« 【告知】 限定復刻柄 大陸を渡る縦長デザイン(その2) | トップページ | 新色の鸚鵡!まさかの展開・・・!? »

2017年8月 8日 (火)

【告知】 限定復刻柄 大陸を渡る縦長デザイン(その3)

文庫屋「大関」の田中です!

百日紅が満開の季節
蝉の鳴き声も8月らしくなってきました

20170806_105742

いよいよ明日8月9日(水)18時から開催

11月下旬お届けの縦長柄企画

もうちょっとでスタートです

ブログカテゴリーオンラインショップで開催の企画』で
 詳細な過去ログがご覧いただけます

http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/cat63791989/index.html

Photo_23

8月4日のブログでは、
縦長柄で作るお財布が、
大人贅沢すぎて、うっとりしてしまう・・・ 


Sl3
ということで、
◆箱まち口金付き札入れ
◆ぐるっとファスナーのお財布
 の2アイテムでご予約頂けることを、ご紹介しましたが・・・


縦長なのだからブックカバーで作ってしまおう

Bookcover
という、お話が今回のブログです。


Photo_10
実は、前もってお話いたしますと
残念ながら今年はもう、「システム手帳ミニ6穴」の予約会を開催しません!

小さな手帳の需要の低下にともなって、年々ご注文数が減っていたのですが、工房のバインダー金具の在庫もなくなり、、、昨年の予約会イベントが最終回となってしまいました。
Note1
しかし!!

新書サイズのノートってけっこう書き込みができるので、おススメなのです

お仕事メモや、todoリストの管理
スケジュール帳にとどまらず、日記帳にも良い感じなんですよ

Note2
ちなみに、ブックカバーに『ペンホルダー』をつけると・・・


Note3
こんな感じで手帳がバラバラとひらきません
これが手帳にはもってこいなんです!

予約会では、この『ペンホルダー』 アリ・ナシを選んで頂けます 
わーい!ちなみに在庫で並ぶ商品にはペンホルダーはついていません
Note4
かっこいい縦長柄を、ぜひ手帳カバーとしてもお使いいただきたいと思い、
今回はこの長い柄企画をこの11月下旬予約会にもってきた

というのが、本当のお話しなのです~


文庫屋「大関」の推薦ノートが、MIDORIさんのノート
ファンの人、多いですよね
新書サイズ、文庫サイズ、無地、罫線、方眼いろいろ揃っています

そしてなんと!
じわじわっと、2018年のダイアリーの発売もはじまりましたよー


▼MIDORI2018年度の新書サイズダイアリー
http://www.midori-store.net/SHOP/27586006.html

27586_3
この美しさ。

パカッと開いて、とても書きやす製本で、一般的な「本」に書き込むような
あの跳ね返しはありません!

27586_7

あと。ぜひご覧いただきたい動画がコチラ。

●●MIDORIのノートの書き心地
http://www.midori-japan.co.jp/md/



27586_6 ▼MIDORIの文庫サイズの2018年ダイアリーはこちらです
http://www.midori-store.net/SHOP/27585006.html


文庫本サイズのノートはこれくらい。
これも、けっこう書きごたえはあります!

Note6
ブックカバーとして使おうか、手帳用として使おうかお悩みの方は、
ぜひ、妥当に文庫サイズをおススメいたします


ちなみに、『無印良品』でも文庫サイズは充実しています

Note7
(上1冊が無印良品、下2冊がMIDORIの新書&文庫サイズノートです)

▼無印良品 1日1ページノート 文庫本サイズhttps://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549337193857
▼無印良品 再生紙文庫本ノートhttps://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738670025

ちなみに、糸井重里さん発行のほぼ日手帳も、文庫サイズブックカバーでバッチリ入ります!

▼ほぼ日手帳
https://www.1101.com/store/techo/about/


文庫革以外の宣伝ばかりしてしまいました




ここから本題・・・

それぞれの柄が、ブックカバーになったときの
柄の見え方はこんな感じ
です

●エイヴァーン

新書サイズ
Ei1_3

文庫サイズ
Ei2_3

●スラヴ

新書サイズ
Sl1_2

文庫サイズ
Sl2

●パルメット

新書サイズ
Pa1

文庫サイズ
Pa2

3柄のうち、どれがお好みですか???
そして・・・

●鸚鵡の新色


新書サイズ
Oumpink

文庫サイズ
Oumpink2

文庫サイズ・・・ 今後いなくなってしまう、青い鸚鵡ちゃんも
お見逃しなく!

Oum

ちなみに、廃盤になってしまうこれまでの鸚鵡の全貌はこんな感じです!!

(新書サイズの画像がないので、ピンクの鸚鵡の新書サイズを元に、イメージしてみて下さい♪)
Blueoum_2
厚さのMAXは35mmくらいまで!!

