« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月30日 (木)

明日最終回!サマーナイト!&各店舗のお花速報

銀座店の大島です
いよいよ明日の8/31は…

Img_1775

銀座限定イベント『BUNKOYA summer night最終回ですっ


7月から始めたイベント…この2カ月で本当に
沢山のお客様とお話することが出来て、とっても楽しかったです

Img_2141


何回も来てくださった方、ふらっと立ち寄ってくれた方、
わざわざ金曜日に商品を受け取りに来てくれた方、
仕事おわりにダッシュで銀座によってくれた方…

本当にお客様ひとりひとりに感謝ですまた来年の夏にお会いしましょう
(勝手に来年もやる気)

今週の2店舗のお花

浅草店のお花

Img_3155_2

・サンザシ(緑色の実)
・花ナス(赤色の実)
・ヒオウギ(緑色の蕾…中に種が入っています)
・サワキキョウ

Img_3156
枝ものが多いと活ける難易度が一気に上がる気が…


一輪挿しも、ちょっぴり秋を先取りです

Img_3159
↑吾亦紅(ワレモコウ)と、藤袴(フジバカマ)

Img_3161_2
↑ワレモコウとヒオウギ、サンザシ、女郎花


Img_3164



↑珍しいヒオウギのお花ですかわいいっ

銀座店のお花

Img_3176
・百合
・キイチゴ(葉っぱ)
・ヒオウギ
・女郎花

Img_3174
こちらは唐紙の中の一輪挿し
可愛らしいビビッドなピンク色の菊

Img_3175_2
・孔雀草
・菊
・藤袴

お店に来た際には、是非お花も楽しんでいって下さい


〈おまけ〉
先日、たまたま全員そろったので、銀座店メンバーで仕事おわりに

Img_1947
右上から時計まわりに…
A張さん(ときどきブログに登場する、銀座店のお姉さん的存在!)の、
ロカイユ〈ブルーグレー〉のファスナー小銭入れ
ご存知、文庫革ハンター野崎の、朝顔の天溝がま口
大島横波〈えんじ〉の天溝がま口です


本日も仲良しな銀座店なのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

ネットショップスタッフの文庫革たち

文庫屋「大関」ネットショップの浅間です。

8月もついに最終週、来週にはもう9月ですね。
このままもう涼しくなって過ごしやすくなっていただきたいですね・・・



さて、今日は、ネットショップスタッフ愛用の文庫革をご紹介したいと思います



こちらは、「○○ですわ!」が口癖のスタッフM本さんの文庫革。

メンダコ好きの、パキパキ動くメガネレディさんです

01

M本さんイチオシの花鳥
カードケースリップも入るハートまちの小物入れ
ぼかしと錆をたーっぷり使った絵柄。レトロな雰囲気が素敵です

02

植物柄が好きなM本さんのお気に入りは、このピンクのお花たち。
真ん中にポッと色が付いてかわいいですよね

03

ご本人曰く、「この小さな紫のお花も忘れないで!」とのこと。
端っこの方にあるレアキャラ(?)ですが、いつも眺めてはほっこりしているそう。
うーん、なるほど

04

手が小さめのM本さん、カードケースは持ちやすいサイズ感で重宝しているそうです。

05

小物入れは、もっぱらお家の引き出し用で、アクセサリーはどんどんこの中へ入れて収納しているのだとか。
ピアスなどの小さいものを失くしてしまうことがなくなったそう

最近好いているM本さん、小物入れの中にもすいかアイテムが見えますね。
先日、すいかのドライフルーツを持ってきて、みんなの度肝を抜きました

ドライすいかは、なんというか・・・まさに、『』でした!いやー、珍味でした。

▼花鳥柄アイテムはこちら
http://www.oozeki-shop.com/product-group/141






浮世絵師、歌川国芳の猫がかわいいこちらのお財布は、「○○でござる」が口癖のF田さんのもの。

なぜか忍者や武士言葉っぽくなってしまうF田さん。
こちらもついついのせられて、「御意!」などと返してしまう始末です

06

F田さんのお財布は、文庫屋「大関」のお取引先、H.P.FRANCE(アッシュ・ペー・フランス)さんで販売しているもの。

東海道五十三次のパロディもので、其のまま地口 猫飼好五十三疋という作品を元に製作した絵柄です。

07

よーく見るとダジャレだらけの猫だらけ、思わずニヤニヤしてしまう。。

08

この猫は『ぶちさば』

『ふじさわ(藤沢)』の地名を文字って、『ぶち(ぶち猫)とさば(鯖)』のダジャレ。
う、うまい~ぃっ。

09

見てください、このやさぐれ感。いいですねぇ。
無類の猫好きのF田さんは、このシリーズが好きで風呂敷も持っているそうです。

10

束入れなのですが、文庫屋「大関」のものとは少ーし仕様が違います。
小銭が増えすぎるとボタンが閉まらず要注意だそうですよ。

▼アッシュ・ペー・フランスモール|H.P.F, MALL
http://www.hpfmall.com/







お次は、「なんとなんと!」が口癖のY田さんの文庫革たち。
時々、何とも言えない、ゆる~い、下手ウマな絵で笑わせてくれます。

11
文庫屋「大関」の天溝がま口に、H.P.FRANCE(アッシュ・ペー・フランス)さんのお財布とパスカードホルダー。

渋好みのY田さん、菖蒲-あやめ-の天溝がま口は、鏡で合わせ、悩みに悩んで決めた逸品です。

12

普段からお着物も着るY田さん曰く、天溝がま口は帯にサッとしまえるのが良いそうな。
ゾウさんの根付はお気に入りで付けているそうです

13

いつもひらめきを大切にされているY田さん、こんな感じでクリップでお札を止めていました!

