« 深いぃ柄 金唐大花 | トップページ | 夏の作業現場をたっーぷり紹介します♪ »

2017年7月19日 (水)

工房 植物成長日記

文庫屋「大関」の長塚です。

今日は文庫革から少しだけ離れて、
工房で栽培中の植物をはりきってご紹介したいと思います

(「興味ないわ。」と思わず、最後までお付き合いいただけましたら、嬉しいです)

まず、一鉢目は家庭菜園の定番。プチトマト。
こちらは、革の裁断を主に行っている職人が持ってきたものなんです。

1

夏の日差しを浴び、成長していたプチトマト。

赤く色づくまでもう少しかな‥‥?

2
しかし、7/18(火)、ピンチは突然訪れました

空が暗くなってきたなぁっと思っていたら、大粒の雨。
風も強く、ゴロゴロと雷鳴が轟く中、雨粒に交じって降り出したのはなんと

3
↑こちらは、型押しの職人が傘を片手にプチトマトを救出している様子です。

4
道路にぶつかり、弾かれる雨粒と氷。

外に出るのは、危険です。

ですが、こういう悪天候のときってなんだかワクワクしませんか?

5
雨雲が過ぎ去った後、工房の入り口には氷が散らばっていました。
氷がガラスに当たるたび、嫌な音がしていましたが、幸い一枚も割れなかったです。

話が雹へと脱線しましたが、
プチトマトは職人に守られ、今日も夏の日差しを浴び成長中です。

(順調に育ち赤く熟したら、誰かのお腹におさまるのでしょうか?)


そして、もう一鉢。
ブログを通して皆さんと成長を見守ってきた朝顔です。

6

普段は、玄関先で日光浴をしている朝顔ですが、
雹から避難してきたのか、今朝は型押しの仕事場に置かれていました。

違う株が二株植えられているらしく、一つの鉢で二色の朝顔が楽しめます。


朝顔は夏の思い出とつながることが多いかと思いますが、

私は小学生の夏休み前に、成長日記をつけるために重い植木鉢を抱えて、
学校から家へと帰ったことを思いだします。

いつの間にか、ずいぶんと昔のことになってしまいましたが‥‥


文庫革とは関係ないお話でしたが、
最後まで目を通していただきありがとうございました

ちなみに、文庫屋「大関」浅草店の店先では、
吊りしのぶとほおずきがお出迎え致します。

暑くて外に出たくなくなるような日が続いていますが、
店内は涼しいので、涼を求めてでも足をお運び頂けたら嬉しいです。

20170719_175818


≪レビューキャンペーン実施中≫


ご購入者さま、1回のレビュー投稿につき、300ポイント贈呈いたします。
さらに、毎月抽選で1名様に10,000円のクーポンをお届け!
毎月10日には、前月のレビューから、スタッフによるくじ引きで当選者を決定選出!!

LINEでは、豪華10000円分のクーポン券をプレゼントする当選者発表を行っています★

▼ポチッとどうぞ

01

▼ポチッとどうぞ

02

文庫屋「大関」 LINE 始めました!!
旬のニュースや、嬉しい情報をお届けします♪

2_2

|

« 深いぃ柄 金唐大花 | トップページ | 夏の作業現場をたっーぷり紹介します♪ »

浅草店日記 since2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工房 植物成長日記:

« 深いぃ柄 金唐大花 | トップページ | 夏の作業現場をたっーぷり紹介します♪ »