« L字ファスナーのスリム束入れ入荷しました | トップページ | 印鑑入れも揃いました♪ »

2016年5月24日 (火)

最近の工房

文庫屋「大関」の櫻井です!
じんわーりと、初夏の訪れを感じる今日この頃・・・


思いがけず、暑い日もあって、少しばかりクーラーをつけはじめました

20160524_155242
ですが!!!
職人達は自分の心地いい温度でお仕事できるわけではないので、
季節の変わり目は、作業に対しての注意点も変わってくるので、試練の時季です


型押し職人の向こうに小さな扇風機があるのですが  
おわかりになりますか???
P5193866

型押しをするときには、絵柄の彫られた銅版を100度近くまで過熱してから革にプレスするそうなんです。

そんな高温だとは、私も今日まで知りませんでした・・・

P5193830
この、作業台の右側に銅版を温めるヒーターがあるので、
常に隣で七輪焼肉を焼かれているような状況です


そんな苦労の末に・・・

くっきり美しいデザインが革に施されます。
(100度の銅版を掴む為、右手は軍手
P5193856
梅雨の時期は革が湿度を含んでしまって
型押しをするときにもジワァッと蒸気が昇るそうです


そして彩色現場

20160524_144721
見えますか??
蜻蛉菊の、蜻蛉の羽を塗っています。  うすーいクリーム色・・・  見えます???
20160524_144750

ここまで寄ってみると、やっと見えます
この大きな革は、ぐるっとファスナーの長財布になるのでしょうか??

気が遠くなるのであまり考えたくないですね・・・
20160524_144821
実は、「室内だから涼しい」現場って、ネットの受注室と浅草店くらいなのです


彩色職人の仕事はこれだけではなくて、これからの時季、「時間と暑さとの戦い」が始まります。

職人を待ち受けている  夏場の重労働”錆びいれ”
P5193170

湿度が高いこれからの季節は、漆の硬化が早まってしまうので
錆びいれの作業をスピーディーにやらないと、真菰の粉が理想的に留まらなくなってしまうんだそうです。

P5193322
ちなみに、販売員の私が実習として錆び入れに参加した真冬・・・
ひたすら腕を動かす作業で、真冬、半袖なのに汗だくでした。



厳冬の頃も、灼熱の夏にも、見えないところで、真菰の茶色い粉が舞う中職人達が
美しい革に仕立てています
P5193501

と、いうことで、エアコンをつければお仕事が頑張れるわけではない

職人達の試練をじわじわと感じる季節になってまいりました~
頑張っていますよー!

8月下旬お届け予定の予約会



☆☆☆☆☆  文庫屋「大関」浅草店  ☆☆☆☆☆
    電話注文はコチラ⇒ 03-6802-8380
     FAX注文はコチラ⇒ 03-6369-4063

        営業時間  10:00~18:00
          定休日    毎週水曜 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

|

« L字ファスナーのスリム束入れ入荷しました | トップページ | 印鑑入れも揃いました♪ »

浅草店日記 since2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の工房:

« L字ファスナーのスリム束入れ入荷しました | トップページ | 印鑑入れも揃いました♪ »