ポロッと落下を防止しているそうです。アイデアですねぇ。

14

んっ?

いっ、1億円・・・

15

折った1万円札でした!お見事っ

先日宝くじでプチ当たりをしたY田さん、験担ぎで入れているのだそうです。真似しようかな。
一緒に小さな金のお守りたちも入っていましたよ。

▼菖蒲柄アイテムはこちら
http://www.oozeki-shop.com/product-group/173








そして、私の文庫革ですが、現在愛用中のものがこちら

16

このブログでもご紹介したことのある【ファティ】です。

こちらもH.P.FRANCE(アッシュ・ペー・フランス)さんのもの。
カラフルでエキゾチックな絵柄が白革に映えます

ずーーっと欲しくて、やっと先日手に入れました

17

実は、私、天溝がま口は可愛いなと思いながらも、なかなか手を出せなかった人なのです
どうしても入り切らない気がしまして。。

でもでもですね、このとおり!

18

えぇ、入ってしまいました

私の場合、左右部分にお札を入れると開けた時の落下が怖いため、中央ポケットに4つ折りで入れています。
そして、片方には小銭、もう片方にはカードを7枚
必要なカードが7枚だったので、全て入って嬉しい限り

使ってみると、天溝の魅力にすぐハマってしまいました♡

19

小銭入れには、お守り代わりの蛙さんを入れて。
毎日ウキウキで使っております。
やっぱりお気に入りのお財布だとテンションあがりますね

「天溝、可愛いんだけどなぁ~~」と悩んでおられる方、
お札を折ることにさほど抵抗がなければ、ぜひ、一度使ってみてください!

▼天溝がま口
http://www.oozeki-shop.com/product-list/8



---★ お 知 ら せ ★---

間もなく8月の予約会、
縦長柄でつくる ぐるっとファスナーのお財布と箱まち口金付き札入れ 終了します

ご注文がまだの方はお急ぎください。

▼縦長柄を手に入れるチャンス
http://www.oozeki-shop.com/product-list/169

------------------------




<おまけ>

先日アルバイトスタッフのS藤さんにいただいたお菓子が、久々のド・ストライク商品だったのでご紹介

20_2

キャラメルコーンで有名な東ハトさんのソルティという名のクッキーです。

ちょーっぴりしょっぱくて、甘くて。
ほろほろ感がたまらなく、超絶美味

21

今、事務所でにわかに流行っていて、誰かが持ってくるとザワつきます。
ただ、取り扱っている所が少ないのか、なかなか見つけられないのが悲しいところ。。

文字通り名作です!
 
 
▼東ハト
https://www.tohato.jp/

 



▼銀座限定イベント BUNKOYA summer night

▼<予約会>絵画のような魅力いっぱいの縦長柄アイテム

 
  ▼扇子と扇子袋のご案内

 
▼銀座店のご案内
▼浅草店のご案内



  • ▼文庫屋「大関」の公式SNSはこちら

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月25日 (土)

    野崎が行く文庫革ハントの旅-vol.8-

    こんにちは野崎です
    今回は、飴柄lover~K様のご紹介です

    右から~


    Img_1690

    ▼飴柄のアイテムはこちらから

    なんとK様飴柄を集めることになったきっかけは、お友達にプレゼントしてもらった、天溝がま口だったそうでそれから飴柄一筋で一つ一つ文庫革を増やしているそうです
    プレゼントをキッカケに…なんてお話を聞いたらより一層ラッピングに力が入る野崎なのでした~

    Img_1908

    文庫屋「大関」では、プレゼントのラッピングも心を込めて可愛くさせて頂きます
    大切な人へのプレゼントや、ご自身のプレゼントにも
    宜しければお声がけ下さい

    おまけ…。

    週末に浴衣を着て彩色職人のO束さんがお母様と遊びに来てくれました~
    愛用の文庫革とパチリ

    Img_1761

    右から~
    アポロン・青(ぐるっとファスナーの長財布)
    おしどり・橙色の(眼鏡ケース)
    です

    お二人とも、浴衣と文庫革のマッチ具合がとっても素敵でした

    Img_1758

    こうやって職人さんが、たまにふらりと顔を出してくれるのも、このお店に立っていて凄く嬉しい瞬間だったりします
    作り手が商品として並んでいる文庫革を見る姿を、売り手として見る
    うん。。なんかすごく特別な気がします
    O束さんありがとうございました




    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月21日 (火)

    【予約会受付中】縦長柄の魅力にハマってみませんか?

    文庫屋「大関」ネットショップの浅間です。

    猛暑だったかと思ったら、少しずつ日が落ちるのが早くなってきましたね

    秋めいてくると、やっぱり新しいアイテムが気になり出します。

    今、文庫屋「大関」で開催中の
    縦長柄でつくる ぐるっとファスナーのお財布&箱まち口金付き札入れ】は、
    いつもとはちょっと違う雰囲気の【縦長柄】が特徴のお財布。

    01

    季節の変わるこの時期、新しいアイテムとしていかがでしょうか?