新書も同じくらいの厚みまで入ります

06
15mm程度の並みな文庫本、ノートやダイアリーではこんなかんじです

05
そして、この内側ポケット・・・
∩←こうなってるポケット穴から、指でカードを押し出しやすい仕組み

本好きの社長が、「電車内で本を読んでいても乗り降り楽々」 を想定して付けたポケットです。

PASMOをいれてもいいですし、ダイアリー仕様ならば予定に書き込んだ、観劇やコンサートのチケットを入れておいてもいいですね

04
読書に耽る、秋から冬にかけて・・・ 11月下旬のお届けです。

Note8
あと。

今回、カラーリニューアルした鸚鵡ですが。

Photo_19
型押しの版が見事なので、ちょっとご覧ください。
背景の地模様。

地模様も全部、型押しによって刻まれた凹みに、錆(真菰の粉)が留まっている状態です。

20170808_111155
落雁とか、たい焼きの型のように、立体的に奥行きのある柄なので、
こうして革の凹凸も立体的になります。

このチューリップの、葉の筋や、お花の影は、錆び(真菰を漆で留めた状態)で表現しているので、彩色での陰影ではないんですよ!

20170808_111346_2
この、果実のデコボコ感や葉脈も、全て型押しの凹みに錆が留まって表現されています。

20170808_111406_2
この金型。
500gくらいあります。(もっと重いかも・・・
8mm位のぶ厚い金型に、彫刻された溝の深さは、深いところでおそらく2mmほど。

Photo_20
なので、型押しの時に、職人が革の裏側から、彫りの深い箇所は
すりこ木のような棒でぐりぐりとプレスして、くっきりと線を出すようにしています。

2_3
注文数が増えてしまうと、型押し職人には筋トレになる
苦しい柄です・・・


今回の縦長柄企画
ブックカバーと、お財布のセット買いができるのも、
この予約会だけのチャンスです

33

●パルメット

Ei6

●スラヴ
Sl3
●エイヴァーン

Ei5

そして、どうしてもご理解いただきたいこと・・・

ビンテージの金型(金属版)で型押しをしております。
なので、そばかす状の点々や、線が上手く出ないところがあります。

これは、金属版が『古い』ということと『デジタル技術がない昔に作られた版』ということで、パキッと線対称に、くすみもホクロもソバカスもなく・・・

という風にはつくれません。

彩色も、この風合いを生かした筆使いで色を施します。

「線のゆらゆら」
「ポチポチやモソモソした点」 は『味』と思っていただき、
「ビンテージ感がいいあなぁ
「味わいぶかいなぁ
と、ツウな目線で、ゼヒ!! おたのしみ頂きたいと思います。


では!
8月9日(水)から開催予定の
11月下旬お届けの縦長柄企画
楽しみにおまちください



~おまけ~

ほこてんの日曜の銀座
浴衣で銀ぶら というイベントをやっていました~

浴衣で銀ぶら(終わっていますが。)
http://www.ginza.jp/topics/8357


20170806_135130
それは横目に、銀座ライオンさんにいきました!
たまに行きたくなるビアホール 夏ですので

20170806_135146

この、ふっるーい感じと、天井の高さが、たまらないんですよねぇ~

20170806_134941
日本には、ここまでのタイル貼りの内装の空間・・・ 滅多にないですよね。
こちらのお店も『万国共通の美』が随所に感じられます。

そして、足元のタイルをみると、子供のころに行った銭湯を思い出します。

ホラッ!!このアーチ仕立て、エイヴァーン様式です

20170806_133750
店内を見渡すと、英語圏のカップル、フランス語の3人組・・・ベビーカーも
あらゆる層のお客さんが、楽しんでいるではないですか

通路挟んで右側には、常連のお一人様のおじ様がたが、ポツポツと。

20170806_130824
古いこのビアホール。
今年の春で83周年だったそうです

「ほっ」 90周年の文庫屋「大関」よりも、7年若いのです。

20170806_133820
この銀座ライオンさんの店内は、開店11年目の頃に、
第二次世界大戦の戦火を免れた建物ということなのかなぁ?
と、感慨深く感じました。

銀座の名所「SEIKO」の時計台がシンボルの和光さんも戦火を耐えたのですよね。
20170806_135249
浅草と銀座は、銀座線で、たったの18分程度ですので・・・
仕事上がって、ダッシュで買い物にもいけるのです(行くのです)

ぜひビールを飲みたくなって銀座まで遊びにこれたら、文庫屋「大関」浅草店へ!

20170806_135423


~おしらせ~

文庫屋「大関」には、「製作職人」の仕事があります。
※彩色職人とはちがいます!



「型押し・裁断・運搬・職人まわりの仕事」
文庫屋「大関」を支えてくれる、

「製作職人」スタッフを募集しております!!!

ご応募の場合には代表の田中威(たけし)あてにご連絡ください。
勤務形態、待遇、などの詳細に関しても、こちらにお問いあわせ下さい。

▼「製作職人」の応募はこちらへ ※彩色職人の募集ではありません。
oozeki@tanaka.email.ne.jp 

▼「製作職人」の仕事をブログでご紹介しております
http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-4cb1.html


文庫屋「大関」 LINE 始めました!!
旬のニュースや、嬉しい情報をお届けします♪

2_2

|

« 【告知】 限定復刻柄 大陸を渡る縦長デザイン(その2) | トップページ | 新色の鸚鵡!まさかの展開・・・!? »

オンラインショップで開催の企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【告知】 限定復刻柄 大陸を渡る縦長デザイン(その3):

« 【告知】 限定復刻柄 大陸を渡る縦長デザイン(その2) | トップページ | 新色の鸚鵡!まさかの展開・・・!? »