピンク
これまた鮮やかなグリーンや、淡いライムの色味がきいてて、あまあまじゃなくて、「あまずっぱーいheart04感じにしあがってますnote

7

そして、じーっくり見比べて頂きたいのですが、ピンクとブルーは「同じ塗り方で色違い」
なのですが!
こちらのカラフルバージョンは、塗り方が違うんですよ~eye

くるくる飴や、鞠みたいな飴、俵型の飴・・・全部塗り方が違うので、どう違うか見比べてみて下さいnote
そして、いろいろな「ぼかし技」が随所にちりばめられていますflair

9

下の、ブルーの写真のお花の部分をご覧いただきたいのですが

色のしずくが、ポテっと筆からおちてそこに宿ったかのように
色の水たまりが深いところほど、色の深みが増して見えます (見えますか?)

22
この、うるうるとした色の奥ゆきの成す、むら感が、
私個人のとてもお気に入りポイントです!

気になる限定カラーの販売アイテムは・・・

10
・ぐるっとファスナーの長財布
・メガネケース
・箱まち小銭入れ
・リップも入るハートまちの小物入れ
11・ぐるっとファスナーのお財布
・箱まち口金付き札入れ
・天溝がま口

ブログをご覧の皆様にだけお知らせしますと・・・

この7アイテムの他に
実はさらなる超絶レアアイテムが、あと3種類ございますsign01

(DMには載りきっていない情報です
sweat01
レアアイテム、3種類については、また追ってブログでご紹介してまいりますsign03


そして、こちらは今後の定番カラーになっていく「飴」
同じアイテムで発売予定ですheart04
12
13 このマルチカラー(今後の定番色)の飴は、派手なようですが (この派手さ、好みなんです)

手の平にのせて眺めていると、なつかし~い気持ちになれる・・・ 
そんな不思議な色の詰め合わせvirgo        

3
ドロップに使われている茶色が、レトロで懐かしい雰囲気を出してくれていますcherry

随時、いろいろなアイテムが充実していく予定です!


迷ったら、、、おかあさん、おばあちゃん、私でわけっこしてもいいし・・・

16
リップも入るハートまちの小物入れならば、お姉ちゃんと妹と色違いでもいいかなnote
と、今からわたしも悩み始めています。。。
17
そういえばflair
前回のブログでご紹介した「おしどり」の柄ですが。

実は嬉しい 「小技」 がきいていますsign03

ちっちゃなリップも入るハートまちの小物入れでは、
「せっかくのつがいのおしどりが、一羽しか入らないじゃないかsadsweat01」 と、心配に思う方もおおいと思いますが・・・

<表>
19 もう一羽も、ちゃーんといますので

ご安心下さ~いrockheart01

<裏>
20
これは、型押し職人泣かせな要望なのですが、販売チームの念願叶って裏表でメオト仕様にしてもらうことができましたshine

職人の腕と意地をみせていただきましたsign01 すごいっ~



話しかわって・・・sweat01
所かわって、こちらは神楽坂。

こちらの和装の美人さんは、
文庫屋「大関」浅草店の元スタッフ、田上温奈(はるな)ちゃんですheart01  ←自慢です!

Img_8273
すっかり、すてきな奥様になられて、浅草店を卒業後も日々多忙にいろいろなお仕事を掛け持ちしている、すてきな女性shine
こうやって、自分で和服を着こなすだけでなく、成人式の日には若者に着せちゃう側のカッコイイ、憧れの文庫屋OG~heart04

あの頃は、浅草店でペラペラと英語で接客をがんばってくれて。
ほんとーに助けられたものでしたぁ・・・。   遠い目・・・


って。。。

Img_8289
何かをごそごそと。

は、はるなちゃん!?



そ、それは・・・!?


Img_8304
はるなちゃんの持っている、それは一体なんですかぁーーーーーーーーーーーー!!!


To be continued…


ただいま、ネット販売チームは気合のあまりにバタバタと体調を崩しておりますが
(私の腹痛を口切に、ネット担当風さん、webデザイナーT先輩とただいま全滅中ですsweat01)
引き続きupup
90周年のお知らせを紹介してまいりますsign03
これから先は、びっくりアイテムが目白押しですheart02

みなさまも、体調にお気をつけください!