    ▼縦長柄お財布のご予約はこちら
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/169

    Gurugama2

     

    ☆ ☆ ☆

    先日の手帳カバーの予約会第2弾も、なんと開始から3日で追加100本完売いたしました。
    このスピードにはスタッフみんな、唖然
    としておりました。ありがとうございます!

    ☆ ☆ 

     

     

    「ところで【縦長柄】ってなぁに??」という方へ、まずはちょっぴりおさらいを。

    文字通り、長い柄のことです

    通常、文庫屋「大関」では、横長の絵柄がほとんどです。
    でも、実は、縦に長い柄がいくつかあるんです

    皆様お馴染みの鸚鵡柄を例に取ってご説明します。

    いつもは、鸚鵡の部分だけ、こんな感じで

    02_3

    表と裏に同じ絵柄が出てきます。


    でも、これが今回の【縦長柄でつくる】と、

    じゃーん!

    03_3

    こんな感じで、1枚の絵柄を表から裏まで通しで型押しするんです
    そうすることで、いつもとはちょっと違った仕上がりを楽しめますね。


    今回の予約会でご紹介しているのは、この4柄

    27

    左から【鸚鵡 】、【エイヴァーン】、【スラヴ 】、【パルメット】です。


    この4柄を文庫屋「大関」の人気2つ折り財布、
    ぐるっとファスナーのお財布 箱まち口金付き札入れでお作りします

    04

    ▼縦長柄お財布のご予約はこちら
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/169

    Gurugama2


    「そもそも、この2つのお財布ってどう違うの??」という方や、
    「どっちにしようかなぁ・・・」という方のために、
    今日は徹底比較をしてみたいと思います

    まずは、大きさ

    05

    ぐるっとファスナーのお財布(以下、ぐるF)は、横127mm×縦100mm
    箱まち口金付き札入れ(以下、がま札)は、横127mm×縦98mm

    すこーしだけ、ぐるFの高さがある程度でほとんど変わりませんね。

    ※注意:「ぐるF」、「がま札」は社内用語です※


    厚みは?

    06

    ぐるFは、厚み28mm
    がま札は、厚み29mm

    ふんふん、こちらもあまり変わりはありません。




    重さは?

    07
    08

    ぐるF(写真上)は、重さ123g
    がま札(写真下)は、重さ143g

    ちょーっとばかりがま札が重いですね。
    口金分の重みと言ったところでしょうか。

    ※柄により、絵の具の量が異なるため、若干重さに差異があります※



    では、中のポケットは?

    09
    10

    ぐるF(写真上)は、左右対象的にポケットが配置され、合計10ポケット
    がま札(写真下)は、左に2枚、右に6枚の、こちらも合計8ポケット

    ぐるFが少し多く入りますが、ほぼ同じですねぇ。


    ではでは、お札入れは?

    11
    12

    ぐるF(写真上)、がま札(写真下)どちらも1つ仕切りがあって、
    お札と領収書などを入れ分けできる作りになっています。



    じゃあ、小銭入れはどうだっ?

    15

    ぐるFは、ファスナーで開閉するタイプの小銭入れ。
    ネーミング通り、ファスナーを「ぐるっと」して使います。

    16

    中は、3つのポケットに分かれています!
    小銭を種類別に分けるも良し、小銭・レシート・カード類に分けるも良し。

    お次はがま札。こちらの小銭入れは?

    17

    おおっとこれはかなり違いますね

    キラッと光る口金を開けると、

    18

    なんと!ガバッと大口タイプの小銭入れがお目見え
    これは小銭が見やすくて取り出しやすいです。

    19

    そして、よーく見るとポケットが。
    レシートをお釣りと一緒にサッとしまいたい時など便利ですね。


    がま札、実は小銭入れの横に根付などを付けられる丸カンが!

    29
    あった!

    こんな風にタッセルなんかを付けてみたり・・・

    30
    素敵


    うーむ、どちらも便利そうだし、サイズも同じくらいだし・・・甲乙付け難いですね。。。

    では、手に取ってご覧いただけない方に、浅間的、実際に持って&触ってみた感想をチラッとご紹介させていただきます。

    ぐるFは、なんと言っても機能性高し!

    26

    カードも取り出しやすいですし、小銭入れの仕切りも多いので、カード類がたっぷり入る印象です。
    ぐるっとファスナーで開閉できるタイプは、実用性が高くて人気。



    がま札は、スタイリッシュ!

    21

    見てください、この素敵な口金さんを。
    パッと見て、サッと取り出せる小銭入れも、とっても便利。
    一度使ったらこのタイプしか使えない!という方もいるほどです。



    ぐるFがま札、持ってみた感じは・・・

    22

    ぐるF柔らかい感じで手に馴染みやすいと感じました。
    対して、がま札ちょっとカチッとした感じがしました。

    実際に持ってみても、ぐるFの方がちょっぴり軽い印象です。

    なので、より機能性を重視したい!という方には

    23

    ぐるF】を。
    こんな小さなポシェットにも入ります

    そして、やっぱり口金好き好き!という方には

    24

    がま札】がおすすめかな、と思います

    「長財布も素敵だけど、かさばるのがねぇ・・・」という方や、
    「子供がいるから、ショルダーバッグにも入るコンパクトなお財布がいいんだよなー」という方に、ぜひおすすめしたいお財布、今回は素敵な縦長柄でご予約受付中です!


