« 梅雨の中 | トップページ | あやかりたい »

2010年6月15日 (火)

文庫屋「大関」の彩色職人たち

しゃちょログ担当田中です。

文庫屋「大関」では、若い人たちの職人的生き方を応援しています。
現在、文庫屋「大関」の彩色工房では、9名の職人見習いが、師匠大関春子のもと
日々修行に励んでおります。

この工房からは、すでに4人の彩色職人が巣立っており、今夏5人目の職人が
巣立ちます。

皆、それぞれのスタイルで自宅で彩色の仕事をこなしています。
年齢も皆30歳代から40歳代で、すべて女性です。既婚者もいれば独身者も
います。工房での修行年数もまちまちです。

皆、頑張って文庫革を支えてくれています。

仕事の業態としては、昔風に言うと「内職」に近いかもしれませんが、今風に言うと
フリーランスの彩色職人ということになります。
彼女たちは・・・頑固でこだわりを持ち、手に職を得ていますが・・・
作務衣を着て仕事はしていません(笑)

がんばれ!今を生きる新しい職人たち!

                                   文庫屋「大関」SHOP TOP へ
                                                                                     当ブログのTOPへ

|

« 梅雨の中 | トップページ | あやかりたい »

しゃちょログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文庫屋「大関」の彩色職人たち:

« 梅雨の中 | トップページ | あやかりたい »