2019年6月25日 (火)

【特別営業】7/10(水)浅草店へGO

文庫屋「大関」浅草店の内藤です!  

みなさーん!
7月9日(火)、10日(水)は、浅草寺の「ほおずき市」ですよー!

20170709_1821432

毎週水曜日は浅草店の定休日ですが、「ほおずき市」に合わせて毎年ご来店いただくお客様も多いので、特別営業しちゃいます!

▼浅草店についてはこちら▼
https://www.oozeki-shop.com/page/133

 

ほおずき市~こんな良いこと3選~

🚩良いことその1
1度で一生分のご利益が得られる!?「四万六千日」

7月10日(水)に浅草寺へお参りすると、四万六千日分の功徳【くどく(=ご利益)】を得られるということを、皆さんご存知でしょうか?

なんと7月10日(水)は、最大の功徳が得られるスーパーラッキーデーなのです!👀

34

「四万六千日」というと約127年ですね。私は今27歳なので、あと100年分のご利益がもらえちゃいます!わーい!✨

ちなみに、なぜ「四万六千日」なのかというと、米の一升が米粒46,000粒にあたり、
【一升】【一生】をかけたとも言われているそうですが諸説あるそうです。

一度で一生分のご利益を得られるこの日に、「ほおずき市」へお散歩がてら遊びに来てみてください!

2_14


🚩良いことその2 ~限定のお守りをゲット!~

浅草寺では7月9日(火)、10日(水)限定の「雷除け」(=災難除け)のお守りが授与されます。⚡2_15江戸時代に浅草寺では、雷除けとして「赤とうもろこし」を販売していたのですが、後に不作により販売出来なくなってしまいました。
その代わりに登場したのが雷除けのお守りだったようです。

また、日本では「赤」は「魔除け」の色と言われ、これから起こる災いから身を守ってくれると言われています。

「赤い実」を付けるほおずきを、この機会に「魔除け」としてお家に飾ってみるのもいいかもしれませんね!

Photo_11

 

🚩良いことその3
~浅草店は、ほおずき市から徒歩10メートル!?~

なんと浅草店は、ほおずき市からたったの徒歩約10メートルに位置しています!👣

Photo_7

嬉しいことに、ほおずき市では縁日の屋台もたくさん並んでいます!
お守りを買って、ほおずきを買って、屋台のたこ焼きでも食べて...

そして最後には、ぜひとも浅草店にお立ち寄りください!
いいえ!最後と言わず、最初にお立ち寄りください!!

1_18

↑ 店内はこんな感じです✊✨
みな様のご来店をお待ちしております。

▼ほおずき市について知りたい方はこちら▼
http://www.senso-ji.jp/annual_event/13.html

 

~おまけ~
6月29日(土)、6月30日(日)は、「お富士さんの植木市」があります。

浅草寺の裏手(観音裏)の「柳通り」がメイン会場です。
いろいろな種類の鉢植えがあって面白いので、こちらも覗いてみてはいかがでしょうか?

Photo_19

ところで、なぜ「お富士さん」と呼ばれているのですかね??

▼「お富士さんの植木市」について知りたい方はこちら▼
http://www.city.taito.lg.jp/index/event/kanko/ohujisannouekiichi.html

Photo_21

ちなみに最後の写真は、毎夏に浅草店に飾る、釣り忍でお世話になっている釣り忍屋
さんです!

1年に1度お会いするだけなのですが、毎年うかがっているのですっかり顔見知りに
なってしまいました。

釣り忍屋さんは昔はもっとたくさんあったようなのですが、植木市に出店しているのは
もうここが最後の一件なので、ぜひ覗いてみてください!👀

Photo_18

▼【第二弾開催中!】 お好きな柄でお作りします
Y201906_bn2-1

▼【特別企画/完全数量限定】 大関春子と一番弟子たちが塗る浮世絵文庫革 
201906_uk_bn_pc


▼【今年もやってきました】涼やかな夏の装いに♪
Sensucate_bnr450_1

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner



| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

【夏柄をご紹介VOL.3】朝顔・水ふうせんの見どころ

文庫屋「大関」ネットショップの浅間です。


先日の夏の新柄、<波残り(なごり)><貝がらの夢>はいかがでしたか?
ご想像通りでしたでしょうか。

今日は、新作2柄と共に再登場する去年の夏柄、
朝顔水ふうせんにグググッ💨と迫ってみたいと思います。

 

Img

日本の夏の代表的なモチーフの一つである朝顔

Aagao750

子供の頃毎年のように種まきをし、観察日記をつけたご記憶がある方も多いのでは。
朝は花が咲いているのに日が暮れるとしぼんでいて、
子供ながらに不思議👀に思ったものです。


文庫屋「大関」の朝顔は、夏のお日様に向かって
パァッと元気に花開いている様子が描かれています

01_1

まあるくてぷっくり
コロコロッとしたシルエットが可愛らしい朝顔は、何ともユニーク🎵

Osara_asagao

彩色は全部で7色使って塗っています。
鮮やかなが目に飛び込んできますね。


ピンク、色とりどりの朝顔の中に
ちょっぴり変わった雰囲気のものが

Sabi1

錆(さび)細かなテクスチャを表現しているのが良いアクセントに。

Sabi2

どこか和紙のような凸凹の風合いが趣あり、ですね⤴


この淡い濃淡はすべて職人が1つ1つ指で
真菰(まこも)の粉を拭い、表現したもの(!) 

