2017年10月22日 (日)

秋の長雨

文庫屋『大関』の長塚です。

秋の長雨が続いているなぁと思っていたら、台風まで来てしまいましたcoldsweats01
どんより雲に負けないようなポップな柄をご紹介いたしますnote


『まるまる』


Img_20171022_173707_2 ぐるっとファスナーの長財布


名前の通りたくさんの○が集まった柄です。
遠くから見るとただの丸のように見えますが、ぐっと近づくと‥


Img_20171022_173758
丸の中に細かい模様が錆で表現されているんですsign03
線を綺麗に見せるため、錆を掃いながらも、残すところは綺麗に残す。
職人技が光りますshine

『トランプ <アリス>』


Img_20171022_183821 ぐるっとファスナーの長財布


Img_20171022_174403
平行四辺形の中の模様は、それぞれに違います。
ダイヤ・ハート・スペード・クラブ。
散りばめられたトランプのモチーフを見つけてくださいhappy01

ちなみに、トランプの柄には色違いがあります。

淡く優しい色味の
トランプ<パステル>
チョコレートみたいで可愛いトランプ<ショコラ>

Img_20171022_181457_2
(パスカードホルダーを、店内に飾ってあるかぼちゃと並べてみましたsmile)

『招き猫』


Img_20171022_174240 束入れ

皆様が想像する招き猫とは違い、インパクトがあるお顔をしています。
ご存知の方も多いかと思いますが、招き猫は左手で人を、右手でお金を招くそうです。

Img_20171022_164615

前の通りに面したディスプレーに、メガネケース箱まち口金付き札入れを飾っています。
目を惹くようで、招き猫をきっかけに店内に入ってくるお客様も。
どうやら効果はありそうですhappy01


皆様も浅草にお越しの際は、
招き猫に招かれて文庫屋『大関』浅草店にも、足をお運びください。
お待ちしておりますnote


▼干支小物の予約会
http://www.oozeki-shop.com/product-list/127
         Eto2018_bn2_2


        Outlet_banner450

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

ネットショップのアウトレットセール開催!!


2017年10月27日夜9時から 
アウトレットセールを開催いたします!


Outlet_banner450

10月27日(金)夜9時より
文庫屋「大関」ネットショップで、「文庫屋ドッとネットクラブ会員」の皆さま限定のアウトレットセールを開催いたします。

縫製時のシワや汚れなどアウトレットの理由は様々ですが、もちろん全てご使用には支障のない商品です。

是非この機会にご利用下さい。


●「文庫屋ドッとネットクラブ会員」としてログイン頂かないとご覧いただけません。

▼ログインはこちらから
https://bunkoya.ocnk.net/member-login/

▼会員登録はこちらから
https://bunkoya.ocnk.net/register/

▼アウトレットセール会場はこちら
http://www.oozeki-shop.com/product-list/130

※アウトレットセールは会員割引5%OFF、ポイント2%付与の対象外です。
※アウトレットセールの商品のご返品はご遠慮下さい。

最大で99%OFF、平均48%OFF!
通常商品との同時注文可や同梱もOK。

もちろん20,000円以上のお買い上げで送料無料!

弊社オフィシャルサイトである文庫屋「大関」ネットショップのみで開催いたします。
楽天ショップ、浅草の実店舗での開催ではございませんので、お気をつけ下さい。

皆さまの日頃のご愛顧に感謝した、年に一度のアウトレットセールです。
たくさんのお客様のお越しをお待ちしております!



▼2018年干支 「張子戌」のインテリアプレート・お財布 予約会はコチラから!
http://www.oozeki-shop.com/product-list/127
Eto2018_bn2_3

●文庫屋「大関」 Official Instagram
https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/
Photo
皆さま自慢の文庫革をご投稿のときには #文庫屋大関 で、アップしてくださいheart01
----------
▼インスタグラムのフォローはこちらから
https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

アカウントは「bunkoya_oozeki」です。
----------

2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

収穫の秋です

文庫屋「大関」の田中です♪
一気に寒くなってしまいましたね・・・typhoon

でも、やっと秋のお洋服が着られるようになってmaple
楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?(今くらいは、まだ寒いのも楽しいんですよね~)

早速ですが、お客さまから大収穫のお写真を頂いたので、ドーン
heart01
とご紹介いたします!!