    ▼縦長柄お財布のご予約はこちら
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/169

    Gurugama2


    ご予約は9月2日(日)23時まで開催中です。お見逃しなく。




    <おまけ>

    文庫屋「大関」では、今、夏休みラッシュです。
    みんな、代わる代わるお休みを取っているので、お土産ラッシュでもあります!

    先日、ネットショップのY田さんからのお土産が激うまだったのでご紹介します。

    25

    こちら、熊谷にある紅葉屋本店さんの『五家寶(ごかぼう)』。

    ポン菓子と水飴ときな粉がマッチした美味しい&懐かしい感じのする和菓子でした。
    ご馳走様でした~!

    ▼紅葉屋本店オンラインショップ
    http://momijiyahonten.shop-pro.jp/

     


     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月17日 (金)

    【第2弾開催決定!】手帳カバーの予約会

    文庫屋「大関」ネットショップの浅間です。

    気がつけば8月も半ば。まだまだ暑いですね
    暑さの勢いが止まりません。。

    勢いが止まらないといえば、先日スタートした手帳カバーの予約会、大変ご好評をいただき、初回100個があっという間に完売となってしまいました。
    (ありがとうございます!

    Pc_2
    お問い合わせもたくさんいただき、ご注文をいただけなかったお客様、申し訳ありません・・・m(_ _)m

    「どの柄にするか悩んでいるうちに完売しちゃった・・・」という方、朗報です

    この度、完売につき、第2弾を開催することが決定いたしましたよっ
    パチパチパチ

    Pc2

    お届けは12月中旬頃となってしまいますが、新年に向けて手帳カバーを準備するチャンスです

    ▼第2弾!手帳カバーのご予約はこちら
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/168

     

    さて、ここで、恒例の予約会人気柄ランキングをご紹介します

    まずは3・・・

    じゃん!

    Palmet

    来ましたねー!縦長柄の【パルメット】。
    生命力あふれる植物の絵柄が美しいデザインです。

    Palmet2
    個人的には左右の上部分にあるこの部分、細かくていいですねぇ
    錆が効いています!




    お次は、2・・・

    じゃじゃん!

    Ichigotate_2
    とにかくカワイイ♪【いちご】。
    たくさん並んだいちごと葉っぱがとってもみずみずしい

    Ichigo2
    実は赤色のいちご、よーく見ると『赤色いちご』と『青みがかった赤色いちご』の2色で構成されているんです
    わかりますか??




    そして、堂々の1は・・・

    じゃじゃじゃーん!

      Ribbon_2

    予約会の大人気柄【リボン】!
    大小、形もさまざまなリボンが見ていて楽しい絵柄です。
    (手帳カバーにリボンを型押しした時はこのようなイメージになります。)

    Ribbon2
    この部分、和装の『吉祥結び』のようなリボンになっていて素敵
    洋風リボンと並んでいても不思議とマッチしていますね。


    今回の予約会、パルメットの他にも縦長柄のエイヴァーン、スラヴ、鸚鵡も多数ご予約いただいています。

    ▼第2弾!手帳カバーのご予約はこちら
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/168

     

     

    個人的に古典柄で注目したのは【菖蒲-あやめ-】。

    Ayame
    スッと立つ大輪の菖蒲が咲き誇る姿がなんとも涼しげで美しい絵柄です。
    絵画を文庫革で楽しむような感覚で、大きめのアイテムでこそ、ぜひ、お楽しみいただきたいです

    最近ネットショップのスタッフの間でじわりじわりと人気を集めている菖蒲。
    社内でも「う~ん、雅」などなど言いながら、出荷の度にうっとりしております。

     

    ▼第2弾!手帳カバーのご予約はこちら
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/168

    ※こちらもご予約上限に達し次第、ご予約終了となりますのであしからず。。





    同時開催中の【縦長柄でつくる ぐるっとファスナーのお財布と箱まち口金付き札入れ 】もまだまだご約受付中

    Tatenaga
    次回は、こちらのお財布の魅力に迫ります


    ▼縦長柄の魅力を存分に。
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/169

    Gurugama2




    <おまけ>

    向島にある文庫屋「大関」の工房は、ビルの壁面に青々とした蔦が張り巡らされているのですが、この時期は毎週のように刈り込まないとグングン育ってしまいます。

    先日、1日ネットショップの電話・メールが通じなくなってしまった日のこと。
    朝、PCでネットショップのメールをチェックしていると、

    「あれ??ネットが通じない・・・?」となり、あたふた。。

    急いでNTTさんに来て見ていただいたところ、壁面の蔦を切っている時に光回線ケーブルを誤って傷つけてしまったのが原因ということが発覚!・・・
    まさかの珍事件でございました

    お問い合わせいただいたお客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。


    そんな壁面の蔦、ネットショップの事務所がある2Fの窓からひょっこり顔を出すと、
    こんなにトロピカルなお花

    Flower

    思わずパチリ

    こんなお花が咲いているとは気づきませんでした!
    東京の下町ですが、草花を見るとやっぱりほっこりしますね。



     

    ▼銀座限定イベント BUNKOYA summer night

    ▼<予約会>新書・文庫サイズの手帳カバー 

     
    ▼銀座店のご案内
    ▼浅草店のご案内

       
  • ▼文庫屋「大関」の公式SNSはこちら

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月15日 (水)

