« 好評☆予約受付中! | トップページ | 20000発! »

2010年7月31日 (土)

30年前と今の天溝がま口

しゃちょログ担当田中です。

先日、三越さんの通販誌「定番物語」の取材で文庫屋「大関」の撫子の天溝がま口
を30年前にお買い求めいただいたお母様と、現在の撫子の天溝がま口を「定番物語」
でお買い求めいただきプレゼントされたお嬢様二人に弊社工房をお訪ねいただき
製作の過程をご覧いただき、いろいろとお話をさせていただきました。

詳細は、「定番物語」の記事をお読みいただくとして・・・

Cat_01 100730_182101

その折私が驚いたのは、お母様のがま口が30年前の商品でありながら、お嬢様お二人
がご使用の現在の天溝がま口と遜色ないほど、劣化が見られないことです。
もちろん、へそくり用のお財布として普段使いではない、ということもありますが、
かなり丁寧にお使いいただいたことが伝わる品物でした。

よく見ると30年前のものは、蝶の赤の色も今のものとは少し違いますし、なんと
いっても、お嬢様たちの物は、5年ほど前に新しく作り直した撫子の版(銅版手彫り)
で型押された物です。

同じものを何十年もの間、変えることなく作り続ける。
でも・・・少しずつ時の変化を加える。

まさに、文庫屋「大関」の定番物語です。

|

« 好評☆予約受付中! | トップページ | 20000発! »

しゃちょログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年前と今の天溝がま口:

« 好評☆予約受付中! | トップページ | 20000発! »