Image1_2スッすごい・・・lovelyshine
私も、コレクションを並べてS様と文庫革自慢したーい
happy02shine
だいぶ、レアなところを攻めていっていらっしゃいますnote

いつか、皆さまと、リュックサックにたくさん文庫革を詰めて集合。
お茶を飲みながら、座談会を開きたい・・・!そんな気持ちになる1枚をお送りいただきましたheart04いつもありがとうございますribbon

明日あたり、ビックリなお知らせの発表があるはずです!!

匂ってきましたよ~upスルドイ方は「アレは、そろそろかな?」と思っていらっしゃるはずrock YESsign03お楽しみに♪

Img_1742
これから、職人たちは寒空の下で、寒さに耐えて作業する季節です。
これは晴れた日の写真ですが、真冬の作業とか・・・本当に厳しいのです。

先日、作業を見に行った時、ちょうど11月お届けの予約商品をせっせと作っている現場でしたshine

Img_1716
この革は、2つ折りのお財布になる子たちです。エイヴァーン、とっても好きな柄ですheart04

こちらはスラヴ

Img_1734

あの洗練されたスラヴが、真菰の粉をふられて、こーんなに真っくろくろになっていましたsweat01
職人は皆で、「この革は、ちょっと大変だよー!」とか「漆いい調子ですー!」とか、色々と声をかけあって作業をしています。微調整が重要な錆び入れ作業。

11月下旬お届けの予約品、縦長柄のでき上がり、楽しみにお待ちくださいheart04


彩色職人達は錆び入れの時、たくさんの事を感じながら、話しながらチームワークで作業するので・・・
変な比喩ですが・・・ドラマで見る「オペ室」のような雰囲気ですflair


~おまけ~

秋のお花です

20171018_185051
ミナヅキ、ユーカリ、キングプロティア、野ばら。

このミナヅキは、別名『ピラミッドあじさい』と言うそうです!
秋の夕焼け空のように、優しいピンク中心のお花にしあがりました♪

20171018_184913

Eto2018_bn2_2


●文庫屋「大関」 Official Instagram
https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/
Photo
皆さま自慢の文庫革をご投稿のときには #文庫屋大関 で、アップしてくださいheart01
----------
▼インスタグラムのフォローはこちらから
https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

アカウントは「bunkoya_oozeki」です。
----------

2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

お花だより

文庫屋『大関』の長塚です。

夏が終わって過ごしやすい秋がきたと思ったら、
浅草は連日の雨でなんだか気持ちもどんよりしてきますrain

という事で、少しでも秋の風情を感じていただけるような文庫革をご紹介いたしますsign03


まずは、こちら。

『秋草』 

葛、桔梗、撫子、尾花、女郎花、藤袴、萩。秋の七草の柄です。
実際のお花の色とは違いますが、
落ち着いた雰囲気が秋の夕暮れ時のように感じられて、素敵ですnote

Img_20171017_081227_2ぐるっとファスナーの長財布

Img_20171017_081332

ぐっと寄って、
花や葉の色をぼかして塗っている綺麗さを、見ていただこうと思ったのですが‥伝わっていますか?


続きまして、こちら。

『撫子』

撫子、蝶、蜻蛉、鈴虫。秋を集めた秋尽くしな柄です。
鮮やかな赤や、青の蝶やピンクの撫子に目がいきがちですが、蜻蛉と鈴虫も見つけてくださいhappy01

Img_20171017_081428_3 ぐるっとファスナーの長財布

Img_20171017_081440
錆で表現された蝶や蜻蛉の羽の模様がとっても綺麗です。
外国のお客様にも、とっても人気な柄なんですheart04


そして、最後はこちら。

『蜻蛉菊』

蜻蛉、菊、水の渦巻き。
白地に菊の花の明るい色が散りばめられ、
錆で表現された蜻蛉の軌跡の点々がなんとも可愛らしい柄です。

Img_20171017_081546 束入れ
(ぐるっとファスナーの長財布を撮影しようとしたら、売り切れていました。すみませんcoldsweats01)

Img_20171017_195445_2

蜻蛉のちっちゃな目も、黒く塗ってありますshine
蜻蛉は前にしか進まないところから、勝ち虫と呼ばれる縁起物ですnote


三柄とも人気の柄ではありますが、ご紹介をさせていただきました。

秋を少しでも感じていただけたら、嬉しいですconfident



こちらは、お店に飾ってあるお花です。

まずは、ころんとした実が可愛らしい。

紫式部

Img_20171014_190950
このお花は、どうやら有名なようで、お客様がよく 「紫式部。」 と言って、
指を伸ばしてころんとした実に触れて行かれます。

(私は、紫式部と聞いて素敵な名前だなぁと思いつつ、
源氏物語を思い浮かべていました‥‥coldsweats01)


続きまして、こちらもころんとした実なのですが、色が白いんです。

白式部

Img_20171014_191349

「ん?似てる?」と思われた方、正解です。
紫式部にそっくりなこちら、その名も白式部。
紫式部の変種で、そのままといえばそのままの名前ですが、こちらも響きが綺麗な素敵な名前です。

(枝に積もった雪みたいで、きれいですよねhappy01)


そして、最後はこちらです。

リンドウ

Img_20171014_193726
有名なお花なので、植物に詳しくない方でもご存知の方も多いと思います。
私がそうでして、名前と花が一致する数少ないうちの一つです。

(もう少ししたら綺麗に咲いてくれそうで、楽しみですnote)


そして、こちらの三種類のお花が合わさると、

Img_20171014_192728
こんな雰囲気に仕上がりますsign03

白式部とリンドウの白色に、紫式部の紫がいいアクセントになっています。

(クジャクの尾みたいだなぁと思うのは、私だけですか?)

生け花の色や姿によって、店内の雰囲気が変わるので不思議ですflair
急に寒くなってきたので、外に出るのが億劫な時もあるかと思いますが、
浅草にお越しの際はぜひ文庫屋『大関』にも足をお運び頂けたら嬉しいですnote


Img_20171014_191905


▼干支小物の予約会
http://www.oozeki-shop.com/product-list/127

     Eto2018_bn

               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

ここだけのご紹介!張子戌インテリアプレートの製作現場

文庫屋「大関」の松井ですcloud
Pa132101

お花柄の服を着たまるっとした犬の隣には、
赤い姿で丸く可愛らしい金沢の「加賀八幡起上り」。
ふたりとも、福のあるお顔立ち。

今日はちょうど、工房では、
福を運んでくれそうな張子戌のインテリアプレートの製作中でした。

そんな製作中の現場をご紹介します!
このできあがった文庫革が、
これからインテリアプレートに仕上がっていきますdash

Pa131851
文庫革を貼り付ける台紙をカット。

Pa131857
スポンジを貼りつけて…。
文庫革に膨らみを持たせ、触っても楽しい質感に仕立てます。

Pa131878

いよいよ完成間近です。
このぷっくりさせた文庫革をプレートにはめ込みます。

Pa131893

完成!
つやっと、ぷっくりした張子戌が、何とも愛らしい。
プレートは、杉の木目が存分にお楽しみいただけますhappy01

Pa131900

只今、張子戌のインテリアプレートのご予約を受け付けてます!
12月中旬にお届けしますheart02

▼干支小物の予約会

http://www.oozeki-shop.com/product-list/127

Eto2018_bn

話は変わり…、
先週の三連休、ずっと行きたいと思っていた金沢にやってきましたsign03
旅する文庫革 in 金沢good

兼六園のもみじは、ほんのり色づき始めていましたheart

Cimg5603

金沢城公園のメインスポット「橋爪門、橋爪門続櫓、五十間長屋、菱櫓」。
壁と屋根の漆喰の白、芝生の緑、空の青のコントラストが綺麗ですshine
もう少し天気さえよければ…。
Cimg5609

さすが、百万石の城下町。
今に残る兼六園や金沢城跡は特に、前田家が培った歴史を感じました。

そんな金沢を訪れ時のこと。
金沢でも有名な市場、近江町市場の中にある八百屋さんで「マコモダケ」を発見。
初めて見る生の「マコモダケ」に自然と手が伸びてしまいましたhappy01
見た目は、ネギのようなタケノコのような。

なんでも、縄文時代から食料だったといわれているのに、
今まで目にする機会がありませんでした…。
(今週末、炒めものか、天ぷらにしてみようかなぁと)

Pa132096

地方によっても違うらしいのですが、
9月下旬から10月中旬頃がおいしく食べられる旬らしいです。

このマコモダケをそのまま収穫せずに放っておくと、
その中に黒穂胞子が充満します。
これを乾燥させたものが、文庫革で使っている真菰(マコモ)です。
Pa132077

乾燥させた真菰を、細かい粉にして、
文庫革特有の古美を出す「錆」に使います。

Pa132063
文庫革の肝である真菰。
文庫革をご覧になる際には、真菰にもご注目くださいlovely

●文庫屋「大関」 Official Instagram
https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

Photo

夕食後のごろごろタイム、電車の中ののんびり時間、気楽な感じでお楽しみくださいheart04

皆さま自慢の文庫革をご投稿のときには #文庫屋大関 で、アップしてくださいheart01
よろしくお願いいたします。

----------
▼インスタグラムのフォローはこちらから
https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

アカウントは「bunkoya_oozeki」です。

インスタグラムをやっているお客様は、
インスタグラムで「文庫屋大関」や「文庫革」で検索いただくと、
当店の商品に関連する素敵な写真をご覧いただけます。
----------

2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

来年は戌年!縁起のよいものがずらり

文庫屋「大関」の松井です。

昨夜(10月4日)は、中秋の名月でした。
「中秋の名月」って言葉、とても美しいですね。

墨田区の工房は曇りがちの夜となりましたが、
雲の切れ間から、少しだけ顔をだしてくれました。

Photo

昨夜の、スカイツリーのライティングは、橘色に輝く『幟(のぼり)』
月もスカイツリーも、綺麗に夜空に浮かび上がっていましたshine
どうやら、明日10月6日が満月のようです。
中秋の名月が見られなかった方も、
明日の満月を見上げてみてくださいconfident

そんな、やっと秋を感じられると思ったのも束の間・・、気付くともう10月coldsweats01
来月11月には、8月に開催したご予約会『縦長柄、ブックカバー』をお届けします。
ブックカバーを手帳ケースとしてお使いいただく皆様には、
来年がきっと待ち遠しくなるかと思います。
是非楽しみにお待ちくださいflair

Photo_9

さてさて、年末には、お楽しみ行事のクリスマスが待っていますねxmasshine
(年々、クリスマス商戦の時期って早くなっていますよね・・)
クリスマスの準備も大事ですが、
日本人ならではの行事”お正月”の準備もお忘れなく!

来年2018年の干支は、(いぬ)dog

文庫屋「大関」では、
毎年恒例の干支柄のご予約会が、いよいよ明日10月6日(金)夕方6時から始まります!

▼干支小物の予約会
http://www.oozeki-shop.com/product-list/127


Eto2018_bn
今回の干支のご予約会は、
今年の3月に開催した『文庫屋「大関」の創業90周年』を記念して新しく製作した
インテリアプレートのご予約を受け付けます。

Photo_5

気軽に飾れる可愛い犬。
来年の干支「戌」を玄関やお部屋に飾ると、ぐっと新年の気分が盛り上がりますねnote
訪問客のお出迎えにも、一役かってくれそうです。

Photo_6
置く場所がないっていう時でも、こうやって壁に飾ることもできるんですよ。
Photo_7
そして・・
贈り物に最適な「天溝がま口」と「箱まち小銭入れ」の受注製作も承ります。
干支の柄の小物は、年末年始のご挨拶にお使い頂くと喜ばれますpresent
Photo_8
(写真の左にあるモチーフ、日比谷のクリスマスマーケットで買ったものです。
どの国でも藁の民芸品ってあるものなんですね。)


文庫屋「大関」の干支シリーズを揃えてくださっているお客様も多いかと思います。
ご家族でわいわい、それぞれの干支を楽しみながらご覧下さいhouse

●文庫屋「大関」 Official Instagram
https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

Photo

夕食後のごろごろタイム、電車の中ののんびり時間、気楽な感じでお楽しみくださいheart04

皆さま自慢の文庫革をご投稿のときには #文庫屋大関 で、アップしてくださいheart01
よろしくお願いいたします。

----------
▼インスタグラムのフォローはこちらから
https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

アカウントは「bunkoya_oozeki」です。

インスタグラムをやっているお客様は、
インスタグラムで「文庫屋大関」や「文庫革」で検索いただくと、
当店の商品に関連する素敵な写真をご覧いただけます。
----------

2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

お花のお出迎え

文庫屋『大関』の長塚です。

本日は、浅草店に活けてあるお花をご紹介しますsign03

お店に入ってすぐに目に入る大花瓶。
今回は、全部で4種類のお花を活けています。

Img_20171001_081611
ワレモコウ。

Img_20171001_081824
サンザシ。

Img_20171001_081621
ケイトウ。

Img_20171001_081751
コスモス。

全てが合わさると‥‥
Img_20170930_083058
こんな雰囲気に仕上がりましたnote

(落ち着いた秋の雰囲気なのですが、この写真でうまく伝わっているか‥‥心配ですcoldsweats01)

秋を感じさせる場所は、ここだけじゃないんですsign03

Img_20171001_081603
唐紙の中に飾られているのが、

Img_20170928_084109
Img_20170928_084120
カボチャと、パンパス。
(一緒にディスプレーされているのが野葡萄の柄なので、よりいっそう秋っぽいですhappy01)

お店に入ると、文庫革の魅力に目が奪われてしまうのですが、
ちらっとっでもお花に目を向けて頂けると嬉しいです。

Img_20170928_084033

涼しくなってきて、お散歩に気持ちい日も増えてきました。
浅草にお越しの際は、文庫屋『大関』にも足をお運び頂けましたら、嬉しいです。

【リクルート】会社説明会マーケティング部 開催日:10月21日(土)

 マーケティング(販売)部の会社説明会

 開催予定日時
 2017年10月21日(土) 午前10時~12時


●仕事詳細についてはこちらをご覧ください
https://en-gage.net/oozeki/

●会社説明会の詳細・申し込みはこちら

http://www.oozeki-shop.com/page/82#a

※他の職種希望の方でも、販売に興味のある方は是非ご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

制作職人と企画・販売・総合職 募集!!

文庫屋「大関」の田中ですshine
本日も、求人のお知らせです!

ただ今募集中の職種は・・・

・製作職人 ※急募!
・企画・販売・総合職

1
この製作職人というのは、革の裁断、型押し、パーツの製作などを行う仕事です。
縫製職人さんとのやり取り、相談もお仕事のひとつ。

あとは、革の仕入れなどもやります。

2
お財布ごとに、決まった位置に型押しをしたり、絵柄に合わせて、おし方を調整したり、文庫革のぷっくりを表現する重要なお仕事です♪

▼「製作職人」の応募はこちらへ ※彩色職人の募集ではありません。
oozeki@tanaka.email.ne.jp 

そして、企画・販売・総合職は、この会社で何を作って、どう表現して、どう販売するかを考えて、職人に作ってもらった品物をお客様にお届けするまでを考えます。

Photo_7

接客、表現、お買い物のサポートをする仕事です。


3

メーカーとしての、責任ある販売を行うので・・・お客様の要望を吸い上げて、商品化して、伝統を後世に残せるように考えていく仕事です。
ある意味、文庫屋「大関」の販売は、職人気質が必要なお仕事です。

P3168370

どこからか、企画が用意されるわけではないので、自分たちで考えます。

20151007_180103
お客さまをお迎えする空間も、自分たちで作ります。
お花をいけたり、商品を陳列したり、清掃したり・・・

店内の内装も、自分たちで行います。

20160202_115922
▼企画・販売・総合職の応募はこちらへ ※彩色職人の募集ではありません。
mo.tanaka@bunkoya.com


※仕事内容の詳細・会社指針はこちらでご覧ください。


【リクルート】会社説明会マーケティング部 開催日:10月21日(土)

 マーケティング(販売)部の会社説明会

 開催予定日時
 2017年10月21日(土) 午前10時~12時


●仕事詳細についてはこちらをご覧ください
https://en-gage.net/oozeki/

●会社説明会の詳細・申し込みはこちら

http://www.oozeki-shop.com/page/82#a

※他の職種希望の方でも、販売に興味のある方は是非ご参加ください。


2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

秋の工房

文庫屋「大関」の田中です♪

新しい動画、できました!

「キーホルダー、買ったのですが、使いかたわかりませんsweat02
「・・・coldsweats02sweat01

こんな時に、私たちの言葉で伝えきれない所作を・・・動画にまとめてみましたcoldsweats01


手モデは、社内最年少のK藤ちゃんで。ちょっと緊張気味でスベッてます・・・
(*_ _) お許しを・・・sweat01

いよいよ、秋になりましたね!
浅草店も、徐々に秋らしいお花を飾っておりますshine

向島の工房は、3~4ヵ月後に展開する商品をせっせと作っておりますsign03
錆び入れの済んだ文庫革は、1日の時を経て仕上げに入ります。

20170926_094046
この仕上げで、文庫革の最終形がやっと見えてきます。
最終形を決めるともいえます・・・。

この、できあがり。
言い訳でない「味」を求めています。

到達点を「機械並」ではなく、「人の手」の味にしたいのです。

文庫革の溝の茶色は「黒穂菌の胞子」、牛革は牛の皮膚、漆は樹液、塗り手は人。
自然界の成す装飾。

20170926_094618

お財布などの形になる前の作業風景。
元文庫革ファンとして会社に入った身としては、見ているだけで至福の一時ですshine
オタクの血が騒ぎますsign03

どうしてこんな表情が生まれるのかは、職人の感覚のみぞ知ること。


そして・・・
ただ今、販売チームは来年の夏にむけて、試行錯誤を始めました。

大体、相談して、話をもんでいると3ヶ月前になってしまうので・・・。

20170926_092433
などと言っているそばから、もう何日か寝れば10月 coldsweats02sweat02
まだ半袖をきてしまいますが、学生さんは衣替えですね。

今年も、残すところわずかですsweat01

10月1日(日)からの、ヤマト運輸さんの運賃の値上げに伴い、
当店のネットショップの発送料金も、改定させていただく事となりました。
10月2日(月)朝9時以降の受付のご注文より、
650円から790円(全国一律)に変更いたします。
なお、商品代金が2万円以上の場合には、これまで通り送料は無料です。

何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。



●文庫屋「大関」 Official Instagram

https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

Photo

夕食後のごろごろタイム、電車の中ののんびり時間、気楽な感じでお楽しみくださいheart04

皆さま自慢の文庫革をご投稿のときには #文庫屋大関 で、アップしてくださいheart01

 

よろしくお願いいたします。

----------
▼インスタグラムのフォローはこちらから
https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

アカウントは「bunkoya_oozeki」です。

インスタグラムをやっているお客様は、
インスタグラムで「文庫屋大関」や「文庫革」で検索いただくと、
当店の商品に関連する素敵な写真をご覧いただけます。
----------

2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

実質ものづくり。工房織座さんへ行く。

文庫屋「大関」の田中です!
このブログ、長くなりますが、お付き合いを宜しくお願い致します。

本日は遠く、四国の とある工房 のお話しを・・・。

その舞台は、愛媛県の今治
広島県の尾道から、愛媛県の今治へ続く 『しまなみ海道』 car

20170912_114244
飛び石のような島々。
海と空の上をひた走るような、気持ちのいい道ですshine

道すがら、興奮したのが
あの!『伯方の塩』 この、転々とした島で作られています。

ようやく辿り着いた愛媛。
これまた興奮するのが『ポンジュース』の地元である事!愛媛には、いろんな有名企業があるんですねsign03
(愛媛の皆さまには「普通」かもしれませんがsweat01

そして、ようやく辿り着いた工房はこちら。

20170912_134842
工房織座さん 

日本の古い機械を使って、独自の味わいのある織物を作っていらっしゃる工房です。
前から、「きもちいい」質感に感激していたのですが、この度思い切って伺ってまいりました。

山奥をずんずん進み・・・「まさか。ほんとに?こんなところに???」と疑いながら到着。

このログハウスが、織座さんのショップと工房 house

20170912_134339
このログハウスに突撃訪問したところ・・・

いましたheart04
会いたかった、美しくディスプレイされたストール、マフラーたちshine

(あれ?何やら天溝がま口がまぎれ込んでいるようです・・・。錦紗をさがせrock

20170912_131951
織座さんは、全てご自身たちで商品企画、製造、販売を行っていらっしゃいます。

(
文庫屋「大関」と似ているなぁ…と共感しつつ。)

興味があるのは、やはり『工房』 rockshine

物を作っていても、全く別の分野なので、織物がどんな工程で作られているのか?
どんな機械で、どんな風に作っているのか?
全くわからない、ど素人の私たちを、親切に案内してくださいました。


すごいです。
こちらは、100年前の織機・・・。   かっこいい。。。

そして、一緒に出迎えてくれた色とりどりの美しい糸。

20170912_132941_001_2
息をのむ美しさ。

足元に見える2つのペダルを交互に踏んで、横糸のシャトルが行ったり来たりします。

20170912_132611
糸の1本1本を、並べて交互に織っているcoldsweats02

日々、ホイホイッと巻いているストール。

この光景を目にしてはじめて、人類の文明の中で生まれた、『織る』という知恵の結集に脱帽。

1目でも、ずれては成り立たない繊細さ、何とも言えない気持ちになりました。

20170912_133048
どんな思いで、100年前の人は、ここまでの機械を作ったのでしょうか。
木材と、金物を合わせた機械。
時間が経つにつれて、ひずみも生じるはずですが、織座さんでは現役で動いています。

社長さんが直々に手をかけて、今でもお客さまも見れて、触れられるような工夫までなさっているとのこと。

傍らには糸巻。

20170912_132547

奥には、更に古い織機もありました。

20170912_132758
こちらは、横糸は全て手作業で通すのだそうです。

鶴の恩返し、そのまま。

20170912_132816

糸がキレイすぎて
天溝がま口の錦紗を一緒に撮影してしまいましたsign01

ちまたで言う、インスタ映えする工房で・・・ cameraぱしゃり

20170912_133128
▼文庫屋「大関」 Official インスタグラムはこちらから
camerashine

https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

インスタ、よくわかんない。カメラ怖い…。そんな場合でも「インスタグラム文庫屋大関」のグーグル検索で全貌がご覧いただけますwinkheart04



キレイな糸。

そして、織座さんでは様々な織り方で、選ぶ人、使う人にとって自分好みのものに出会える商品を展開してくださっています。

全て、古い機械ばかり。

20170912_133958
織り始めると、ガッシャガッシャガッシャガッシャ・・・
ものすごい音を立てて、構造的な機械が糸を交互に渡していきます。

ものすごいスピード感、写真で伝わりますでしょうか??? しゅんっ!!!