    今年の夏はまだ長い…扇子、いかがですか

    銀座店の大島です

    Photo
    早くも8月も半ばに差し掛かり、旧暦ではもう秋…
    ですが、今年の夏、まだまだ暑すぎます

    Img_1287
    連日猛暑日…会社に行くにも買い物行くにもとにかく暑すぎて無理

    そこでまだまだ長~~~い夏
    文庫屋「大関」の扇子で涼しく乗り切ってみませんか

    Img_2859
    バッグに入ってるとテンションあがります

    扇子袋は本当に残りわずか今ある在庫で販売終了となります
    是非この機会にお買い求めください

    Img_1369
    今年の夏は、まだまだ暑そうですよっ

    そしてそしてBUNKOYA summer night明後日です
    ハマる人続出何回も来てくださっている方どうもありがとうございます


    8nightline_3
    今週もお待ちしています

    〈おまけ〉
    今週の銀座店のお花

    ・紫陽花(グリーン)
    ・ブラックベリー
    ・エレンジウム(トゲトゲの青い花)
    ・セダム
    ・ソウカデンドロン
    Img_2852
    ブラックベリーをいちごに見立てて
    背景の白い花は虎の尾

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月13日 (月)

    野崎が行く文庫革ハントの旅-vol.7-

    こんにちは野崎です
    まだまだ暑い日が続きそうな今日この頃
    皆様いかがお過ごしですか
    文庫屋「大関」では、この猛暑を乗り切る為の必須アイテムお揃いで持っても良し
    別々に、お持ちになっても素敵な夏の扇子・扇子袋のご用意をさせて頂きました

    Image

    こちらの扇子袋
    角がしっかりしているので、形崩れがなく、長さも充分にとってあるので、男性用の扇子でもバッチリ入ってしまう優れもの
    大切な扇子をしっかり守ってお持ちいただけるという事で、既にお気に入りの扇子をお持ちのお客様からも、ご好評頂いております

    Image3

    レビューを参考にしていただきながら…書き込みなんかもして頂けると嬉しかったりなんかしちゃって ふふふぅ~
    過去のブログでも、こだわりを紹介しております

    ▼過去のブログはこちらから

    ▼扇子・扇子袋のアイテムはこちらから

    Image4

    さて今回は、H.P.フランスさんのキノコ柄をお持ちのY様に、ご来店頂きました
    この妙に、リアルな感じがたまらないキノコ柄 

     ▼H.P.Franceさんの情報はこちらから
    http://www.hpfmall.com/shop/hpfmall/item/list/category_id/2538/limit/999

    Image1

    とても気に入って下さっているようでならば…文庫屋「大関」にも足を運んでみようと今回ご来店下さいました
    お使い頂いているうちに、さらに文庫革の魅力に気づき、虜になってしまうお客様のお声を聴くと、伝統として受け継がれる物の偉大さを改めて感じさせられます

    今回は、もうおひと方
    K様のカワイイ文庫革たちです

    Image2

    右から~


    お話しをさせて頂いていると…出てくる出てくる文庫革達
    1つ1つ大切に取り出しては、銀座オープン記念のお話しや、文庫革のお話をしてくれるK様今回お話しさせていただいた事も思い出として、この文庫革達を見たときに思い出してもらえるかなと思いつつ…お見送りをさせて頂いた野崎なのでした



    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月10日 (金)

    手帳カバーにぴったりの手帳は…コレだ!

    銀座店大島です

    ついに本日18時から開催

    Dsc04238
    新書・文庫サイズの手帳カバー予約会

    ▼新書・文庫サイズの手帳カバー予約会はこちら
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/168
    _

    毎回予約会では大人気
    「待ってましたの声多数の手帳カバー

    Dsc04246
    でも問題は…一体どの手帳がしっくりくるの?

    そこで今日は、文庫屋「大関」で推薦させて頂いている
    ミドリの手帳についてご紹介したいと思います

    ▼ミドリの手帳オンラインショップはこちら
    https://www.midori-store.net/SHOP/5292/list.html

    【2019年版】MDノートダイアリー〈文庫〉(27725006) 972円(税込み)
    https://www.midori-store.net/SHOP/27725006.html

    【2019年版】MDノートダイアリー〈新書〉(27726006) 1080円(税込み)

    27726

    MDノートダイアリーのココが良い
    その1余白がいっぱい

    Prdct_img_27725_2

    女子の手帳は予定を書き込むだけじゃない
    余白に思いついたことやちょっとしたメモ、
    なんでもかんでも書きたくなっちゃいますよね

    ミドリのMDノートダイアリーには、そのためのスペースが
    ちゃんとあるんです

    Dsc04234
    おいしいカフェ情報、お仕事のTO DOリスト…この余白の使い方、無限大です

    MDノートダイアリーのココが良い
     その2シンプル&コンパクト
    Prdct_img_27725
    見た目がとにかくシンプルそしてコンパクト
    無駄な装飾が一切ないので、手帳カバーとも相性ぴったりです

    中身もすっきり見やすいので、自分好みにカスタマイズできますよ

    Img_1855_2

    MDノートダイアリーのココが良い

    その3ダイアリースペースもあります

    Prdct_img_27725_5
    MDノートダイアリー…読んで字の如く、
    後ろのほうのページには罫線が引かれているので、
    日記としてもお使いいただけます
    Img_1869
    手帳と日記がコレ1冊 
    本当に便利な優れものです
    さらに今なら、文庫屋「大関」夏の風物詩、

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月 8日 (水)

    8月の予約会、間もなく始まります!

