« 【夏柄をご紹介VOL.1】新登場はどんな柄? | トップページ | スタッフの私物をご紹介〜カード収納に役立つアイテム〜 »

2019年6月10日 (月)

特別企画!浮世絵柄の予約会は本日、6月10日(月)夜6時から!

文庫屋「大関」ネットショップの松本です。

関東は梅雨入りでなんだかしっとり…
そんな中、特別企画の『浮世絵柄の予約会』がいよいよ、はじまります!

Ukiyoe01

大関春子師匠と、その一番弟子が描く浮世絵柄。
過去海外に輸出していた浮世絵柄は、戦前につくられた希少な版を使用しています。

Han

浮世絵柄は彩色の難易度が非常に高く、去年までは大関春子師匠ただ1人しか彩色することができませんでしたが…
今年は大関春子師匠から技術を継承した一番弟子2人が彩色をできるようになりました👀
(写真は大関春子師匠です。今回の予約会についてお話したところ、浮世絵柄の彩色を楽しみにしてますとの事でした💕)

Saishiki

その為、ひと月に彩色できる枚数が少し増えたので
今回だけ特別企画として数量限定で予約会を開催することができました!
この稀有な機会をお見逃しなく。

さて気になる浮世絵柄のラインナップですが、
今回は7柄
一つずつ、浮世絵に描かれた美しい日本の風景をご紹介します。



【荒井宿】

Araijyuku1

荒井宿は、東海道五十三次の中の31番目の宿場です。
今の静岡県湖西市、浜名湖の湖面の風景です。
舞坂の今切の渡しから荒井へ向かう船⛵がたくさん見えますね。
向こう岸にはちいさーく関所が!

風をうけて波打つ美しい湖面に、文庫革の肝である錆入れの繊細さ✨があわさって美しいですね…!

Araijyuku2

左にいる気持ちよさそうにあくびをしてるおじさんが可愛い💕
湖面の上はさぞかし心地よい陽気☀なんだろうと想像がふくらみます。

 

【吉原】 

Yosiwara1

東海道五十三次の14番目の宿場である『吉原』
現在の静岡県富士市にあたります。
江戸から京都へ向かうと、富士山は常に右側に見えるのですが
この地点だけは大きく北へ迂回をする為、左側に富士山が見えます👀
その為『左富士』と名づけられた名所🔍になりました!

馬上の子供たちがしげしげと左富士の眺めているところから、
本当に珍しい風景👀だったことがわかりますね。




【御殿山】

Gotenyama1

満開の桜 と、美しい富士の組み合わせを楽しんでいる様子が描かれています。
金の扇子をもった優雅なお姫様が、さらに華やかさをプラスしています。
こちらは現在の品川区にあたるそうです。
当時は600本に及ぶ桜 が美しく咲く名所だったそうですよ!

Gotenyama2_2

桜にもまけない、この綺麗なお姫様✨
優雅な着物と美しい立ち振る舞い。周りの人たちが見とれてしまう💋のもわかりますね。



【待乳山】

Mattchiyama1

なんて読むのかしら?とよく聞かれるこの柄。
『まつちやま』『まっちやま』どちらでも大丈夫です。
手前はなんと文庫屋大関の本社がある向島❗
真ん中の大きな川は墨田川です!向こう岸の賑わっている町は浅草🎶

今の墨田川も遊覧船でにぎわっていますが、この時代の船も風情を感じてとてもいいですね。




【三条大橋】

Sanjyouoohashi1

約500キロの東海道の旅路もいよいよ終わり。
賀茂川に掛かる三条大橋が描かれています
三条大橋を行き来する人々の多さに、京の繁華を感じます✨
雄大な比叡山も見どころ🔍の一つです。

Sanjyouoohashi2

沢山の人々が行き交う三条大橋。
賀茂川の雄大な流れを描いた彩色のぼかしは必見です。

 

【金閣寺】
Kinkakuji1

京都の名所、世界遺産である金閣寺。
いつみても美しく、金色に輝く姿✨はもちろん文庫革でもしっかりと再現されています。

てっぺんにしゃっきりと立つ鳳凰。
ちいさく、小指の爪くらいしかないのですがちゃんとシルエットは鳳凰ですね!



【清水寺】

Kiyomizudera1

ことわざで有名な清水寺。
立派な舞台はなんと高さが12mもあるそう!
高い場所からみる東山一帯に広がる満開の桜は、1500本もあるそうです!
京都市内有数の桜の名所として全国に知れ渡っています。

Kiyomizuera2

舞台の骨組みの細かいこと!
この繊細は骨組みにほそーくほそーく彩色を施すその集中力
想像するだけで手がぷるぷるしてしまいます💦

 

この繊細な版と絵画的な高度な彩色をお楽しみいただく為、
浮世絵柄の予約会では予約アイテムを3つに限定しています。

Item

💡束入れ 28,500円(税込)

💡 L字ファスナーのスリム束入れ 29,700円(税込)
※L字ファスナーのスリム束入れは片面のみ文庫革です。

💡 ぐるっとファスナーの長財布 33,500円(税込)

また彩色に技術と手間を要する柄の為、
3アイテム合計で30個のみの数量限定の予約会です。

今回ご紹介した文庫屋「大関」の浮世絵柄、本日6月10日(月)夜6時から予約会が始まります!

201906_uk_bn_pc
https://www.oozeki-shop.com/product-list/214

かなりレアな浮世絵柄の予約会。
創業者の大関卯三郎が残した、懐かしい日本の景色の数々。
大関春子師匠とその一番弟子達が彩色を施し、命を吹き込みます。

この機会をお見逃しなく!

---------------------------------------------------------------------

注意
浮世絵柄予約会のオーダーは浅草店・銀座店・ネットショップで可能ですが、数量限定となります。

また、実物は銀座店にしかございません
実物を見てオーダーを決めたい方は、是非銀座店にお越しください。
銀座店はお休みがないのでいつでもご来店おまちしております!

---------------------------------------------------------------------

 

▼【残り僅か!】 お好きな柄でお作りします 
Y201907_bn

▼【今年もやってきました】涼やかな夏の装いに♪
Sensucate_bnr450_1

銀座店のご案内

▼浅草店のご案内

▼文庫屋「大関」からの情報がうけとれる!公式SNSはこちら
         Line_banner

 

 

|

« 【夏柄をご紹介VOL.1】新登場はどんな柄? | トップページ | スタッフの私物をご紹介〜カード収納に役立つアイテム〜 »

オンラインショップで開催の企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【夏柄をご紹介VOL.1】新登場はどんな柄? | トップページ | スタッフの私物をご紹介〜カード収納に役立つアイテム〜 »