創業90周年記念イベントについてのブログはこちらから

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/90/index.html

これまでご紹介してきた、90周年関連のブログがまとめてご覧いただけます♪

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

新柄のご紹介!〜「おしどり」〜

こんにちは!
最近は創業90周年イベントの写真撮りに追われている、ネットショップ担当の風ですwobblysweat01

今週は、イベントの商品を大関春子師匠のご自宅を借りて撮影しました!rock

社長と春子師匠の全面協力のもと、素敵な写真が撮れました…
(ブログをご覧の皆様に昨日の成果をちょっとだけお見せします!shine)

P3138047

P3138084

貴重な体験を本当にありがとうございました!confident


そして、創業90周年イベントのDMも届きましたーー!happy02shine

P3168368

今回は大きなA3用紙を四つ折りにした贅沢な仕様notes

P3168370

皆さまのお手元へお届けします!楽しみにお待ちくださいwinkheart04
そして今回は浅草店へご来店のお客様、ネットショップでご注文頂いたお客様にも配りますので、皆様是非楽しみにしてて下さいねっnote

さて!
前回の私が書いたブログでは、新柄「乱菊」をご紹介しました!

▼「乱菊」についてのブログはこちら!

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-a884.html

あの鮮やか、煌びやかな柄に続いてご紹介するのは、こちら!



ドドン!!





P3168373


2つ目の新柄「おしどり」です!
細かい錆と緻密な色付けに目が釘付けです…‼︎
お着物を着られる方は必見っ!eye


優雅に流れる流水のに1組のおしどり…。
周りに菖蒲や、紅葉、菊など日本の四季を象徴する植物が花を添えます。
吉祥文様でもおしどりは、「夫婦和合」「夫婦の変わらぬ愛」象徴する存在として、
「無限の幸せ」を意味する青海波や流水模様と着物に描かれ、親しまれて来ました。

「おしどり」の色は「藍」と「橙」の
全2色。

〈藍〉

01

〈橙〉



02

こちらの色合いを作り出して下さったのは2名の職人さんshine
お二人のインタビューを元に、「おしどり」の美しい色合いの秘密を解説します!

「おしどり」は、線がとても緻密で錆が繊細な柄なので、線を生かしながら色を際立たせるのが難しかったそう。
本来のおしどりはもっと派手な色を持つ鳥ですが、
<藍>のおしどりは黒や紫、

P3168374

<橙>は黄色、ターコイズブルー

P3168377

と強い色をあえてポイントで入れる事により、和装でも似合う上品なイメージになりました。


見て下さい!この緻密な色合い!eye

P3168380

P3168379

オスの派手さとメスの奥床しい特長が見事に表現されています。
でも嘴とピンと立っている羽はちゃんとお揃いの色を使っています。
なので、パッと見ると色合いが全然違うのですが夫婦感が感じられるんです!

更に、塗り方にもこだわりが!
はっきりした色を使っていますが、羽根の流れに沿ってぼかしがかかっているのが分かりますか?

P3168382


このぼかしを多用する事で、羽根のフワフワ感も表現されているんです!

私が1番素敵だと思ったのは、この「おしどり」に込められた世界観。
この優雅に流れる流水は、紅葉や菊など、
おしどりやあやめがいる池とはまた違った優雅さがあります。
この違いを魅力的に見せるために、池と流水の際に鮮やかな青、橙の色を塗り世界観を分けるようにしました。

P3168387

橙は、紅葉が川一面に広がっている様子を表現しています。

P3168385

そして、菊にはおしどりの嘴、流水はメスの羽の色を使い世界観を分けつつ、全体が調和するように仕上げました。
春に咲くあやめと秋に色づく紅葉が、移ろう季節を表し、おしどりが象徴する変わらぬ夫婦の愛を演出しているのが何とも粋です。confident

そして、忘れては行けないのがこの彩色を際立たせる錆!
線がとても多いので、粉で埋まった所をスッキリ払うのが難しいのだそう。
しかし、流水ゾーンは粉を払いすぎると、錆がのこらないのでうっすら残るように調整、更に流水の紅葉は際立たせるように錆が残るようにするんです!(ひゃーー!!)


P3168389_3


まさに、繊細な錆と、計算され尽くした彩色が織りなす、文庫革の魅力がギューーっと詰まった柄です…‼︎
職人さんのこだわりと確かな技術があるからこそ、実現できたんですね…wobbly

今回、インタビューをしていて、色違いで親子持ちをしても素敵だなーっnoteて思いました!

凛としたブルーの中にピンクの可愛らしさがポイントの〈藍〉、夫婦の暖かさをイメージして柔らかな色で仕上げた〈橙〉。
お母様、お嬢様の雰囲気で決めても素敵です!
この柄を見てると、お着物を着て出掛けたくなっちゃいます…
私は久しぶりに、タンスの奥にあるお母さんのお着物を見せてもらう事にしますっscissorsshine




そしてお待ちかねのアイテム紹介!!

【ぐるっとファスナーの長財布】

B28722_1

【天溝がま口】

B02721_1

【ぐるっとファスナーのお財布】

B21722_1

【リップも入るハートまちの小物入れ】

P3067762

【メガネケース】




P3067718


今回発売する創業90周年記念の新柄は全3種類!

次回でご紹介する柄でいよいよ3種類目になりました!
最後はガラッと雰囲気が変わり…

01_1

可愛らしい「飴」をご紹介します!!



.........................................................................................................................

Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

いよいよ新柄のご紹介!~「乱菊」~

こんにちは!
ネットショップの風ですhappy01
3月に入り、そろそろ春物の服が来たいのに、まだまだモコモコのコートが手放せませんwobblysweat01


いよいよ今日ご紹介するのは…
ドドン!!

P3097949


皆様お待ちかね!創業90周年記念の新柄です!

その名も「乱菊」
4種類の艶やかな菊が舞う、高級感溢れる柄ですshine
大正ロマンをイメージし、当時流行した銘仙の着物の色合いを元に生まれました。
バリエーションは2色。
皆さんはどちらが好みですかeye??


<青紫>


01

<赤紫>


02


私のおすすめポイントは、
<赤紫>に入っているこの水色!

P3097950

赤系の色で当方にているされている中に、この淡い色の組み合わせがすごく可愛いheart04

そして、この細い花びらの中に2色のグラデーションが隠されている細かさ!

P3097952

P3097963

このグラデーションのおかげで塗っている面積が少ないのに、深みがあります…shine
銀座を颯爽と歩く、マダムが持つような華やかさです!(私の勝手なイメージですsweat01
今回、もっと皆様に魅力をお伝えする為に、「乱菊」の色を手がけた職人さんを取材してきましたrock


『今回、色のテーマが「大正ロマン」という事で、昔の時代ではあるものの現代でも受け入れられるような色鮮やかでモダンな所を表現しました。』
とのこと。

この世界観を魅力的に表現するには、細かい色のテクニックが詰まっていました!


~ポイント1~
対象的な色で動きをつける

青紫
には、ピンポン菊、小さな蕾に黄色、オレンジ。

P3097953

赤紫
には、細い花びらに淡い水色。

P3097958
紫の色味だけでまとめてしまうと、単調になってしまうので、ちょっと違う色を差し色に使う事で動きを出しています!


~ポイント2~
2つの光の表現でより華やか、軽やかに
まず1つ目の光の表現は、このシャンパンゴールド。

P3097960


P3097962

この金彩のおかげで、透明感の鮮やかな紫がより引き立っています。
そしてこの色は、2度塗りしないと上手く発色しない手間のかかる色でもあるんですsweat01
2つ目の光の表現は、ピンポン菊に施されたグラデーション。

P3097964

P3097966

1色でベタ塗りするのではなく、日の光が当たっているのを意識して、

2色を使ったグラデーションで印影をつける事で、菊が立体的になるんです‼︎

そうする事で、菊がひらひら宙を舞っているような軽やかさがでますshine
この表現のセンス、感動です…‼︎crying


~ポイント3~
錆びと白地のバランス
この乱菊は、錆をふんだんに使った重厚感のある柄。
その為、あまり色を塗りすぎると、かえってごちゃごちゃしてしまうのだとか。
花びらや、背景の小さな丸を塗らずに、白革の色を生かす事で、これまで説明した色のテクニックもより引き立つんです。

P3097968

P3097969
塗るだけじゃなく、「塗らずに魅せる」事も重要なのですねshine
見た瞬間、この艶やかさと高級感に引き込まれてしまうのは様々な色を魅せるテクニックが詰まっているからなんですね…sign03
そして、この柄がお財布になると…


P3097972

販売スタッフも歓声を上げる程、素敵な商品になりました
happy02heart04




【ぐるっとファスナーの長財布】


B28731_1


【天溝がま口】


B02732_1


【箱まち口金付き札入れ】


P3066474


【ぐるっとファスナーのお財布】


B21732_1


【箱まち小銭入れ】


B01731_1


【リップも入るハートまちの小物入れ】


P3067756


【メガネケース】


P3067710
まだまだ出来上がっていないアイテムもあります!
3月30日(木)の発売まで間に合うように頑張ってりますrocksweat01
次回は…

P1204991


P1204993



錆の線と色の緻密さが見ごたえの「おしどり」をご紹介!





~おまけ~

今回飾っているお花は、ユーカリ、慶翁桜、小手鞠、カーネーションです。

Img_8618


小さいのは、ブルースター、マトリカリアです。

Img_8623


........................................................................................................................

Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

文庫革だけじゃありません!九谷焼とコラボレーションもしました!!

こんにちは!
ネットショップ担当の風ですhappy01
只今事務所では創業90周年イベントの商品が、続々と揃いはじめています!
一昨日は、前回お見せした『飾る文庫革』に使う額縁がドーンと沢山届きましたshine
P3087856

▼『飾る文庫革』についてはこちらをご覧下さい
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1336574/1353211/112119155

そして、新柄の商品もズラリ…

P3087859

P3087858
今日ご紹介するのは、「文庫革」ではなく…
P2155719


そう!お皿なんです!
創業90周年イベントでは、九谷焼と文庫革がコラボレーションした『豆皿』も販売します!
文庫屋「大関」の人気柄が、九谷焼の技術と合わさる事により、文庫革では表現出来ない新たな表情が生まれました。
柄は全部で4種類。

【枝垂れ花鳥】

P3077849


【金唐大花】

P3087944


【花菱】

P3077848


【鞠芽】

P3087942



サイズは直径10.5㎝、高さ1.3㎝と、小ぶりなお皿です。
(個体差によって若干の誤差があります)

P3087863



お値段は、1枚1,944円。
4枚セットだと、7,776円です!



小さな和菓子cherryblossomや、
Img_5389

カップケーキを乗せるのにちょうどいいですhappy02sign03
Img_5371

他にアクセサリートレーに使っても shine
Img_5396

お香皿にしても素敵ですnotes
P3087870_2







~このお皿ができるまで~
1.形成
土は、信楽焼(狸の置物が有名です)の有名な産地、信楽でとれた白土を使用。
土台の型に、手作業で土をあててお皿の形を作っていきます。
ここのポイントは、この縁のヒラヒラ部分。

P3087866

これは、職人さんが指でつまみながら作っているんです。
こうする事により、飾りだけでなく、縁が掛けにくくなり強度も保てますshine


2.器を乾燥⇒素焼きする
3.白化粧掛け
素焼きが終わった器達は、「白化粧」という下地の柚薬をかけたあと、更に760度の窯で焼きます。
その後、コーティングとなる柚薬を全体にかけ1200度の窯で「本焼き」を行います。
絵柄を載せるまでに、計2回柚薬を塗って、3回も窯で焼いています…!wobbly

4.上絵付け

いよいよ、お皿に柄を付けていきます!
まずは、輪郭を転写呉須でお皿に写し、上絵付けで色を付けていきます。
こちらは、絵付けに使う絵具を混ぜている所。

4_2

色の粉と水と「ふのり(海藻からとれた糊)」をバランスをみて調合していきます。
丁度いい割合は、職人さんの経験が頼りなのだとか。
文庫革の彩色職人も、色の調合には長年の経験と感覚がものを言います。
意外な共通点…sign02

5

絵付けが終わったら、水分を飛ばし…

<乾燥前>

6

<乾燥後>
(水気が無くなり、少しマットになったのが分かりますか?)

11


ついに最終工程!


5.上絵焼き

絵付けが終わったら、800度の窯で仕上げていきます。
一見、グレー1色で絵付けされた器を窯で焼くと…
19_2

ジャーーン‼︎

P3087946

こんなに鮮やかに発色するんですhappy02shine
文庫革の錆び入れ前と後の色のギャップとは違った色の魔法に、販売部もびっくり!
この「上絵焼き」の温度はとても重要で、温度によっては絵具が思った色焼きあがらないことも。
焼いている途中で、色を確認する事も出来ないので、焼きあがるまでドキドキです…bearingsweat01

改めて、焼きあがったお皿がこちら。
P3077849

この一枚が焼きあがるまでに、計5回も焼く作業がありますcoldsweats02
(しかも、5回とも焼く温度が違う!)
焼きがる時に、色と共に、小さな黒い点々も浮かび上がりますが、

P3087868

これは土に含まれる鉄分なんです。
汚れではないのでご安心くださいgoodshine

そして、このお皿を全て手がけて下さった職人さん、
松井風乃さんです!(名前も可愛いheart01私と名前が近いので、勝手に親近感が湧いちゃいました!笑)
36




~「虚空蔵窯」さんについて~


今回、ご協力してくれた「虚空蔵窯」さんは、石川県の南部の能美市にある九谷焼の窯元です。
通常、九谷焼は成形、絵付け、窯焼きと完全分業制を取るところも多い中、虚空蔵窯さんは土の選択から販売まですべて一貫して自社で行うこだわりのある窯元さんです。
九谷の「五彩」と呼ばれる基本5色にとどまらず、数十色の色絵付けを施すことにより、華やかで可愛らしい九谷焼を生み出しています。
「虚空蔵窯」さんのつくる九谷焼は、さまざまな色の絵の具を、こんもりとふんだんに盛り付けるうわ絵付けは、ぷっくりと艶のある技法が特徴。
そして、九谷焼といえば磁器が主流の中、創業より積極的に土もの(陶器)にもチェレンジ
されて独特の味のある九谷焼を作り続けています。

25

↑こちらが絵付けの工房。文庫屋「大関」の彩色の作業部屋にそっくり!

22

↑個性的なコップ、器がズラリshine

14

↑ろくろを引いている最中。真剣さが伝わってきます…!
ちなみに今回のご縁で、事務所にあるお客様に出す湯呑みを「虚空蔵窯」さんで作られたものに買い替えました!
P3087874
▼「虚空蔵窯」さんの器はここからご覧いただけます!
まだまだイベント情報は続きます!
早く皆さんにお知らせしたくて、私もうずうずしてますsmile
次回はいよいよ新柄が登場…sign03

是非お楽しみに!

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

浅草にも 春が来た

文庫屋「大関」の田中ですnote

3月5日の今日は、二十四節季でいう啓蟄(けいちつ)という日で、「温かくなって生き物が動き出す」と、そんな頃を示す日なのだそうですshine

なんだか、わかるーflair

20170304_124020
浅草は、相変わらず外国人のお客様がおおくて、人間だけは寒くても、暑くても、世界中を動き回っていますね!!
この1週間は、浅草店の朝礼は中国語練習でしたrock

入荷の品物も、じょじょに春めいてきましたよheart02

20170304_180311

すずらんの天溝がま口は、パステルカラーが特に春っぽくて店内の雰囲気もぐっとかわいく優しい感じになりましたribbon

B02572_1
渋さと、かわいさのバランスが大人な小物です

▼新着情報 What's new 

http://www.oozeki-shop.com/news


今年、2度目の桃のお花
今回は白ですshine

いい香りがするかなぁ?と、つい顔を近づけてみたくなります。

20170304_124151


~おまけ~

浅草の一角  視線を感じふり返ると、かわいいみどりの塊が・・・

20170302_100418
この子です

20170302_100409
寒い間は目にはいらなかったのですが・・・
いつもの駐車場の片隅で、生き生きとみどり色を発していましたsign03

20170302_100353
かわいさのあまり、捕まえたくなりましたが・・・
ひきつづき観察することにしました

20170304_124137

いろいろなところで  みどりが・・・ 春ですね~clover



5月末頃お届け予約

もうすぐ、文庫屋「大関」創業90周年ですので・・・

昭和初期頃のスタッフ
  ←むか~し昔の工房メンバー集合写真!

まだ未公開の90周年情報を
ブログをチェックしてくださった皆様だけに、ヒミツでチラッとご紹介していきますrockheart04

浅草店も2017年3月末で、開店5周年ですsign01

毎年、春恒例の周年イベント
今年は
「浅草店5周年」+「工房90周年」ですので、ドッカーンと楽しい企画をてんこ盛りでご用意します♪

引き続き、ブログをお楽しみにご覧下さいwink

.........................................................................................................................
Photo  Tax_free_tate

電話注文はこちら ⇒ 03-6802-8380
FAX注文はこちら ⇒ 03-6369-4063

●営業時間  10:00~18:00
●定休日    毎週水曜
●E-mail : 
shop-asakusa@bunkoya.com
...................................................................................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

今年はお財布だけじゃない!? 『飾る文庫革』もあります!

久しぶりに投稿します!ネットショップ担当の風ですscissorsshine

2017年の春をもって文庫屋「大関」の工房は、創設90周年を迎える事になりましたhappy02
細かい事を言えば、大正時代に工房はできあがっていたのですが、会社として大関卯三郎が登記したのが昭和2年の事です。

どれくらい前かというと・・・
大関卯三郎は、明治36年生まれなのですが、夏目漱石の『吾輩は猫である』は明治38年に発表されたという事ですcat

これまで、毎年3月の終わりには、文庫屋「大関」浅草店の周年イベントを開催してきたのですが、この春は工房創設90周年の大イベントです!

本日ご紹介するのは、90周年の特別企画、大関春子の描く『飾る文庫革』です。
すべて、大関春子師匠の筆仕事で描かれた、文庫革の魅力が存分に楽しめる
プレミアムな商品です!notes
型押しも、巨匠の矢澤さんがギュウッと版を押しています!
この使われている版、会社で眠っていた古ーーい木版も使われているんです!
木でできた版は、手掘りで作られているので、人物、風景、動物などが
立体的に表現されていますwink
今回は、沢山のレアな柄達の一部をチラッとご紹介!
壮大な風景が描かれているものから、童話の一場面まで、文庫革ファンなら目が釘付けの柄ばかりです!



【大橋あたけの夕立】
ゴッホも模写したことで有名な、歌川広重の銘版画です。
「世界で初めて雨を線で描いた」と言われています。
P3026305

P3026329


【鞠子-まりこ-】
『東海道中膝栗毛』にも出てきた、
有名な「名物とろろ汁」の立て看板を出した鞠子の茶店の風景。
初版では「丸子」となっている地名の表記。
後の版では「鞠子」と改められています。

P3026313

【由井(縦)-ゆい-】
元の浮世絵の名前は「由井 薩埵嶺(ゆい さったみね)」。
絵の上部にある「一」の字を引いたようなぼかしは、
「一文字ぼかし」と言われ、ぼかす色で、時間、
季節そして気候などを表現しわけています。
P3026311_2
P3026389


【三保の松原-みほのまつばら-】
三保の松原は、富士山の世界文化遺産の一部として
登録されたことでも話題になりました。
P3026315


【かちかち山】
有名な「かちかち山」の一場面。
うさぎが悪い狸に魚を食べさせると言って、
泥で船を作らせている所でしょうか?
P3026301

P3026339


【桃太郎】
お共を続々と従えていく桃太郎。
これから、鬼ヶ島に向かうために、作戦会議中…?
P3026306

P3026333

P3026331



【待乳山】
現在の浅草にある待乳山聖天を描いた柄です。
写真の左側が浅草寺の本堂と、五重塔。右側にある橋の下をくぐって上ると、吉原に続いていきます。
江戸時代に、船で吉原に遊びに行く人たちは、このルートをよく利用していたそうです。
ちなみに、待乳山聖天は、大根を奉納するという風習があり、お祓いをした後の大根を持ち帰る事もできます。浅草店にお越しの際には、是非寄ってみてくださいnote
こちらは、絵画としての魅力を引き出す為、グレーのマットな紙を
周りに使い、応接室に堂々と飾れるような存在感のあるものに仕立てました。
P3026341

『飾る文庫革』は全部で15種類の額装を販売します!
小さい玄関に飾れるサイズの物と、大きな床の間や応接室に飾れるそうな豪華な浮世絵柄もあります。
これを飾れば、お部屋の雰囲気も高級感が出ること間違いなしですgoodshine




~おまけ~

大分の豊泉堂さんのお雛様も、あと一日かざって今年は終わりです。
Img_8592
3月になったので、唐紙も、緑の雀柄に変えました

Img_8578

今回のお花は、白の桃、黄葉手毬、麦、星咲のカーネーションです

Img_8587




| | コメント (0) | トラックバック (0)

«新しいこと+古いこと⇒