    文庫屋「大関」ネットショップの浅間です。

    毎週のように盆踊りに顔を出しているので、「月がぁ~出た出たぁぁ~~」と炭坑節が頭から離れない今日この頃です

    さて、今日は、今週からスタートする予約会についてお話しします

    今回の予約会、気になるアイテムは・・・

    01

    新書・文庫サイズの手帳カバー
    縦長柄 ぐるっとファスナーのお財布&口金付き札入れ
    の2本立て


    ▼新書・文庫サイズの手帳カバー予約会はこちら

    http://www.oozeki-shop.com/product-list/168


    _

    ▼縦長柄 ぐるっとファスナーのお財布&口金付き札入れ予約会はこちら
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/169


    Tate1

     

    「縦長柄って・・・?」という方のために、縦長柄についてのお話を少し。
    通常、文庫屋「大関」の柄は、横に展開する柄が多いのですが、 文字通り、長い柄もあるんです。

    縦長柄といえば、去年蔵出ししたエイヴァーンスラヴパルメットの3柄は外せません!

    08

    こちらは、創業者の大関卯三郎が残した版から厳選したもの。
    何十年もの間、日の目を浴びることなく眠り続けていた幻の版たちです。
    その異国情緒溢れる細やかなデザインに、根強いファンが多いのも頷けます

    09

    この版が生まれた時代はどんなだったのだろう・・・と思いを馳せます
    昔の版、味わい深いですね~。

    エイヴァーンは、を思わせるデザインが特徴。

    10_2

    細かいですねー
     
    12

    淡~い光がステンドガラスを照らし、柔らかく光が差し込んでくるようなイメージで彩色をしています。

    11

    ぼかしを多用することで、全体的に透明感を表現。
    ブルーの差し色が映えますね。
     
    中央の絵柄が映えるよう、両サイドにある茨(いばら)にはスモーキーグリーンでトーンを抑えて。

    13

    きれいなグラデーション
    教会でふっと上を見上げると目に入ってくるステンドガラスが目に浮かぶようですね。
     

    お次は、落ち着いたトーンがクラシックな女性を想像させるスラヴ

    14
    緩やかだけど大胆な曲線が印象的な版です。
     
    15

    ス ・ テ ・ キッ

    中央にある薔薇のようなお花は、ローズピンクをたっぷり使って可愛らしく

    16

    カーキの葉っぱとの対象的な組み合わせでクラシック感を表現。

    17

    リボンにはシャンパンゴールドを使い、どこかヨーロピアンなテイストに。
    素敵なお庭でアフタヌーンティーを楽しむような、優雅でレトロな雰囲気が味わい深いです。

    そして、注目すべきは、このぼかしテクニック

    18

    わかりますか?

    波のような、三日月のような、クルンとしたモチーフの部分
    薄っすら上の方まで筆を使ってぼかしを伸ばすことで、長いグラデーションを作っているんです!
    グラデーションの効果で動きが出て、イキイキとした印象に

    こちらは見るからにユニークなデザインのパルメット

    19
    お陽様に向かって上へ上へ伸びる植物の生命力をイメージして彩色しています。

    20

    明るいビタミンカラー系の色が元気いっぱいの植物のイメージにぴったり

    大きなしずく?つぼみ?のような中にお花や植物がひしめき合っている感じと、

    21

    上の方にある青々しい若葉から、弾けて飛び出していきそうな生命力が伝わってきますね。

    22_2
    グリーンやオレンジなどの色の中、スモーキーパープルの差し色がおもしろい配色です

    23

    全体を大きく覆っているツルは、上に伸びている部分と下を向いている部分とを塗り分けています。
    こうすることで躍動感が出ていますね!

     

    そして、皆様にも馴染みのある、鸚鵡柄。

    02
    こちらが鸚鵡の版です。
    縦に長い柄で、実は全体はこんな絵柄なんです

    03

    鸚鵡の下の方にある果実が素敵!(←この部分、社内にファンが多いです。)

    現在の鸚鵡はピンク色で、全体的に明るいトーン。
    ピンクの鸚鵡が引き立つよう、バランスを見ながら花の色や葉っぱの色を選定しています。

    04_2

    今にも飛び立ちそうな鸚鵡さん
    細かな錆で描かれた羽毛にピンクのぼかしが効いています。

    05

    艷っぽくて、みずみずしいお花の感じ、いいですねぇ。

    06

    枝もリアルになるよう、わざと筋っぽく塗っているのだそうです
    職人技が光ります

    そして、私が気になったのは、幾何学的でちょっぴり王冠のようにも見えるこの部分

    07

    よく見るとシャンパンゴールドで塗られているんです
    ここは、光沢感を出して豪華に仕上げています。
    左端のクルンとしている枝(?)も見どころ。おもしろい構図です

    この素敵な縦長柄たち、今回は、

    24

    ぐるっとファスナーのお財布

    25

    口金付き札入れ縦長デザインが生きる2アイテムでご予約を承ります!