03_1

とても繊細な作業で、

ほーーっ💨

と思わずため息ものです。

 

 

この朝顔柄、実は色々なモノに見える!と社内で話題の高い柄。


ある人は、「みたい!」

ある人は、「和菓子練り切りみたい!」

ある人は、「スカシカシパンみたい!」*


・・・と何かと話題です(笑)。


*スカシカシパン=ウニの一種
Sukashi
個人的には可愛らしくて好みデス^O^


Asagao

よくある和柄の朝顔とは一味違う、
風流だけどポップな印象もある文庫屋「大関」の朝顔

ぜひ、和装だけでなく、カジュアルにも合わせてお楽しみください


▼朝顔柄ページはこちら
https://www.oozeki-shop.com/product-group/276

 


もう1つは、水ふうせん

Mizufusen750

夏祭りの定番、水ふうせんを一面に描いた柄は
元気なカラーリングがポイント💡

Mizufusen

お祭りに行くと、


「どの色にしようかな?どの柄にしようかな?」


と迷いながら、お気に入りの1つに狙いを定めてエイヤッ!とすくったなぁ。。

あの、何とも言えないワクワク感を思い出します⤴

Osara_mizufusen  


色は全部で9色
パキッとしたがアクセントになっていますね!


👀見てください、ココ

Minamo1

この水面!

Minamo2

淡いブルーの彩色と錆(さび)が、
何とも繊細で儚げな雰囲気を醸し出していると思いませんか?


これまた、職人が1つ1つ、手作業で微妙なニュアンスを表現しているのです❗❗

ほ、ほぉーーーっ


彩色ももちろんなのですが、
ぜひぜひ、【錆(さび)】の絶妙な仕事もじーっくり👀見てみてください。
錆の濃淡、陰影が文庫革に一段と味わい深さを出しています。


もう一つの見どころがココ

Omote

Ura

水ふうせん柄は、商品の表面と裏面で柄の出方が違うのです❗

一度で二度おいしい!?ですよね。


涼し気な水面にキラリ✨と光る星が

Star

ここも見どころの一つ
どこに隠れているか探すのも楽しいですよ。

▼水ふうせん柄
https://www.oozeki-shop.com/product-group/277

All



今年の夏柄は、今回ご紹介した

朝顔
水ふうせん

に加え、


新作の

波残り(なごり)
貝がらの夢

4ご用意しています✨



夏柄の先行公開は、

来る6月27日(木)のお昼12時~です❗❗

もうしばらくお待ちください🎵



<おまけ>

向島工房の外にある花壇には、今年も元気に朝顔が伸びてきていますよ

Asagao1_2

毎年検品室のU津さんがどこからか持ってくる、とーっても珍しい品種の朝顔。
葉っぱの色が面白いものも。

Asagao2_3

型押し職人のT中さんがせっせ💨とお世話しています。

今年はどんな色の花が咲くのか、今から楽しみ♪

▼向島工房の朝顔日記の過去ログはこちら
http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-c816.html



今年の枝豆もグングン育っていました!

Edamame1_1

その名も、

Edamame2

『湯あがり娘』❤

Ojigi

撮影の合間にオジギソウをちょんちょん触ってにんまり。
癒されました~






▼【特別企画/完全数量限定】 大関春子と一番弟子たちが塗る浮世絵文庫革 
201906_uk_bn_pc

▼【大好評受付中!】 お好きな柄でお作りします
Y201907_bn

▼【今年もやってきました】涼やかな夏の装いに♪
Sensucate_bnr450_1

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

【夏柄をご紹介VOL.2】今年の新柄、魅力はココ!

文庫屋「大関」ネットショップの浅間です。

いよいよこの日がやってまいりました💨💨

今日は今年の夏柄をたーーっぷりとご紹介していきますよ✨

今年の新作夏柄は2柄


1つ目は、こちら

Nagori


その名も波残り(なごり)


物事が過ぎ去った後でも、なおその気配や影響が残っていることを表す言葉として
「名残り」という言葉をよく使いますが、
この【波残り】から来ているのだそうな。

ほぉ~っ👀


Nagori01


長年、文庫屋「大関」をご愛顧いただいている方ならもうお気づきかもしれませんが、
実はこの柄、もう廃盤になってしまった<さざ波>という柄と
同じ版を使っているんです❗❗

Sazanami


うむ、確かに同じ柄ですね👀❗


今回、カラーリング&ネーミング新たに
波残り(なごり) として生まれ変わりました✨


打ち寄せては消えていく波。

ザザーッと波が去った砂浜に薄っすらと残る波の跡👣

Nami


誰もいない静かな海の波打ち際で、一人物思いにふける・・・

そんな情景が目に浮かびます。


波残りは、その儚い様を淡い色合いで表現しています。

04

シンメトリーに描かれた波の様子と、
互い違いに彩色された淡いピンクが何とも涼し気な絵柄に。
色のコントラストも面白い⤴


よーく見ると👀

05

実は淡~いグレーで塗られている箇所もあるのです🎵

3色とシンプルな色使いの波残りですが、
これがあることで全体が程よく調和して、深みが出ていますね。

ぼかしの技術も効いています✨

06

暑い夏に涼しい色合いの波残り
浴衣にも抜群にマッチしそう
発色の良い青のおかげでカジュアルにも持ちやすいですよ。

 


そして、2柄目はこちら

Kaigara


貝がらの夢です。


広ーい広ーい海の中で、様々な生き物たちが
思い思いの色や形で個性をアピールしているよう

彩色は、色とりどりの絵の具で元気な印象に仕上げています。

13_5

「海の中でお祭りでもあるのかしら?」

と思わず思ってしまいそうなくらい、
見ていて楽しい絵柄


「貝がら」という柄名ですが、
実は海の生物を連想させる模様がチラホラあるのも見どころの一つ。


あ!ここはみたい!