20170912_134127

気になりすぎて、ムービーをご覧になりたい方sign03 ・・・必見です。

ボーっと見続けたくなりますよ~tv

▼「たてよこよろけもじり織り」が織られる様子
http://www.oriza.jp/single-post/2016/07/21/


tvこのYoutube動画のタイトルのとおり。
某自動車メーカーが、その前駆として作っていた織機なのだそうです。。。



瞬く間に横糸を往復させる威力。
それでも、1往復で、たった糸2本分の前進。

20170912_133844
ひたすら、糸2本分の前進を繰り返します。

20170912_134029
このシャトル。

時速はわかりませんが、おそらく、高速道路を走る車並です。(あくまで田中感覚です)

20170912_133831
博物館クラスの、古い機械たちが現役で働いている稀有な工房。

文庫屋「大関」も、9年後、100年の版で文庫革を作りたいものです
shine


そして、できあがったふんわりマフラーは、糸の表情で、平織りも柔らか個性的。
(ただ、織座さんのすごいところは、織り方のバリエーション。こちらは基本の平織りですが。)

20170922_211753
黄色の小物ってハードル高いので自分では選ぶことなかったのですが・・・shine

この黄色に紺、緑、赤、色々な糸がちょっとずつ混ざっていることで、安心して取り入れられる色。 

20170922_212306
とか言いつつ、企画のKJさんに客観的なおススメ色をセレクトして頂きました!!
ほほ、こんなに思い切った色の買い物は初めてです。

綿とウールの混紡で、お肌にもやさしく、今の時期から楽しめそうです。

これからの季節に欠かせない、ウールの気持ち良い混紡も色々あります。

20170922_211915
綿や麻は、冬はウールのマフラーの下にしてもよし。ウールのモコモコを巻くときにも、肌に触れる面に綿や麻を選んで重ねて、気になったらお洗濯するのもいいですね。

いくつ持っていても楽しい、巻き巻きアイテムnote

▼勝手におススメ、工房織座さん

http://www.oriza.jp/

20170912_132917

使う人と、作る人の距離の近さを実感する工房見学となりました。

『日本のものづくり』とか、『Made in japan』って流行っているようですが・・・
仕事をしている人々は、流行りで仕事をしていません。

作り続けたい物が具体的だから、情熱を注ぐ人がいるから、絶やさないよう誤魔化さないから・・・shine キラリーンshine
という情熱を、織座さんでヒシヒシと感じましたshine



10月1日(日)からの、ヤマト運輸さんの運賃の値上げに伴い、
当店のネットショップの発送料金も、改定させていただく事となりました。
10月2日(月)朝9時以降の受付のご注文より、
650円から790円(全国一律)に変更いたします。
なお、商品代金が2万円以上の場合には、これまで通り送料は無料です。

何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。



●文庫屋「大関」 Official Instagram

https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

Photo

夕食後のごろごろタイム、電車の中ののんびり時間、気楽な感じでお楽しみくださいheart04

皆さま自慢の文庫革をご投稿のときには #文庫屋大関 で、アップしてくださいheart01

 

よろしくお願いいたします。

----------
▼インスタグラムのフォローはこちらから
https://www.instagram.com/bunkoya_oozeki/

アカウントは「bunkoya_oozeki」です。

インスタグラムをやっているお客様は、
インスタグラムで「文庫屋大関」や「文庫革」で検索いただくと、
当店の商品に関連する素敵な写真をご覧いただけます。
----------

2_2




| | コメント (0) | トラックバック (0)

«向島のお祭り!