    26

    このようにぐるっと縦長に、そのまま型押しされるので、いつもは見られない部分も楽しめたりするのが最大の醍醐味です。
    縦長柄の魅力をこの機会にぜひ、ご堪能ください


    ▼縦長柄 ぐるっとファスナーのお財布&口金付き札入れ予約会はこちら

    http://www.oozeki-shop.com/product-list/169
     
    Tate1

     

     

     

    今回の予約会、もう1つは、新書・文庫サイズの手帳カバーをご用意しています。

    27    

    前回の予約会でデザインを一新してから反響も多くいただき(ありがとうございます)、ご好評にお答えして再度予約会に登場します
    惜しくもタイミングを逃してしまっていた方、お待たせいたしました。

    28

    人気の錦紗 や、

    29

    レトロで可愛らしい小花 など、お好きな柄でお作りいたします

    30

    先程ご紹介した縦長柄、手帳カバーにも素敵です
    大きな面で柄が見られるのも手帳カバーの良いところ。

    今回も新書サイズ文庫サイズ2タイプをご用意していますよ。

    31

    手帳カバーとして使っても、

    32

    ブックカバーとして使ってもGood

    33

    お気に入りの柄で毎日に彩りを

    中に入れる手帳のサイズについてのアレコレは、次回のブログで詳しくお伝えします
    「そんなに待てなーい!!」という方には、過去ブログ に詳しく載っていますので、こちらもぜひチェックしてください。

    →過去ブログはこちら
    http://bunkoya.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-1.html

    ▼新書・文庫サイズの手帳カバー予約会はこちら
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/168


    _

    予約開始は、8月10日(金)18時~です!お見逃しなく!!



    ▼銀座限定イベント BUNKOYA summer night

    ▼<予約会>新書・文庫サイズの手帳カバー
    ▼<予約会>絵画のような魅力いっぱいの縦長柄アイテム
    ▼篠原ともえさん×文庫屋「大関」コラボ 宇宙柄

    ▼扇子と扇子袋のご案内 
    ▼銀座店のご案内
    ▼浅草店のご案内

       
  • ▼文庫屋「大関」の公式SNSはこちら

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月 5日 (日)

    野崎が行く文庫革ハントの旅-vol.6-

    今日は野崎です
    今回は、紫に情熱をかけたオシャレ女子miko様に御来店頂きました
    文庫屋「大関」での紫といえば…
    花菱プラム


    ▼花菱のアイテムはこちらから


    Image2
    しかもクラッチです
    こちらは予約会でお作りした物らしいのですが、miko様こだわりのSOU・SOU  のお洋服ともぴったりマッチしていて思わず上から下まで首が動いてしまいました…

    ▼SOU・SOUの情報はこちらから


    Image0_2
    なんとmiko様天溝がま口 と毎回少しずつ品物が変わる予約会でご注文頂いた、ぷちっと小銭入れもお供に連れて来て下さったのです~
    毎回予約会も楽しみにして下さっているようで
    同じ柄を色違いで持たれるのもこれまた良いものですね~
    オシャレです

    ▼天溝がま口のアイテムはこちらから


    Image3

    今回は、束入れのプラムをご注文下さいました
    出来上がってmiko様のお手元に届くのがたのしみです
    また可愛い可愛い文庫革たちを持ってお店にも遊びに来てくださいね
    文庫屋「大関」スタッフ一同お待ちしております

    ▼束入れのアイテムはこちらから


    Image1

    実はmiko様次の日、京都に旅立たれる前に浅草店にも朝一で立ち寄って下さったのですが、下駄の紫とプラムの紫がこれまた良く似合う素敵な組み合わせ
    浅草店にもパワフル元気な余韻を残しつつ京都へと旅立たれたmiko様なのでした

    ▼浅草店はこちらから


    おまけ…。

    Image1_2

    銀座店近くの広島アンテナショップに『ビールスタンド富重』さんが来ていたので、仕事終わりにA張さんと駆け込み一杯の図です
    やっぱり夏と言えばこの二つので決まりでしょ
    …っとゆうことでパシャリ
    最高の一杯が最高の一日にしてくれる幸せビールでした

    ▼ビールスタンド富重の情報はこちらから





    Summernight_8gatsubnr

     
    ▼銀座店のご案内

  • ▼文庫屋「大関」の公式SNSはこちら

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月 4日 (土)

    【彩色職人便り】猛暑ニモマケズ・・・工房レポート24時

    彩色職人の上田です。気温33度でも「ちょっと涼しい! 」と思わせた酷暑が再来のなか、皆さま如何お過ごしでしょうか。
    工房も連日写真のような室温の中、文庫革作成に勤しんでおりました。

    P7230382


    今日は、先日告知済み8月9日(木)に発売 になります篠原ともえさんデザインの「宇宙」の彩色と錆入れの様子をレポートしたいと思います。(少々長くてスクロールが大変ですが 、工房見学気分でしばしお付き合いください)。


    篠原さんの元気なイメージそのままに、ポップな色・柄が特徴の「宇宙」

    P8010004
    (お声が掛かるのを待つ絵の具たち)


    彩色も、べったり塗るだけなら「塗り絵」と何ら変わらなくなってしまうので、「動き」や「明るさ」を意識しながら筆を滑らせます。

    P7180377
    (猛暑の中、クールにスイスイと彩色中のYGさん)


    金の他に、恒星の如く輝くアイスブルーを使用しているのもポイントです。
    これらのキラキラ系絵の具は乾くのに時間を要し、且つ、2度塗りが必要だったりして手間もかかる分、華やかさやゴージャス感もひとしおです

    P7180369
    (余談ですが夜空の星、青白く輝くもののほうが、暖色のものより表面温度が高いのだそう)


    さてさて。彩色後、革はいくつかの工程を経て「錆入れ」部屋に運ばれてきました。
    これから「錆入れ」という工程で「錆」を入れていきます。(柄のアウトラインや地模様など、茶色に見える部分が「錆」です。)