07


あ!!ここはカニ・・?

08


あ!!!ここはワカメ昆布?!

09


海の生物以外の、ハートのモチーフ使いも面白いポイントです

10_2
   

所々にプツプツとした水玉のようにも見える箇所が

11_7

これは「梨地(なしじ)*」と呼ばれる技法を使い、錆で表現しているのです。
見応えたっぷりですよ💨

*梨地=梨の皮のような細かい凹凸感を出した仕上げ方

▼詳しくは過去ブログをどうぞ
http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-c816-1.html


やや!こんな所にお魚さんがッ

12_6

あら、かわい

とても遊び心のある柄なので、
ぜひ、じっくり「隠れモチーフ探し」をしてみてください🎶

 

今回の夏柄も職人たちが手作業✋で、1枚ずつ丁寧に仕上げています。

Kataoshi

彩色も🎨

Saishiki_1

錆入れもこうして、1枚1枚、で✋

Sabi

錆入れの真菰(まこも)の粉も手ではらっているんですよ。
その繊細な仕事を、ぜひ、じーっくり味わってください⤴


夏柄の先行公開は、

来る6月27日(木)のお昼12時~です❗❗

次回は<波残り><貝がらの夢>と一緒に登場する、
【朝顔】【水ふうせん】の魅力にグググッと迫ってまいります💨

お楽しみに🎵

 

▼【特別企画/完全数量限定】 大関春子と一番弟子たちが塗る浮世絵文庫革 
201906_uk_bn_pc

▼【大好評受付中!】 お好きな柄でお作りします
Y201907_bn

▼【今年もやってきました】涼やかな夏の装いに♪
Sensucate_bnr450_1

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

スタッフの私物をご紹介〜カード収納に役立つアイテム〜

 銀座店の春原です。

今、お店にベニバナを飾っているのですが、、、

Img_0703

薄水色の花瓶にオレンジのベニバナが可愛くて💕「鞠芽ってこんなに涼し気な柄だったのね」と80種類以上の柄に囲まれていると毎日発見があります。

▼鞠芽ページ
https://www.oozeki-shop.com/product-group/157

余談はこのくらいにして本日の本題、スタッフTさんとFさんの私物をご紹介いたします!

まずは、パスカードホルダー!

Img_0688_1

パスカードホルダー/雁(赤)

こちら、販売統括であるTさんがお使いになられているものです。

主に名刺入れとして使っているそうなのですが、使いやすすぎて他にも3個くらい持っていらっしゃる(!!)とのこと。

使いやすいポイントは、見た目以上にたくさん入るところで、普通の厚みの名刺だったら40枚くらい
ポケットごとに入れるものを分けているそうです。


Img_0639

見慣れないポケットの形ですが、このように奥に名刺のストックを、手前に数枚を挟んでおくことによって、たくさん入れつつも名刺交換のときにスムーズに取り出せる、とのこと。

そしてこちらが、実際に入っていた名刺類を取り出したところです。本当にたくさん入る!

Img_0643

なぜこんなにたくさん入れることができるかというと、

「革の伸びる特性」+「通常の名刺よりも一回り大きいサイズのポケット」=平らな形でも膨らんでたくさん入る 

という設計だからなんです。

Img_0690

左が何も入れていない新品の状態の物です。うん、膨らんでます!

実用性もさることながら、名刺交換の時に話題になると評判のこのアイテム。
もちろんパスケース(定期券入れ)としても使えるので、1つ持っておいて損はない、プレゼントにもオススメのアイテムです。

▼パスカードホルダー
https://www.oozeki-shop.com/product-list/20

▼動画
https://youtu.be/xNL4V5JaRtY

続きまして、こちらはFさんのカードケースです。

Img_4486

カードケース/壺(小)レトロ
(※壺(大)、壺(小) は、現在製作することができない柄となっております。)

Fさんによると、このアイテムのお気に入りポイントは、1つのポケットに2~3枚と複数枚カードを入れることができるので、種類分けもできるところ だそうです。

1ポケットに1枚とは限らないんですね。そうすると、30~40枚くらいは入ることになります!

Img_4487

こうして見ると、普段持ち歩かないカードをしまっておくのにも、いざ使いたい時にすぐ探せて便利そうです。

こちらのカードケース、先ほどパスカードホルダーをご紹介していただいたTさんもお持ちです。

Img_0683

カードケース/矢鱈縞

そしてこちらが、実際中に入っていたカードを出して並べてみたところ。ファスナーテープの幅に近い厚みまで入っていました。


Img_0662_1

先ほどご紹介したFさんと同じく1つのポケットに2〜3枚入れていらっしゃいましたよ。

Img_0697

実は、はじっこの方にはクレジットカードサイズより大きいポケットがあるんです、とTさん。
1カ所はマチ付きになっていて収納力抜群です。

あとは、ポケットが綿生地でできているところが使いやすいそう。カードの滑りがいいので、取り出しやすい、とのことです!

ついつい増えてしまいがちなカードを別で収納することによって、お財布の傷みを早める原因の一つ、「物の入れすぎ」を回避するのにぴったりのアイテム。隠れた名品とも言えそうです。


▼カードケース
https://www.oozeki-shop.com/product-list/21

毎日文庫革に触れているスタッフの私物のご紹介、いかがでしたでしょうか。

少しでも皆様の文庫革選びの参考になると嬉しいです!

<浮世絵柄のサンプルを展示中>

Img_0720

銀座店では、現在大好評 ✨開催中の 「浮世絵柄」束入れ のサンプルを展示中です。
金閣寺、清水寺もカウンターの奥の棚に飾っておりますので、ご覧になられたい方はスタッフにお声掛けください!!
ご注文は店舗でも承っております。数量限定ですので、ご希望の方はお早めのご注文をオススメ致します! 

文庫屋「大関」銀座店
03-6264-4100
営業時間:11:00~19:00
定休日:なし

▼「浮世絵柄の予約会」詳細はコチラから

201906_uk_bn_pc
https://www.oozeki-shop.com/product-list/214

かなりレアな浮世絵柄の予約会。
創業者の大関卯三郎が残した、懐かしい日本の景色の数々。
大関春子師匠とその一番弟子達が彩色を施し、命を吹き込みます。

この機会をお見逃しなく!

---------------------------------------------------------------------

注意
浮世絵柄予約会のオーダーは浅草店・銀座店・ネットショップで可能ですが、数量限定となります。

また、実物は銀座店にしかございません
実物を見てオーダーを決めたい方は、是非銀座店にお越しください。
銀座店はお休みがないのでいつでもご来店おまちしております!

---------------------------------------------------------------------

 

▼【残り僅か!】 お好きな柄でお作りします 
Y201907_bn

▼【今年もやってきました】涼やかな夏の装いに♪
Sensucate_bnr450_1

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner

 



 

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

特別企画!浮世絵柄の予約会は本日、6月10日(月)夜6時から!

文庫屋「大関」ネットショップの松本です。

関東は梅雨入りでなんだかしっとり…
そんな中、特別企画の『浮世絵柄の予約会』がいよいよ、はじまります!

Ukiyoe01

大関春子師匠と、その一番弟子が描く浮世絵柄。
過去海外に輸出していた浮世絵柄は、戦前につくられた希少な版を使用しています。

Han

浮世絵柄は彩色の難易度が非常に高く、去年までは大関春子師匠ただ1人しか彩色することができませんでしたが…
今年は大関春子師匠から技術を継承した一番弟子2人が彩色をできるようになりました👀
(写真は大関春子師匠です。今回の予約会についてお話したところ、浮世絵柄の彩色を楽しみにしてますとの事でした💕)

Saishiki

その為、ひと月に彩色できる枚数が少し増えたので
今回だけ特別企画として数量限定で予約会を開催することができました!
この稀有な機会をお見逃しなく。

さて気になる浮世絵柄のラインナップですが、
今回は7柄
一つずつ、浮世絵に描かれた美しい日本の風景をご紹介します。



【荒井宿】

Araijyuku1

荒井宿は、東海道五十三次の中の31番目の宿場です。
今の静岡県湖西市、浜名湖の湖面の風景です。
舞坂の今切の渡しから荒井へ向かう船⛵がたくさん見えますね。
向こう岸にはちいさーく関所が!

風をうけて波打つ美しい湖面に、文庫革の肝である錆入れの繊細さ✨があわさって美しいですね…!

Araijyuku2

左にいる気持ちよさそうにあくびをしてるおじさんが可愛い💕
湖面の上はさぞかし心地よい陽気☀なんだろうと想像がふくらみます。

 

【吉原】 

Yosiwara1

東海道五十三次の14番目の宿場である『吉原』
現在の静岡県富士市にあたります。
江戸から京都へ向かうと、富士山は常に右側に見えるのですが
この地点だけは大きく北へ迂回をする為、左側に富士山が見えます👀
その為『左富士』と名づけられた名所🔍になりました!

馬上の子供たちがしげしげと左富士の眺めているところから、
本当に珍しい風景👀だったことがわかりますね。




【御殿山】

Gotenyama1

満開の桜 と、美しい富士の組み合わせを楽しんでいる様子が描かれています。
金の扇子をもった優雅なお姫様が、さらに華やかさをプラスしています。
こちらは現在の品川区にあたるそうです。
当時は600本に及ぶ桜 が美しく咲く名所だったそうですよ!

Gotenyama2_2

桜にもまけない、この綺麗なお姫様✨
優雅な着物と美しい立ち振る舞い。周りの人たちが見とれてしまう💋のもわかりますね。



【待乳山】

Mattchiyama1

なんて読むのかしら?とよく聞かれるこの柄。
『まつちやま』『まっちやま』どちらでも大丈夫です。
手前はなんと文庫屋大関の本社がある向島❗
真ん中の大きな川は墨田川です!向こう岸の賑わっている町は浅草🎶

今の墨田川も遊覧船でにぎわっていますが、この時代の船も風情を感じてとてもいいですね。




【三条大橋】

Sanjyouoohashi1

約500キロの東海道の旅路もいよいよ終わり。
賀茂川に掛かる三条大橋が描かれています
三条大橋を行き来する人々の多さに、京の繁華を感じます✨
雄大な比叡山も見どころ🔍の一つです。

Sanjyouoohashi2

沢山の人々が行き交う三条大橋。
賀茂川の雄大な流れを描いた彩色のぼかしは必見です。

 

【金閣寺】
Kinkakuji1

京都の名所、世界遺産である金閣寺。
いつみても美しく、金色に輝く姿✨はもちろん文庫革でもしっかりと再現されています。

てっぺんにしゃっきりと立つ鳳凰。
ちいさく、小指の爪くらいしかないのですがちゃんとシルエットは鳳凰ですね!



【清水寺】

Kiyomizudera1

ことわざで有名な清水寺。
立派な舞台はなんと高さが12mもあるそう!
高い場所からみる東山一帯に広がる満開の桜は、1500本もあるそうです!
京都市内有数の桜の名所として全国に知れ渡っています。

Kiyomizuera2

舞台の骨組みの細かいこと!
この繊細は骨組みにほそーくほそーく彩色を施すその集中力
想像するだけで手がぷるぷるしてしまいます💦

 

この繊細な版と絵画的な高度な彩色をお楽しみいただく為、
浮世絵柄の予約会では予約アイテムを3つに限定しています。

Item

💡束入れ 28,500円(税込)

💡 L字ファスナーのスリム束入れ 29,700円(税込)
※L字ファスナーのスリム束入れは片面のみ文庫革です。

💡 ぐるっとファスナーの長財布 33,500円(税込)

また彩色に技術と手間を要する柄の為、
3アイテム合計で30個のみの数量限定の予約会です。

今回ご紹介した文庫屋「大関」の浮世絵柄、本日6月10日(月)夜6時から予約会が始まります!

201906_uk_bn_pc
https://www.oozeki-shop.com/product-list/214

かなりレアな浮世絵柄の予約会。
創業者の大関卯三郎が残した、懐かしい日本の景色の数々。
大関春子師匠とその一番弟子達が彩色を施し、命を吹き込みます。

この機会をお見逃しなく!

---------------------------------------------------------------------

注意
浮世絵柄予約会のオーダーは浅草店・銀座店・ネットショップで可能ですが、数量限定となります。

また、実物は銀座店にしかございません
実物を見てオーダーを決めたい方は、是非銀座店にお越しください。
銀座店はお休みがないのでいつでもご来店おまちしております!

---------------------------------------------------------------------

 

▼【残り僅か!】 お好きな柄でお作りします 
Y201907_bn

▼【今年もやってきました】涼やかな夏の装いに♪
Sensucate_bnr450_1

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

【夏柄をご紹介VOL.1】新登場はどんな柄?

文庫屋「大関」ネットショップの浅間です。

毎日のように半袖を着るようになり、
夏っぽくなってまいりました⤴


さて、先日のブログでちらりとお話ししましたが、
文庫屋「大関」では


今年も 夏柄 やりますよ❗❗


昨年初めてご紹介した夏柄。
どんな柄だったか、覚えていますか?

今日は、昨年の夏柄のおさらいを少ーし。。。


Asamizu_1


そうです!

夏にぴったりの朝顔水ふうせんです🎵


Aagao750


朝顔というと、「薄い花びら」「線が細い」という印象がありますが、
文庫屋「大関」の朝顔は、ちょっぴり風変わり。


Asagao1


伝統的な朝顔の色味でも、お饅頭のような、まあるいシルエット
どこかポップな印象に仕上げてくれていますよね。


Asagao2_1


▼朝顔柄ページはこちら
https://www.oozeki-shop.com/product-group/276

 


もう1つの水ふうせんは、


Mizufusen750


色とりどりのプカプカ浮かぶ水ふうせんが可愛らしい、涼やかな柄。


Mizufusen1


所狭しと浮かぶ水ふうせんを見ていると、楽しかった夏祭りを思い出します。
たくさん色を使っているので、見ていて楽しい

Mizufusen2_1


▼水ふうせん柄ページはこちら
https://www.oozeki-shop.com/product-group/277

 

昨年登場したこの2柄、

今年も再登場します(イェーイ!パチパチ)

お楽しみに。

 

でもでも、やーっぱり 新柄 も気になりますよね。


・・・ですよね??


先日のブログでお伝えした令和お初の夏柄

Mtg_1
※先日のミーティングでの一コマ。
色々なアイテムの型を当ててみて、商品化された時をイメージしながら色などを決めていきます。


今日はこのブログをご覧の方へ、
一足お先に「型押しの版」「彩色のお皿」をどーんとお見せしちゃいます❗

 

じゃんっ👀👀👀
Shingara1
こちらは今回登場する新しい夏柄の版。


「あれ?この感じ、どこかで見たことあるような。。」
と思われた方、



す、するどい・・・💦💦

実はこの柄は、文庫屋「大関」の古典柄の一つ

今年の夏は、あの渋ーい柄が、
イメージも新たに涼やかな色で生まれ変わる予定です💡
Shingara1_sara_1
こちらは、その絵の具皿。
色数は少ないですが、お皿を見るだけでも
なんだかな感じがしますね~

どんな仕上がりかは乞うご期待ください💨💨



これだけではありませんよ💥

さらに、もう1柄あるのです❗❗❗


Shingara2


おぉ!

なんか、細かいぞ。
モリモリしている感じがします。


Shingara2_sara_1


彩色も先ほどの柄とは対照的な色合いですねぇ。
なんだかお皿の数も多い。
な予感・・?


どんな柄か気になりますね~ワクワク💕


今日はここまで!でございます。


次回の浅間ブログでは、
いよいよ今年の夏柄の全貌が明らかに・・・!

乞うご期待ください

 

 

▼【間もなく受付スタート!】 お好きな柄でお作りします
Y201907_bn

▼【今年もやってきました】涼やかな夏の装いに♪
Sensucate_bnr450_1

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

L長Lミニの予約会、先行公開中!

文庫屋「大関」 ネットショップ の松本です。

本日より先行公開された、6月7日(金)夜6時から始まる、今月の予約会
アイテムは…こちらの2アイテム❗

1_17

 

【L字ファスナーの小さなお財布】

前回の予約会ではあっという間に予約が埋まってしまいました💦
お客様からのラブコール💕におこたえして、予約会に再登場です!

【L字ファスナーの長財布】

長財布なのに収納すっきり🎵
かさばらなくて使いやすい長財布をお探しのお客様にオススメです✨

サイズ違いの、まるで親子みたいな2アイテム💓

どこが違うのか、徹底検証です!
ここからはL字ファスナーの小さなお財布LミニL字ファスナーの長財布L長と書いて解説します。

 

①外のサイズ、どのぐらい違うの?

 

Lミニ高さが10cm幅11.5cm厚みは2.3cm

 

4_9

 

L長高さが10cm幅20cm厚みは2.1cm

 

5_6

高さは同じ、幅はだいたい2倍ぐらい違います。厚みは2㎜ほど差がでますがほとんど一緒ですね。

 

6_6

 

両方手に持ってみました。
Lミニは、手がちいさい私でもしっくり✨
L長
すっきりした厚みなので持ちやすいです♪

手の大きさは人それぞれですが、手が小さいから小さなお財布が好き💕というお客様はLミニいいですよ!

 

②中身ってどのくらいはいるの?

お財布をご購入する上で大事なのがどのくらい入るのか?ですよね。
入れる場所にわけて、説明します🔍

 

●小銭入れ

7_4

他のアイテムにない特徴として、小銭がすぐでる、オープンタイプの小銭入れがついています。
お財布のファスナーを閉めて、ふりふりしても財布の中で小銭が飛び出すことはありません。

わかりやすく動画🎥で説明してますので是非見てみてくださいね🎶

 

Lミニは小銭が約20~30枚

9_7

たくさん入れると下のほうの小銭がうまってしまうので小銭をよく使っていくお客様向けです。

 

L長は小銭が約40枚入ります。

8_6

小銭をたくさんお持ちのお客様は、【L長】が収納しやすくて探しやすいですねっ👀🔍

 

 

●お札収納

Lミニお札を2つに折って収納します。

10_1

 

L長お札をまっすぐのまま収納できます!

11_6

とにかくコンパクトさを追求したいお客様は【Lミニ】
お札を折りたくない派のお客様、スムーズ重視のお客様は【L長】ですね♪

 

 

●カードポケット

Lミニカードポケットが3個ついています。
必要最低限のカードをスマートに持ちあるけます。

12_5

 

L長はなんと12個のカードポケットが!
お財布の中を見渡しやすいので、使うカードがたくさんあるお客様向けです。

13_4

カードをたくさんお持ちのお客様【L長】がオススメです♪

 

 

●フリーポケット+α

Lミニの最大の特徴!
他のお財布にはない【横入れフリーポケット】【あおりポケット】そして【取り外し自由なチェーン】がついてきます!

右側カードをまとめて入れるのにおすすめ!横入れのフリーポケットが。
あおりポケットは、すっとスムーズな出し入れが可能なので、快適な使い心地!

18_2

そしていままでなかった【取り外し自由なチェーン】鍵などをくっつけておける優れもの。
お財布と鍵をセットでもっていれば、これひとつでお出かけもばっちりです★

 

L長は左右にながーい【フリーポケット】が2つもついてます!

19

商品券やレシートも楽々収納可能。

カードポケットが足りないというお客様はこの大きなフリーポケットもカード入れに使えます
くれぐれも入れすぎて表の文庫革がぽっこりしないようにバランスよく、入れてくださいね✨

どちらもそれぞれ、いいところがある2アイテム♪
メイン財布と、サブ財布で一つずつ買っちゃう💓のもありですね!

Y201907_bn

https://www.oozeki-shop.com/product-list/211
そんな【L字ファスナーの小さなお財布&長財布】の予約会は6月7日(金)夜6時から

ファンが多い魅力たっぷりのお財布たち、ご予約お待ちしています。


▼【今年もやってきました】涼やかな夏の装いに♪
Sensucate_bnr450_1

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

お客様の文庫革~あの頃は・・・~

銀座店の春原です。

本日は、お客様がお持ちのちょっと珍しい文庫革をご紹介したいと思います❗

まずは、今が時期の「あやめ」柄のがま口です。

Img_4433

こちらは、浅草店にご夫婦でお越しいただいたA様がお持ちの文庫革です。
昭和48年、今から45年程前(!)に 奥様がご主人とのご結婚が決まられた際に義理のお母様にいただいたそうで、「もったいなくて使えない」とずっとしまわれていたんだそうです。

状態が綺麗なのもさることながら、今の「あやめ」と比較すると、彩色に鮮やかな色が使われていてとっても華やかな雰囲気ですね。
そして、版も今のものとは違いまして、お花は5つ描かれています。(今のものは3つ水辺に咲いている様 を表現している涼し気な仕上がりです)

Img_0622


▼今の「あやめ」商品ページ
https://www.oozeki-shop.com/product-group/173

そしてそして、形も今はお作りしていないものなので益々レア度が高い! 
こちらが昔の「あやめ」の版です。

Img_4465_1

手彫りの金属製で、凹凸に抑揚がありますね。
こちら、裏返してみると彫りかけの図案が。。。

Img_4469

鳥らしきもののシルエットが見えます。
彩色職人の大関さんによると、昔は金属がとても貴重だったので「裏も使えたら。。。」と試しに彫ってみたとか。
こちらの柄は結局、別の金属できちんとした版にしたようですよ!


続きまして、T様の文庫革です。

Img_0597

文庫屋「大関」の柄をよくご存じの方は「おや?この柄は?」と思われるかもしれません。
こちらは、先日お客様が銀座店に修理のご相談でお持ち込みされた「木版蝶(もくばんちょう)」という柄のお財布です。
30年くらい前(!!)に、親戚の方からいただいたというお品物だそうです。

こちらが型押し用の版です。

Img_0608   

木版蝶は、その名の通り「木製」の版で型押ししていたもので、現在は製作していない柄です。
年季が入った版ですね~。社長いわく、「今にも割れそうな状態」とのこと。

他にも工房で保管している木版があります。

Img_4446

彫刻専門の彫師さんによる手彫りならではの迫力、そして道具としての美しさを感じます。

今工房に残っている木版はほとんどが戦前のものだそうです。
当時、金属は簡単には手に入らない貴重なものした。その時期を木製のもので乗り切っていた、とのこと。昔の方々の工夫と努力がこんなところからもうかがえますね。

話は戻りますが、今回、T様のご希望の修理は、「劣化してしまった内装をきれいにして使えるようにしたい」という内容でした。

 工房の職人にお財布を届けて判断してもらったところ・・・残念なことにT様のご希望の修理はできないという結果になってしまいました。

その理由としては、製造してからかなりの年数が経ってしまっていること、当時の革が「タンニン鞣し」であったことに関係しています。

※「鞣し(なめし)」とは、 そのままにしておくと腐ったり硬くなってしまう動物の「皮」を、服や鞄に仕立てるための素材=「革」に変化させること。
※タンニン鞣しとは、鞣剤に植物由来の成分(タンニン)を使用しており、伸縮性が小さく、堅牢な仕上がりが特徴。

Img_0602

現在、文庫屋「大関」では文庫革に自社開発の「混合鞣し」の革を使用しているのですが、こちらの「木版蝶」のお財布を作っていた当時は、「タンニン鞣し」の革を使用していました。

タンニン鞣しの革は硬くて丈夫であるがゆえ、縫製後年数が経ってからステッチをほどいたときに、革の表皮がパリパリと剥がれてきてしまう危険があるそうです。

そのため、今回は「文庫革破損のおそれあり」、ということでそのままお返しすることになりました。

文庫屋「大関」におけるお修理については、下記ページを参考にしてください。

▼修理について
https://www.oozeki-shop.com/page/154

今回、貴重なお品物を見せていただき、又ブログへの掲載を許可してくださいましたA様、T様、本当にありがとうございました!

お客様の文庫革、まだまだ大募集中です。
自慢のお品を持って、涼みがてらお店に遊びにいらしてください☆お待ちしております。

<おまけ>

Img_0626

銀座店ウィンドウディスプレイには、昨日からヤマボウシとリョウブを飾っています。
初夏の爽やかな緑が銀座の街に映えます✨


 

▼【間もなく終了!】 お好きな柄でお作りします
https://www.oozeki-shop.com/product-list/205

201905_bn

▼【今年もやってきました】涼やかな夏の装いに♪
Sensucate_bnr450_1

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner







| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

5月の予約会、間もなく終了します!

文庫屋「大関」ネットショップの浅間です。


気が付けば5月も間もなく終わり。
文庫屋「大関」の今月の予約会も大詰めを迎えております💨💨

現在開催中のがま口ハンドルクラッチの予約会は、
いよいよ来週6月2日(日)夜11時で終了いたします❗

Main

▼間もなく終了します!
https://www.oozeki-shop.com/product-list/205
201905_bn

 

・・・と、ここで恒例の人気ランキング、いってみましょー^O^🎵


今回のがま口ハンドルクラッチのご予約数人気ランキング、

3は・・・


Rangiku

90周年の記念柄として登場してから和柄の定番になりつつある、
乱菊<赤紫>です!

華やかな大輪の菊がとってもエレガントで洗練されたイメージの乱菊。
和装にもぴったりなデザインで、根強い人気を誇る柄です。

 

続いて、2は・・・


Purple

こちらも昨年新登場してから大反響をいただいている、
みつばち<限定パープル>

パァッと華やかな色合いと、すみれを連想するパープルが可愛らしいカラーリング🎵

がま口ハンドルクラッチになることで、どこかクラシカルな印象になるのもポイントです。


栄えある1は・・・


Kintapi

なんと!

金唐シリーズの黄金のタピです。


今回は黄金のタピがダントツの1位❗❗

宝石のような美しい配色と、どこかエキゾチックな雰囲気が魅力たっぷりの黄金のタピ。
中央と両サイドの柄が大きく違う印象のタピ柄を存分に楽しめるのは、
がま口ハンドルクラッチならでは。

タピがお好みの方なら、1つは持っていたいアイテムです💕


他にも、ロカイユ<ペールカーキ>夢幻のタピなども多数ご予約をいただいています。

ぜひ、お好みの1点を⤴

▼間もなく終了します!
https://www.oozeki-shop.com/product-list/205
201905_bn

 


こちらのがま口ハンドルクラッチですが、

「どんな風に持てばいいかしら?」と時々お問合せをいただきます。

そんな時は「和装にも洋装にも思い思いに使ってみてください!」と
お伝えするのですが、やっぱり使いやすいと思われるのは、
パーティーシーンや、お着物を着たり、ちょっと特別な時に使うというものですよね。

でもでも、「それじゃもったいないなー・・・」という方(私もその派です(笑))
ぜひ、普段着に合わせてみてください🎀

例えばこんな風にワンピースに合わせてみたり

Onepeace

クラシカルでおしゃれ⤴


ハンドル部分にお手持ちのスカーフやハンカチなどをくるくるっと巻いて
こんな風にアレンジしてみるのはいかがでしょう

Skirf

オリジナリティがあってイイですよね💡
柄に合わせてアレンジできるのも素敵。カジュアルにも
お気に入りのスカーフなら気分もダブルでUPしそうです


あえてハンドル部分を取って、小脇に抱えるコーデもgood

Cordinate

いつもの着こなしにプラスαで、コーディネートの幅が広がりますね✨

 

文庫屋「大関」のがま口ハンドルクラッチをご利用いただいているお客様の中には、
小バッグのようにしてお使い以外にも、
バッグインバッグとしてお使いの方、
サブバッグとしてメインバッグにかけていらっしゃる方、

Sabbag

貴重品をまとめて入れて「大きなお財布」のようにして
ご利用いただいているという方(!)も。


Wallet

(↑こんな感じでしょうか。。)


あなたはどんな風にお使いになりますか⤴

普段着に合わせやすそうな柄をお選びいただくのも、
クラッチを最大限にお楽しみいただけるポイントかもしれません。


今日お伝えしたがま口ハンドルクラッチの予約会は、
6月2日夜11時受付終了となります❗

Image

リボンもやっぱりかわゆい❤

文庫革をたーっぷり楽しめるクラッチ、
もちろんお好みの柄でお作りしますよ🎵

あと少しで受付終了ですので、お見逃しなく~~

 

 

▼【間もなく終了!】 お好きな柄でお作りします
https://www.oozeki-shop.com/product-list/205

201905_bn

▼【今年もやってきました】涼やかな夏の装いに♪
Sensucate_bnr450_1

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

工房へ潜入!文庫革が生まれる現場を紹介します!

ネットショップの松本です。
今回は皆さまにお届けしている文庫革を日々作っている、工房の様子をお伝えします。

外の作業は季節ごとに気温と戦い💧👊、建物の中では湿度と温度管理に気を使い💦
日々、美しい文庫革を作っている彩色職人さんの現場を探索してきました🔍

彩色職人の仕事は、色を塗るだけ🎨ではなく、それ以外にも沢山仕事があるんです。

仕事のひとつ、文庫革の肝となる錆入れ(さびいれ)と仕上げの現場にレッツゴー💨

1_15


『錆入れ』とは、真菰(まこも) で錆(さび)で古美を付ける作業です。※古美とは、新しくても古めかしい風合いをだす事を文庫屋大関ではさしています。

上の写真は錆を付けるときに使う『真菰 (まこも)』

食用のマコモダケをご存じでしょうか?食べると、甘くてシャキシャキでおいしいそうですよ💓

『錆入れ』 は長い時間を掛けて試行錯誤し、文庫屋「大関」だけの技法をずっと守り、続けている工程です。
『錆入れ』に使う漆を入れている容器も、長い間大切に使われていた事を感じます。

2_8

漆は、高い湿度で固まる不思議な性質✨をもっています。

3_6

塗ったときの漆の重みなども、些細に感じ取って職人は配合を常に変えています。
取材の時も各作業の職人さん同士、コミュニケーションをとりながら細かい調節をおこなってました。
素晴らしいチームワークです!

4_7

新人さんが錆入れで最初にやる作業が、塗った漆をしっかりふき取る事
我々販売部も、工房研修でこの作業をさせてもらうのですが、全員筋肉痛になります。
職人さんの腕はさぞムキムキ💥なんでしょう…今度触らせてもらおうと思います💋

そしていよいよ文庫革の肝、錆(さび)を入れます!

15_3

ひえー早すぎてあっというま…❗

たくさんの文庫革を作っていくので、ベテランの職人さんの作業はとてもスピーディ💨

そして錆入れしたての文庫革はこちら!私も大好き、夢幻のタピです!

5_4

真菰の粉がのっているのでちょっと粉っぽさがありますね。

8_4

これを丁寧に一枚一枚、指と手のひらを使いわけて手作業で余分な粉を落としていきます。

9_5

錆が足りない部分は、粉を付け足して指先でぽんぽん。

優しいタッチに文庫革への愛情を感じます💕

そうして錆を落とした文庫革がこちらです!

7_3

真菰がはいった溝の部分がすっきりシャープ❗になっている事がわかるでしょうか?

14_3

最終的に錆の様子や革の様子をチェックしたあと、

お客様に安心して使っていただけるように、透明なコーティングをしていきます。

16

このコーティングをする部屋、冬は極寒⛄💦夏は猛暑🌀💦の大変な場所なんです。
毎日毎日頑張っていただいている職人さんには脱帽です…👀

13_3

商品になる前の文庫革がずらーっと並ぶ様子は圧巻!

この並んでいる文庫革は底チャック天溝がま口の文庫革です。

お行儀よく並んでる姿がかわいいですね💕

10

このたくさんの作業を経て、やっとお財布に仕立てる為に裁縫職人の元へ文庫革は旅立ちます👜

これからご購入を検討されているお客様も、今お手元に持ってるお客様も
是非職人たちの文庫革にかける情熱と愛情を感じていただければとおもいます。

我々販売部も、負けないぐらい熱意と愛情をもってお客様へ文庫革をお届けしよう!🎁とあらためて思った取材になりました。

以上、工房潜入調査でした!

 

▼【只今ご予約受付中!】 そんな熱い職人達が、お客様のお好きな柄でお作りします!
https://www.oozeki-shop.com/product-list/205
201905_bn

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner

| | コメント (0)

«新柄の予感・・・?