    P8020007_2_2


    「錆入れ」は「真菰【まこも】」という植物の粉を用いて行います。
     ↓ こちらが「真菰」です。皮を剥いで使用しますが、カサの割に採れる粉は少量なのです


    P8010003
    (干からびた、小さ目のトウモロコシのようです)


    まず初めに、革に漆を塗ります。単に塗るだけにあらず、仕上がりを左右するため経験と勘がモノを言う繊細な工程です(・・・と、申し訳ないのですがこの工程は企業秘密のため、詳細無しでご容赦くださいm(_ _)m)。


    次に、革や漆の状態を勘案しながら、「錆」を入れていきます。
    「錆」に使用する「真菰」は適度な温度と湿度で革に定着します。(この「適度」が実はとても難しく、職人泣かせでもあります)。

    P7260409
    (素早く、でもムラにならないよう丁寧に。熟練の技は趣味の合気道譲りか?S田さん)


    最後に、錆入れした革の表面についた不要な「真菰」を払う「払い」の作業に入ります。
    型押しがしてある溝には錆(「真菰」)をそのまま残し、白い平らな面に乗っている錆を取ってメリハリをつけるのです。革の状態を見極めつつ、一枚一枚丁寧に手で払っていきます。

    錆の定着具合によっては(錆が)取れやすい場合があるため、その際は細心の注意を払って・・・。

    P7260424


    下記は「真菰」を払う前のもの。赤○の中が特に埋もれてしまっています。

    払い前:
    P7260417


    キレイに払って、埋もれていたキラキラもはっきりしたのがお判り頂けますでしょうか↓↓。

    払い後:
    P7260421


    新人の頃はなかなか上手に払えず、取ってはいけない部分の錆を取ってしまい、何度も泣きたくなったことがあります。
    特に、太い線や広範囲に錆が入っている部分は取れやすいのです。手や指がカサついているだけでもひっかかって錆が取れてしまうため、特に冬場は手のケアが欠かせません。

    P7260422_3
    (「錆び入れ」部屋卒業間近の「宇宙」


    「錆」は、「真菰」や漆、革、気候等の様々な条件によって濃淡に微妙な差が出ます。
    また、職人が一枚一枚手作業で仕上げるため、風合いも異なってきます。いわば、
    「全く同じものは2つと存在しない」という、印刷された革や大量生産品にはない味わいがあります。
    職人の中でも、「錆」は薄目が好きとか、濃いほうが良いとか、それぞれ好みが分かれたりします。

    P8010005_2_2
    ▼「宇宙柄」特設ページはこちら
    http://www.oozeki-shop.com/product-list/166


    お時間が許せば是非、店舗に足を運んで実物を手に取って、自分だけの文庫革を見つけて頂ければと思います。
    その際、ほんのちょっとだけ「あんなふうにして作っているんだなぁ」と想いを馳せて頂けたなら、職人冥利に尽きます

    最後に恒例の?!謎掛けにて失礼いたします。


    手にとっていただいた「文庫屋大関」の文庫革とかけて
    宇宙の流れ星ととく
    そのココロは
    「一期一会」です







    ▼7/25(水)-8/7(火)まで伊勢丹新宿店に出店中!

    Summernight_2

    ▼銀座限定イベント BUNKOYA summer night Summernight_2

     

    ▼篠原ともえさんデザイン「宇宙柄」はこちらuchu_450bnr
    ▼扇子と扇子袋のご案内 
    ▼銀座店のご案内

     
  • ▼文庫屋「大関」の公式SNSはこちら

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月 1日 (水)

    オトメ雑貨店は8/7まで!今週金曜はサマーナイトだよ

    銀座店大島です


    今日から8月今年の夏は暑さが厳しいですね…

    そんな中でもたくさんのお客様にお集まりいただいてる、
    伊勢丹新宿店本館5Fで開催中の「新宿オトメ雑貨店」

    Summernight_2

    bunkoya night
    に遊びに来てくれたお客様が、こちらにも顔を出してくださったり、
    伊勢丹にお越しいただいたあとに銀座店に顔を出してくださったり…
    みなさま、本当にありがとうございます

    Img_2336

    「オトメ雑貨店」文庫屋「大関」の出店は、
    8/7(火)までです少量ですが、通常在庫ではお作りしていない
    アイテムも少量ですがご用意してますも持ってきています
    (詳しくはお問合せください03-6264-4100)

    たくさんのご来店お待ちしています

    Img_2094
    さて、今週の金曜日は、
    大好評につき8月も延長BUNKOYA summer nightです
    夕方5時半からアイスティー、スパークリングワインの
    2種類のドリンクをご用意してお待ちしております

    Night8top
    毎週本当に沢山のお客様にお楽しみいただいているこのイベント、
    いつも文庫革自慢に来てくださったり、レアものを見せてくださったり…
    もちろん初めてのお客様大歓迎です
    お気軽にお越しください

    Summernight_8gatsubnr

    8月のBUNKOYA nightは、
    3日・10日・17日・24日・31日の5回
    たくさんのご来店をお待ちしています


    さて、今日からいよいよ8月、夏本番ですね
    8月と言えば…毎年恒例、アノ予約会もありますよ

    Img_1932
    お楽しみにっ

    ▼扇子と扇子袋のご案内 
    ▼銀座店のご案内

  • ▼文庫屋「大関」の公式SNSはこちら

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »